後悔しない自己分析:脱過去の羅列自分史編 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

事実の羅列で終わっていませんか?あなたの自己分析。

実は入社1~3年目で転職する人や、就職活動を終えた学生でさえも「もっとやっておけばよかった!」と1番後悔するのが自己分析と言われています。
自己分析は、過去を振り返るだけでは自己分析とは言えません。それを通して、自分が何を学び、どう改善しようと努力をしたのか。引いては、自分はどういうときに頑張ることが出来て、何をするのが好きで、何が弱みで、何が強みで、自分にとって仕事とは何なのか。そこまで振り返ってやっと自己分析言えます。
ということで、後悔しないための自己分析のHow Toをご紹介したいと思います。
一度自己分析をしたけど事実の羅列で終わってしまった学生さんも、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ自己分析が重要なのか?

 

就活の流れ
上の表は、一般的な就職活動準備の流れです。
自己分析をきちんと行わないと、結局自分が何をしたいのかわからないまま、初めて知った業界に流れてしまったり、アルバイトの経験から行きやすそうな業界を選んでしまいます。そしてその中から企業を選び、いざエントリーシートを書くことになった時、「あれ、なんでこの企業じゃないと駄目なんだろう」となります。

そのため就職活動の準備では自己分析が非常に重要視されています。
自己分析をしっかりすることで、自然と企業選びの軸、自分のしたいこと・どういうときに頑張れるのか・周りの環境はどういうものが合うのかが見えてきて、業界分析、企業分析、引いてはエントリーシート、面接まで比較的スムーズに進むのです。

たまに、自己分析と業界分析を同時並行で行う強者がいますが、
自分の学生時代の経験のみで業界を選んでしまったり、自分はこれに向いている!という思い込みで業界を選んでしまいがちなのでおすすめはしません。

自己分析の重要性を知っていただいたところで、自己分析の方法としてこちらをお勧めします。

 

自分史を作ろう!

『自分史を作る』どの先輩や就活サイトでも聞く言葉ですよね。
実際トライした方も多いのではないでしょうか?でも結局作ったものの、自分のことなんてわからなくて辞めてしまいませんでしたか?

もしくは”書いた”という達成感だけで終わっていませんか?
ただ書き出すだけでは、人生を振り返っただけになってしまいます。
大切なのは『どう振り返るか』です。

1.まずよくある自分史を作ってみる

自分史を作る

上の例のような形で、

ⅰ)小学校・中学校・高校・大学(例は高校まで)を書き、気持ちの変化・モチベーションを線で表します。
ⅱ)気持ち変化・モチベーションの変化の原因を内的要因(=自分自身の気持ち)と外的要因(=環境・人間関係・社会)を書き表していきます。
下の図のようにモチベーションに大きく差があるところに、直接赤や青のマーカーで書き込むと、どこに注目したらいいのかわかりやすくなり、内的要因・外的要因の欄が書きやすくなります。

自己分析1
ⅲ)一番下の空欄には、各学歴ごとやひとくくりに出来る出来事でテーマをつけ、わかりやすくしておきます。

 

2.さらに深堀りしていく

書き出してほしいポイントは2つあります。

・意思決定/決断をしたこと
・どうして始めたのか(どうして良いと思ったのか)』『どうして辞めたのか(なにが嫌だったのか)』といった意思決定の要因

例えば、アルバイトを始めたり辞めたり、サークルを始めたり辞めたり、エピソードはスーパーなものでなくて構いません。とにかく何かを決断したときを思い出してみてください。
(他の紙に書き出すとさらにわかりやすくなりますよ!)

自己分析3

 

 

 

さらにその決断をした結果どうなったか・何を学んだか・今振り返っての反省なども書き出してください。

自己分析4

 

ここで、自分史を使った自己分析脱事実の羅列編は終わりです。
しかし、安心してはいけません。冒頭でも書いたように

自己分析は、過去を振り返るだけでは終わりではない。

それを通して、自分が何を学び、どう改善しようと努力をしたのか。引いては、自分はどういうときに頑張ることが出来て、何をするのが好きで、何が弱みで、何が強みで、自分にとって仕事とは何なのか。
ここまできてやっと自己分析が終わりましたと言えます。

次回、後悔しない自己分析:自分を解き放つ分析編はこちら

あや
京都の大学に通うサバンナ系女子大生。オリジナルの名刺を作るのが好き。努力家は天才に勝てると信じてる。最近は主夫になってくれる人か主婦にしてくれる人を募集中。