社長も乱入!?就活を終えた先輩に聞く6つの疑問【後編】 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト
zadankai_student3

最もリアルで役に立つ情報を持っているであろう先輩学生に、就活の疑問を聞いてみよう!ということで開催した18卒学生&19年卒学生による座談会。「プロフィールの書き方」や「会社の選び方」について話をした前編に続き、後編でも飛び込み参加の社長を交えて、先輩たちの赤裸々トークをお届けします。

▼目次

  1. Q4 就活時の服装はリクルートスーツでなければいけないと感じましたか?
  2. Q5 特定の大学が優遇されていると感じたことはありましたか?
  3. Q6ブラック企業&圧迫面接ってほんとにあった?
  4. 参加者の感想

先輩の企業選びのポイントなど、Q1~3の質問は前編にて公開中です。こちらもぜひご覧ください。

 

Q4就活時の服装はリクルートスーツでなければいけないと感じましたか?

618卒男子T先輩

僕はスーツで働くのは絶対に嫌だったんです。だから、就職活動でもスーツをあまり着なかったし、それが会社選びのポイントでした。男子学生の場合はリクルートスーツだけではなくて、ネクタイかノーネクタイかも気になるところだよね。

118卒男子S先輩
あとは襟の出し入れとかね。細かいところが本当にわからなくて怖い。ちなみに、僕はほとんどスーツで行きました。私服で良いと書いてあったのにみんなスーツだった時があり、それ以降怖くなって何が何でもスーツで行くようになりました。

419卒女子Fさん
みんなリクルートスーツなので目立つためにはリクルートスーツではないほうがいいって話も聞きます。実際のところどうなんでしょうか?

nakanosyatyou中野社長

ポテンシャルと服装は一切全く関係がないです。そこにこだわる会社に合わせるのはいいと思うけれど、本当に関係がない。私服で来てオッケーと言っているのならそれでいいと思います。逆にそんなことで学生を試して何の意味があるのだろうかと思ってしまいますね。

ただ、最終面接で相手が50代の社長さんならリクルートスーツを着て面談をすることが当たり前の文化で生きています。それに合わせるのはマナーの領域で、海外に行ったときにその土地のマナーを最低限守るのと同じです。相手にとって失礼でないかを考える必要はありますね。

例えば、僕が人材系の営業をしていた時は、営業先の方の格好に合わせて真っ白のシャツしか着ませんでした。なぜなら、僕に与えられたミッションは「サービスをお客様に使ってもらう」こと。お客様と同じ格好をすることで成果が1ミリでも上がるのなら合わせますね。実はコンタクトだったけど、営業先のおっちゃんに合わせてメガネにもしました。それだけ全部変えていました。

419卒女子Fさん

それは業界によっても異なるんですか?

nakanosyatyou中野社長

いろんな人がいるから。でも読みとしてはインフラやメーカーの会社は絶対堅い。なぜかと言うと、作っているものの安全基準がとても厳しいから。そう考えると堅い会社があることにも納得できるよね。

ベンチャーとかだったらスピード重視だからこそ文化も柔軟だったりするし、1円もずれることが許されない金融だったら正確性や誠実さが重要など、ちょっと考えてみたら会社雰囲気の想像はつきます。わからなければ相手のことを知ってあげようと言う気持ちで行くのが大切です。

ポイント 服装の規定は業界によって異なります。あなたの面談相手はどんな方ですか?どんな文化をもった企業ですか?一度あなたと話す相手をイメージしてから面談に臨むようにしましょう。

 

Q5 特定の大学が優遇されていると感じたことはありましたか?

