マーケティング志望必読!全貌をのぞき見できる本3選 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

本はマーケティングも学べる!

こんにちは!皆さん、そろそろインターンシップや就活を意識し始めてきた頃でしょうか。行きたい企業の系列は何となく決まったという方もいらっしゃるかと思います。
では皆さん。自分の働きたい部署って絞り込めていますか?

 

企業は様々な部署・職種に分かれて機能しています。企業によっては職種ごとに就活募集をするところもありますし、面接時に「弊社で何がしたいですか?」と聞かれることもしばしば。なので応募の時、どの部署が何をする役職なのか知っておくことはとっても大切です。

 

ということで今回取り上げる本は、マーケティングについての本です!
「言葉はよく聞くけど、実はあんまり知らない…」という方から「何となく理解はしているけど、どういうのがあるかまではよく知らない」という方、ぼんやりとマーケティングを志望している方、それぞれに合わせてオススメの本を選んでみました!マーケティングあまり興味ないけど、どういうのだろう?という方も楽しく読んでいただける本ばかりです!

 

”そもそもマーケティングって何?”という人向け!

1.企業はそれぞれ戦略を持っている『The Customer Journey 「選ばれるブランド」になる マーケティングの新技法を大解説』

 

学生生活の中で”マーケティング”という言葉に触れる機会は少ないですよね。ピンとくる学生さんの方が少ないのではないかと思います。そんな方には”マーケティング”というもの自体の輪郭を浮き立たせてくれるこの本がオススメです。

 

この本は3部構成になっていて、

1.日本の抱えている時事問題やマーケティング・ブランディングの傾向
2.有名企業のマーケティング・ブランディング戦略の実例集
3.マーケティング・ブランディングを自分で考える方法

という流れになっています。第1部で日本のマーケティング、ブランディングの課題についてから始めてくれるので、これから就活を始めるという学生さんにこそ一読の価値がある1冊でしょう。例えば少子高齢化社会の現在、コンビニはどんなブランド戦略を打っているのか。学生さんでも知っている身近な有名企業を例に書かれているので、面白いです。

 

更にもう1つ、学生さんに読んでいただきたい理由は第2部にもあります。
企業のマーケティング戦略やブランド戦略が明かされている第2部では、ANA、LAWSON、Nestleなどといった、誰もが1度は聞いたことのあるような国内有名企業ばかり名を連ねています。「へぇ~!この企業こんなこと考えていたんだ!」とワクワクしながら読めます。
マーケティングという言葉を広く理解できる、第1歩にふさわしい1冊です。

 

”実践的なマーケティング具体例が知りたい!”という人向け!

2.これもマーケティング?ガールズビジネスのからくりを丸裸に! 『東京ガールズコレクションの経済学』 / 山田桂子

 

東京ガールズコレクションの経済学 (中公新書ラクレ)
山田 桂子
中央公論新社
売り上げランキング: 417,783

東京ガールズコレクション(以下、TGC)と聞けば、女子なら誰でも、キラキラの衣装を着たスタイル抜群のモデルたちがランウェイを歩いている…という風景を想像しますよね。とても華やかなように思えますが、実はその裏側で、色々な思惑が飛び交っていることをご存知でしょうか?
この本では、そんなファッションショーの舞台裏や商品購入のシステム、派生企画など、TGCにまつわる“ガールズビジネス”のからくりを垣間見ることができます!何だか、それだけでワクワクしてきませんか?

 

「ちょっと待って、どこにマーケティングが出てくるの?」と思ったそこのあなた。ご安心下さい、実はこちら、タイトルで察しが付く通り、マーケティング経済学に関係する話が満載なのです。
例えば、ファッションに不可欠な流行。この激しい移り変わりも実はマーケティングです!変化していくニーズに合わせた商品を供給することによって、ファッション業界は収益を得るだけでなく、流行そのものも先行して作っています。では次の流行は何なのか。というお話になっています。
普段来ている洋服についての話なので、女子なら軽~く読めてしまうことでしょう。また、時代時代の流行ワードについての解説などもついていて面白いので、男性でも取り組みやすい一冊だと思います。デザイナーや営業職など、他の部署も検討しているという人にも読んでいただきたいです。

 

”マーケティングの深い部分まで知りたい!”という人向け

3.これからの時代で幅を利かせる市場!『インターネット・マーケティング入門』 / 木村達也

 

インターネット・マーケティング入門 (日経文庫)
木村 達也
日本経済新聞社
売り上げランキング: 725,570

インターネット・マーケティングという言葉だけ聞くと何だかややこしそうな印象を受けますが、せっかくマーケティングについての理解が深まってきたところなので、少し応用的な内容にも手を広げてみましょう。何といってもこれからの時代の必須ツールとなってくるものです。知識を身に着けておくに越したことはありません。

 

インターネット・マーケティングとはGoogleやYahoo!などの検索エンジンやバナー広告をつかって、顧客を獲得するマーケティングのことです。
すごく堅苦しいタイトルですが、構えるほど難しい本でもありません。この本は今の日本のインターネット・マーケティング市場の現状から、ヤフーオークションや楽天など、皆さんに親しみのある例示を交えて細かく説明してくれています。

マーケティング志望の学生さん以外にも、広告業界やIT業界を目指す学生さんにはぜひ読んでほしい本です。

 

いかがでしょうか?マーケティングはどんな企業でも不可欠な能力です。アイディアだけでなく戦略をしっかり練って実行する、やりがいを感じられる部署です。インターン・就活の際、企業のジャンルだけでなく、部署も併せて検討してみるのはいかがでしょうか。

春歌
生まれも育ちも大学もずーっと関西。居ついて早19年。 まだ大学1年生ですが、人脈を活かして生の声をたくさんお届けできればと思っています。