第1志望って何? デリケートなせめぎあい – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

先日、家族で食事をしているときに一昨年の娘の就活が話題に上りました。3月上旬の今頃は、大学のテストは終了したものの、会社説明会の日程や先輩とのアポがドンドン入ってきて、大変忙しい時期だったそうです。ちょうど演劇サークルの公演も重なっていて、家ではいつもぐたっとしていた姿を思い出しました。

前回までは、就活で最もポイントになるグループ面接や個人面接について述べてきました。しかし就活は面接を乗り切ったからといってそこで終わりではありません。第1志望として、その会社に行くのか、まだ他の会社を考えるのかという問題が残ります。また複数の会社から内々定をもらえば、少なくとも1社には断りに行かなければなりません。会社側からすれば、内々定を出しても、その学生が翌年の4月に入社することが確実になったわけではないのです。

就活が後半になると「第1志望かどうか」ということがよく語られます。今回は娘の就活で、実際に「第1志望かどうか」が問題になった具体的場面をもとに考えてみたいと思います。

〈ケース1〉

 娘は、すでにその会社を4回訪問していました。リクルーターから「今度は、上の人に会わせるからね」と言われて4月上旬に臨んだ面接でした。

面接者から「最後はどのようにして会社を決めるのですか?」と聞かれて、「まだ決め切れていないのです」と正直に言ったのです。一瞬、第1志望という意味で聞かれたのかもしれないと思ったが、その面接者とは波長がもう一つ合っていなくて中途半端な返事になってしまったそうです。娘は、「会社を出てから『第1志望です』と踏み込んで話せば良かったと後悔している。でも実際迷っていたし」と語っていました。

志望度の高い会社だったので、家に帰って面接の様子を語る彼女の声は暗く沈んでいました。結局その会社からは、次回の連絡は、ありませんでした。

採用側は、水準に達している人材だと判断すると、自分の会社への志望度を測りはじめます。内定を出しても入社してくれなければ予定が狂います。学生側も翌年に働く会社が決まらないと困るので、何とかまず1社を確保したい気持ちになります。第1志望の会社に最初に決まれば問題はないのですが、そうでなければ互いにデリケートなせめぎあいが続くことがあります。会社と学生間で多少の駆け引きが生じるのです。

〈ケース2〉

 娘は、幸い4月下旬に2社から内々定をもらって、「どちらを第1志望にするのか」で迷っていました。ぜひ入社したいと思ったが全国転勤があるA社と地元で働けるメリットがあるB社との選択でした。結局、B社を第1志望に決めました。そのとき娘には、「決めたのなら早くA社に連絡した方がいい。しかし気持ちが固まらないまま訪問するのが一番良くないぞ。双方に迷惑をかけるから」とアドバイスしました。娘は、A社のリクルーターから「もう他社は回らないね」と、念を押されていたので、後ろめたい気持ちがあったそうです。

こうしてみてくると、迷っていても「第1志望です」と面接で話すことは許されるのではないかと思います。会社側の担当者もある程度それは見込んでいます。第1志望の確認が取れるまでは、内々定を出さない方針の会社もあります。

しかし重複して内々定をもらっている場合は選択の区切りがつけば、早急にしかも真摯に相手に事情を話して理解を求めるべきでしょう。早く辞退することによって1つ席を空けることができて、同様にがんばっている就活生にチャンスが生まれます。

娘の場合は、A社の採用責任者は理解してくれたそうです。娘は娘で、彼から批判めいた反応がなかったので、かえって申し訳ない気持ちが募ったといいます。

このように会社側が納得して、学生側は「採用に携わった人には本当に申し訳なかった」と心から思えるようなクロージングをすることが大事です。

それは今後、会社員として活躍するための大切な要件を含んでいるからです。また「人生の岐路に立った就活生が示す真摯な態度を見るために採用をやっている」と言う担当者がいるのを私は知っています。

「asahi.com(朝日新聞社)の就活朝日2011」での連載を一部加筆

筆者プロフィール

楠木新(くすのき・あらた)

1954年(昭和29年)、神戸市生まれ。京都大学法学部卒業後、大手企業に勤務し、人事・労務関係を中心に、企画、営業、支社長等を歴任。勤務の傍ら、大学で非常勤講師をつとめている。
朝日新聞be(土曜版)にコラム「こころの定年」を1年あまり連載。07年10月から08年5月までダイヤモンド社のウェブサイトで娘の就職活動をリアルタイムに追ったドキュメント「父と娘の就職日誌」を掲載。
著書に「就職に勝つ! わが子を失敗させない『会社選び』」「就活の勘違い」など。

楠木新さんの主な著書

就職に勝つ! わが子を失敗させない「会社選び」

就職に勝つ! わが子を失敗させない「会社選び」

posted with amazlet at 12.09.29
楠木 新
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 421752
就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)

就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす (朝日新書)

posted with amazlet at 12.09.29
楠木 新
朝日新聞出版
売り上げランキング: 259175

写真:Copyright Paylessimages, Inc All Right Reserved.