OfferBoxの適性診断を使って自己PRを書いてみた! – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

オファーをもらうための自己PRは授業の空コマで書ける

目当ての企業からのオファー率を飛躍的に上げるのに欠かせないのが「過去のエピソード」と「自己PR」しかしプロフィールで一番面倒なのも「過去のエピソード」と「自己PR」です。多くの学生がこの2つでつまずいて、企業からオファーがもらえず非常にもったいない状態となっています。そんな面倒なものがOfferBoxにある自己分析ツール「Analyze U」を使うことで約90分 授業の空コマ1つ分で書けてしまいます。

今回は実際に適性診断を利用して空きコマで書いた体験談を紹介します!   「え、めんどくさ!また今度にしよ」 プロフィール編集を見て最初に思ったことです。 過去のエピソードを3つそして自己PRしかも全部400文字・・・。 すごく時間がかかりそうだから空いた日にやろうと思って一旦放置しました。   しかし、いざやろうと思っても「何から書き出したらいいのか全然わからん・・・また今度にしよ」この状態が続いていました。 もちろん企業からのオファーはありません。   そんな中で見つけたのが「適性診断AnalyzeU」とりあえず自分のことを知るためにやってみました。   質問は全て選択式で20分くらいしかかかりません。 そして出た結果は・・・。 適性診断

私の強みを分かりやすくまとめてくれていました!

そして「こんな経験はありませんか?」と具体的にアピールすべき経験を教えてくれました。バイトやサークルの何を書いたらいいのか分からない私にとってこれは非常に便利でした。 さらに過去のエピソードには「そのときの状況認識、課題認識、実際にやったこと、成果、そこからの学びを書くことをお勧めします」と書いてあったのでサークルの経験をもとにそれぞれ書き出し、あとはくっつけて文章にするだけでした。  そうやって書いてみると適性診断から完成までなんと90分「いつも何しよう?」と悩んでいる空きコマをちょっと利用することで自己PRや過去のエピソードを作ってオファーをGet!まさに一石二鳥です。

みなさんも今すぐ適性診断を使って書いてみてください。