新卒採用ブログ OfferBox式

1day解禁により1dayインターンシップは増加するのか?

8b02de71710ecee5f2c32320cf886697_m-resize
1dayインパクトは起こるのか?2018年卒・2019年卒の新卒採用実施企業229社を対象に緊急調査!19卒インターンシップ調査レポート

1dayインパクトは本当に起こるのか?

2017年4月。19卒の就職活動について「5日間以上」としているインターンシップの日数規定を廃止し、1日から可能とする方針が発表されました。このため、2017年夏から19卒を対象とする1dayインターンシップを検討する企業が増えるのでは?と1dayインターンシップに注目が集まっています。

今回実施した調査レポートでは、1dayインパクトは本当に起こるのか?をアンケートの結果をもとに紐解き、19卒向けインターンシップの集客をどのように考えれば良いかを考察します。

 

全体として1dayインターンシップは増加傾向

18卒までの採用活動において、インターンシップの実施経験がある企業は8割を超えています。そのうち57%と半数を超える企業が過去に1dayインターンシップの開催を経験していました。19卒向けの1dayインターンシップ実施を予定している企業は56%、加えて実施を検討している企業が22%と、全体的には昨年と比較すると増加が予想されます。

1day-intern-fig1
【出典】『1dayインパクトは起こるのか?19卒インターンシップ調査レポート』p5.

 

1dayインターンシップは「早期接触」「母集団形成」「認知の向上」が目的

全体的に見ても企業規模別に見ても、早期接触、母集団形成、認知の向上を目的にインターンシップを開催する企業が大半を占めていることが分かります。キャリア教育への貢献目的での開催は、最も多い1,000名以上の企業でも半数にも満たないのが実際です。

1day-intern-fig2
【出典】『1dayインパクトは起こるのか?19卒インターンシップ調査レポート』p6.

 

大企業は開催後のフォローアップ、中堅以下はターゲット学生の集客が不安

インターンシップに関して不安を抱えている企業は全体の86%と高い割合です。内訳をみると、3,000名以上の企業で最も多かったのは「実施後のフォローアップができるか不安」である一方、それ以下の規模で最も多かったのは「ターゲット学生の応募があるか不安」でした。企業規模ごとに不安に思うフェーズが異なっていることが分かります。

【出典】『1dayインパクトは起こるのか?19卒インターンシップ調査レポート』p7.
【出典】『1dayインパクトは起こるのか?19卒インターンシップ調査レポート』p7.

この調査レポートの後半には、
大手企業の1dayインターンシップは増加するのか?
インターンシップの時期ずらしは有効か?
についての調査データと考察が含まれています。


2017年6月15日公開

OfferBoxをはじめる

 社内で検討する
とりあえず詳細な資料が欲しい
 実際の画面を使ってみる
登録学生のデータを閲覧したい
 学生ピックアップを依頼する
自社にマッチする学生を知りたい
  • 関連サイト
OfferBox

OfferBox

オファーが届く就活サイト「OfferBox」学生ユーザー向けサイト

OfferBox Story

OfferBox Story

「OfferBox」利用学生のリアルな声を掲載した就活体験データベース

新卒ダイリク総研

新卒ダイリク総研

新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの情報をお届けするサイト

就活クールビズ

就活クールビズ

画一的な就活から「学生の多様化」を促進し、新しい就活のカタチを創造するプロジェクト

© 2017 i-plug, all rights reserved.
offerbox コンシェルジュ

【お試し学生検索】OfferBox 無料1dayトライアル

入力後すぐに実際の画面で登録学生の検索・閲覧が可能になります。まずはお試しください。