自己PRを磨くなら360度フィードバックがおすすめ – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

面接01

自己PRを安易な言葉で片付けちゃダメ!!

いよいよ就活本番。ESや面接で必ず伝えなければいけないのが「自己PR」ですが、もう十二分に言葉は磨かれていますか?

「私の強みは“リーダーシップ”です。なぜならば・・・」

「私は“相手の立場になって考えること”ができます。なぜならば・・・」

こういう自己PRを良く聞きますが、面接官の立場から正直言いますと全くもって印象に残りません。1日何十人と面接をすると「リーダーシップ」とか「チャレンジ精神」とか「コミュニケーション力」とか、いわゆる「ビッグワード(いろんな捉え方ができる抽象度の高い言葉)」を振り回す学生が多く、何人も同じようなことを言うわけです。

20数年生きてきたにも関わらず、自分のことを誰にでも語れるような1つのビッグワードにまとめてしまって本当に大丈夫ですか?きちんと自分の言いたいことは面接官に伝えられそうですか?もし、「いや、自分の人生、そんな一言なんかにまとめられない!!」と思うのでしたら、頑張って言葉を磨くことをおすすめします。

自分では気付いていない側面を知ることで自己PRは磨かれる

自己PRの言葉を磨くときにおすすめしたいのが「360度フィードバック」です。360度フィードバックとは、皆さんの友人やゼミの教授、バイト先でお世話になっている方や部活の後輩など、皆さんのことをよく知っている周囲の複数の方々に評価をしてもらうことで自身のことを多角的に理解する手法のことを言います。

「ジョハリの窓」(図参照)という考え方があり、自分が知っている自分、他人が知っている自分を4つの窓(カテゴリ)に分類して理解する方法なのですが、360度フィードバックを受けることによって、ジョハリの窓の「他人には見えているが自分では気づいていない自分自身のこと」を知ることができるのです。

ジョハリの窓

 

OfferBoxの「適性診断360度」で自分の気付いていない側面を知ろう

OfferBoxには360度フィードバックを受ける機能「適性診断360度」があります。自分の適性診断を実施するだけでなく、友達にもあなたの診断をお願いすることができます。自分が回答した適性診断の結果に合わせて、友達があなたを客観的に見て評価した結果がグラフで表示されます。回答してくれた友達が3以上集まると、適性診断360度の診断結果を見ることができます。

物事への取り組み方、周囲との関わり方について自分と友達の評価の差異を確認できるだけでなく、依頼した友達からのギフト(長所や改善ポイント、応援メッセージ)が届くので、自己PRを磨くヒントをたくさん得ることができると思いますよ。

 

適性診断360度

 

さあ、OfferBoxにログイン(新規登録)して適性診断360度を友達に依頼してみましょう!

 

※適性診断結果は友達に開示されることはありません。
※適性診断360度で友達に診断を依頼するためには、まず自分の適性診断を実施してください。 自分の適性診断実施後に適性診断360度を利用できるようになります。