118卒男子S先輩

金融はあるかな。正直。でもしょうがないかな。OB・OGがいっぱい働いているから。

nakanosyatyou中野社長

「なぜ学歴を重視するようになったのか」と考えた方が良いです。この時代「学歴重視してます」なんて言われたら「なんなのこの人!」と思うかもしれないけれど、今50代の方が大学に入った当時は大学進学率20%から30%くらい。だから高学歴の学生=スーパーエリートと見えるんでしょうね。大学進学率50%を超えている今の学生とは「学歴」の見え方や捉え方が違います。

ただ、日本は薄まっているけど、アメリカはめちゃくちゃ学歴主義ですからね。マネジメント層になる、部長とかになりたいってなったらMBAを持っていないとなれないです。ホワイトカラーにも大学卒でないとなれないし、アメリカの方が自由な気がするけれど、実は向こうの方が断然学歴主義。

そんな世界もあるんだという前提のもと、学歴重視がルールとして残っている会社に行くか、そうではない会社に行くかっていうのは本人の選択次第。個人的には学歴主義だと、会社としてあまり成長せんだろうなと思います。

419卒女子Fさん

OfferBoxにも企業が学生を検索する画面で学歴の選択チェック欄があるんですよね。私の大学、選択肢から漏れるんですよ。ある意味、わたしにオファーをしてくれる会社は学歴で切っていないことがわかったので好印象でしたけど。

nakanosyatyou中野社長

OfferBox の学生検索条件設定にも学歴はあります。なんであるのか説明するならば、サービス提供開始したとき学歴で検索するのが当たり前の時代だったからです。5年前の話だけれど。

この5年間でどのようなデータが出たかというと、OfferBox を利用した初年度の企業さんは学歴で検索する概念しか知らないから、学歴で探すことが多い。ただ使っていくにつれてプロフィールなど他のところも見えてくるので、学歴の下にいっぱい置いてあるいろんな検索項目を使うようになるんです。

利用企業全体の平均値をみても、大手企業も地方の中小企業も学歴別でどう送っているか、そんなに変わらないです。大学別オファー送付バランスは学生の登録ボリュームバランスと結構近しい。実は、OfferBoxって学歴が唯一吹っ飛んだメディアになっています。

人事の人って面接の時は学生と会うけど普段会ってないでしょ。会ってないから何で選んでいいか正直わからないんですよ。だから過去の成功を選んでとりあえず学歴。ただそれには意味がないってことにOfferBoxを使っていると気づくようになる。学歴以外の学生の魅力に企業が気付くような設計にOfferBoxって実はなっています。いつかは学歴を条件から消し飛ばしたいよね!

ポイント 学歴重視の会社は存在します。学歴を条件として設定する会社に行くか、ポテンシャル重視の会社に行くかはあなたの選択次第。学歴検索が当たり前な採用手法の根底を覆した唯一のメディア「OfferBox」を活用して、あなたの強みをアピールしましょう!

 

Q6 ブラック企業&圧迫面接ってほんとにあった?

319卒男子Iさん

ブラック企業って気になります。ただ何を基準にブラック企業なのかよくわかんないですよね。口コミサイトとかみるとマイナスなことが書いてあるだけでブラック企業に見えてくる。(笑)圧迫面接するところがブラック企業?

118卒男子S先輩

ブラック企業って言葉にほんと学生って敏感だよね。どんな会社がブラック企業なのかはわからないけれど、少なくとも圧迫面接は友人からも一回も聞いたことないな。

nakanosyatyou中野社長

僕からしたらね、みんなが入る会社は全然ブラックじゃないですよ。そもそもブラック企業だったら1年後入ってくる社員のためにお金を出す余裕はない。客を騙してでもいいから自分の給料稼いでこいっていうのがブラック企業です。

日本で新卒採用している会社って3万社しかいないんです。個人事業も含めた400万社中の3万社ですよ。つまり、その3万社に入っている段階で基本的に東大レベルに偏差値が高い会社なんです。だから君たちの就職先は大丈夫。

ちなみに、入社後お金を貰いながら研修受けられる国って世界で日本と韓国の2国だけしかないんです。しかもその2国のうち学歴主義が薄まっている国は日本だけ。韓国はすごく熾烈だからね。だから君たちは戦後最大級に景気が良い売り手市場の今をどう使って就職するのか、その他の選択肢を選ぶのか、ぜひちゃんと考えて欲しい。

今後景気は絶対悪くなります。それがオリンピックの後かその後五年後かはわからないけれど、そうなったときにどうするのかは自分たちの判断です。おじいちゃん世代は戦後同じことをやったんだね。時代は繰り返される。なかなかおもろい時代やと思います。

