2020年卒学生の秋冬から始める就職活動ー自分史を使った自己分析で就活の軸を見つけようー – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

thumnail

「就職活動を始めたけど何からやるべきなの?」
「インターンシップに参加したいけれど何が大切?」
「夏のインターンシップに応募してみたけどダメだったのは何故?」
このような悩みを持っている2020年卒の皆さんに今だからこそ余裕をもってできる就活準備をご紹介します!

 

一般的な就活とは・・・

schedule
これはあくまで就職活動スケジュールの参考例です!年や企業によってかなり時期や入社までのスケジュールは変わります。
なので、夏休みぐらいから年を越す前にやっておきたい就活準備についてご紹介します!

    1. 自己分析・他己分析
    2. 業界分析・企業分析

 

自己分析・他己分析

STEP1:自己分析をしてみましょう!
どうして自己分析は必要なのでしょうか?
理由1:自分自身を理解するため
理由2:深堀して考える材料を増やすため

自分史を書く

(リンク先のやり方をまねてみてください!)
自分の強み・弱みは自分の過去の出来事から読み解くことができます。このモチベーショングラフのように、縦軸をモチベーション、横軸を年齢に置き換えて曲線グラフを書いてみましょう!

motivationgraph

書いた後に注目するべきところは、極端に下がったところと上がったところです。

{下がった・上がった}ときに何があったのか?
{下がった・上がった}変化からどういうことを学んだのか?

を意識してみるとどんな時にモチベーション・やる気を感じるのかを可視化することができ、ガクチカ(学生時代頑張ったこと)、自己PRや就職活動の軸を考えやすくなります!

後悔しない自己分析 自分史をさらに分析するには

自己分析ツールを使って、強み・弱みを把握する


OfferBoxで使用できる自己分析ツールは『社会人基礎力』と『次世代リーダー力』の面から自己の適性を診断し、具体的な数値と文章で言語化をして教えてくれます!
強み・弱みを把握することで、例えば「リーダーシップ」などの抽象的な言葉ではなく,「主体性・計画性・実行力」という具体的でユニークな言葉で置き換えやすくなり、OfferBoxの自己PRやES・履歴書内のエピソードをより伝わりやすいレベルにまであげることができます。
STEP2:他己分析をしてもらいましょう!
家族や友達からの他己分析は客観的に”自分とはどういう人間か”を知る指標になります。OfferBoxの360度診断でもリンクをコピーすることで簡単に他己分析を依頼することができるのでやってみてください!

 

業界分析・企業分析

「就職活動は恋愛に似ている」と言われているように、「好きです!」と一方的に伝えるだけではなく、相手のことを知り、「きちんとどこに相性がいいと感じたのかを伝えること」が大事になります。
その時に重要になるのが業界分析と企業分析(競合分析や業界内でのポジションの分析)です!

後悔しない企業分析の方法:企業分析の目的とは?

業界分析

業界は基本的に取引相手×規模×事業内容(企業分析)で分類できます。

・取引相手
-B to B 企業を相手に取引をする
-B to C 個人を相手に取引をする
・規模
-大手企業・・・規模が大きい×安定・着実
-メガベンチャー・・・規模が大きい×挑戦・成長
-ベンチャー企業・・・規模が小さい×挑戦・成長
-中小企業・・・規模が小さい×安定・着実

gyoukaibunseki

企業分析

次に、企業分析ですが、以下の画像の手順で分析することがおすすめです!
分からない項目があれば、企業の方に質問することでブラッシュアップしていくとよりいいと思います!

pc
mobile

秋冬から始まる面談・インターンシップに参加するときにベースになる考え方だと思います!
なので、これらを来年までに深堀りしておくと、面接での自己紹介・自己PRや履歴書を書く際のエピソードにも活かしやすくなるのではないでしょうか?

2020年卒の就活スケジュール

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2019年卒 新規登録

※2019年3月末までに卒業予定の方

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方