企業は就活生プロフィールのここを見ている – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

プロフィールに何を書いたらいいのかわからず進まない!書いたのに全然オファーが来ない!
そういったお悩みをお持ちの方のために今回は実際に企業の人事の方に「どういった学生を探しているのか」「OfferBoxをどうやって見ているのか」を聞いてみました。今回、インタビューさせていただいたのは中堅BtoBメーカー企業様です。

「派手な人ばかり見ているわけではないのが本音です・・・。」

Q.採用活動ではどういった学生を探していますか

ありきたりではあるがコミュニケーション能力は必要です。また言われたからやる、言われてやるのではなく、次に何をやったらいいのかを考えている学生が欲しいです。最近の子は遠慮する子が本当に多いです。分からないことでさえ聞かない子が多いなと思います。もっと貪欲さが欲しいです。

Q.それを踏まえてOfferboxを通してどのように学生を探していますか

企業ごとに異なるとは思いますが、希望職種や希望勤務地等を見ます。その中で合致した学生についてはプロフィールを隅々まで見て、オファーをしています。

Q.過去の経験や自己PRはどういう風に書いてほしいですか

A.「等身大の自分」をしっかりと書いてほしいです。失敗談でも大丈夫です。自分がやろうとしたこと、やったことを短くても、箇条書きになってもいいから書いてほしいです。書いてくれたものはしっかり全部読みますし、オファーを出す際には簡単に感想も書きます。

Q.多くの学生が悩んでいるのが「写真」だと思うのですが、どういった写真がいいですか

派手に着飾ったものがばかり注目しているわけではないのが本音です。もちろんそういった方を求めている企業様の目には留まると思います。真面目な社風の企業様はおそらく真面目な雰囲気の写真に目を留めていると思いますので、これがいいといった写真はありません。ありのままの自分が表れている写真を載せるのがベストだと思います。

いかがでしたでしょうか。   つまり派手な写真や経験が必要なのではありません。「ありのままの自分」を表すことが大切なのです!
OfferBoxなら通常の選考とは違い、人事の方もプロフィールを隅々までじっくり読んでくれます。   まだプロフィールに悩んでいる人は今すぐ簡単でも短くてもいいので書いてオファーをGet! 書いたのにオファーが来てない・・・という人はもう一度Offerboxの自己分析ツール50万人が利用した「適性診断AnalyzeU」を活用してありのままの自分を見つけましょう