118卒男子S先輩

俺たちがなんか逆に勉強になった。(笑)今日来てよかったです。(笑)

logo_OfferBox縦
他の皆さんは圧迫面接を経験しましたか?Sさんはないとおっしゃっていましたが。

419卒女子Fさん

私はある企業で模擬圧迫をしたことがあります。24時間密室に10人で入り、好きな時間に食事が取れる状態で、寝ないでグループディスカッションをしたりしました。面接は50分ぐらい録画されていましたよ。みんな途中から何かおかしかったですけど。(笑)
218卒女子O先輩

いまどき圧迫ってあんまりないですよね。友達とかからも全く聞かないです。先輩からも。なぜあるのかと聞いてみると営業などでプレッシャーは与えられた際に負けないようにあるんだよと言われるけれど、実際に経験した人には会ったことがないです。だから本当にあるのかなあと思います。
118卒男子S先輩

友達でも圧迫されたとは1回も聞いたことがないです。今はさっきも中野社長が言っていたように戦後1番良い就活状況だからそんなことしちゃったら会社にとっても学生にとってもメリットがないと思います。そもそも、圧迫面接ってどんなことされるんだろう?

618卒男子T先輩

何を言っても「理由は?」と聞かれ続ける。もしく毎回返答が「それで、何?」って言われる。そういうイメージですよね。(笑)

218卒女子O先輩

ただ、集団面接の時、他の学生の発表した内容について鋭く問われることはありますよね。圧迫ではないけれど。ただそこでちゃんと答えられないのはよくない。どんな状況においても自分の意見を述べることができるようにしておくのは最低限必要だよね。

ポイント 座談会に参加した18卒学生、周りの友人含め「圧迫面接」を経験した学生はいないようです。時代の流れに応じて、面接のスタイルも変わっているのでしょう。また、巷でよく出る「ブラック企業」の定義。価値観の異なる人の集合体こそ「企業」であって、仕事に満足している人、していない人がいるのは当たり前です。満足していない方の考えだけにフォーカスして「ブラック企業」と決めつけるのではなく、自身の考えに照らし合わせて「自分らしく働ける企業」との出会いを探し求めてみてください。

 

参加者の感想

419卒女子Fさん

深く考えすぎていたなと。企業さんに合わせていくのではなく、出会った企業でいいんだなと言う感じになりました。
319卒男子Iさん

僕はずっとITで絞っていたんですけど金融とかそういう系もあるのかなと。視野を広げてみてもいいのかなとそう思いました。自己PRも、もちろんきれいな文章は大事だと思うんだけど、もうちょっと直感とかで考ようかなと。
logo_OfferBox縦
OfferBoxでどんな文章がいいのか試してみたらどうでしょうか。いつでも書き換えられますし。それで反応見てみるのも効果的なOfferBox活用法の1つです。グラフにも企業のアクセス数など出てきますしね!今日はちょっと素直になってみようと言う日があってもいいかもしれない。それがまだできるのが3月前の今の時期かもしれないです。

118卒男子S先輩

3月になってまださまよっていたら不安だけど、まだギリギリ迷えます。(笑)
logo_OfferBox縦
私たちにとってOfferBoxを使って良かった!と思ってくれることが一番の喜びです。OfferBox で決まった企業の内定承諾をしてください!なんて言うことは絶対にありませんのでご心配なく。(笑)
何か問題があった時は、問い合わせてくださいね。みなさんにうまく活用してもらえることを期待しています!

 

積極的な発言が飛び交い、あっという間に終わってしまった座談会。思いがけない社長の登場で、18卒学生さんからは「教える立場で来たのに、むしろ勉強になりました (笑)」というお言葉を頂戴するなど、互いにとって刺激ある時間となりました。
このようにOfferBoxでは随時様々なイベントを開催しています。こんなことがしたい!ぜひ先輩学生からこんなことが聞いてみたい!などありましたら、ぜひこちらから事務局までみなさんの声をお寄せください!お忙しい中参加してくれた18卒&19卒学生の皆さん。ご参加いただきありがとうございました!

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2019年卒 新規登録

※2019年3月末までに卒業予定の方

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方