新卒採用ブログ OfferBox式

説明会も変わる!惹きつける「場」創りのポイント

変わる「新卒説明会」

株式会社コクヨ様が中心となって、「Job Study」という活動を行っています。この企画は、「就活生が働くということを真剣に考えるための支援をしたい」というコンセプトで立ち上げられ、当初は数社で始められたのですが、賛同支援する企業様が増えていき、様々な就活支援活動をされています。
企業にとって良い人材だけを採用するというのは重要なのですが、「そもそも働くということについて、もっと真剣に支援した方が、結果よい人材を採用できる」ということなのだと思います。
就職のミスマッチを防ぎたい学生と企業のニーズが、お互いをより良く知るということにここ数年の新卒採用活動に現れています。
企業と学生が直接出会う、一大イベントの一つである会社説明会も、コクヨ様のような大きな規模でなくとも、徐々に変化しつつあります。新卒採用での説明会、イベントはどのような役割があるのでしょうか。弊社をご利用のお客様のご意見を伺ってみました。

企業の説明(理解)の機会

自社の事業内容をどこの企業でも説明すると思います。特にB to B事業を展開している企業は、一般消費者(学生)に対する認知度が低くイメージがつきにくいので、学生に知ってもらうことが大切です。
自社の仕事内容を理解して貰えるかをじっくり考え、プレゼンテーションしていく必要があり、VTRやパワーポイントなどを使ったプレゼンテーションを行い、出来るだけ一方的な説明会にならないような工夫が必要です。仕事場での苦労話や嬉しかったことなどの物語的や、既存社員の本音などが分かるエピソードなどがあると親近感を高め、学生が働く時のイメージを膨らますことが出来ます。
ポジティブな情報だけでなく、ネガティブと思われる情報も出した方が、学生としては「正直な会社」と言う印象を受けることが多く、また、入社後のミスマッチを少なくする効果もあります。

入社や働く動機付の機会

「ここで働きたい」という気持ちを高めるチャンスです。特にB to B事業を展開される企業にとっては、説明会で学生のモチベーションをあげることは重要な役割です。
動機付けの大きなポイントは、「働く人をどれだけ想っている企業か」ということと「働いている人が会社のことが好きだ」ということが伝わるかどうか、です。
「働く人をどれだけ想っているか」は、入社動機の高い学生だけでなく、学生全体が自社業界や社会に対する学びや研究を応援し、学生の就職活動を支援する姿勢を見せることです。学生全体の業界や社会に対する考えがレベルアップすることが、自社にとっても良い結果をもたらします。学生から見たときに、端的に「あの会社は親切な会社だ」という印象を持つかどうかが大きいようです。
学生が「働きたい」というイメージを持つのに、「働いている企業が自社のことが好きだ」と伝わることは重要です。

就活生・社内人材への教育の機会

前述の「就活を応援する」という姿勢だけでなく、実際に学生に対する業界研究や企業研究の機会でもあります。専門用語などの語彙の説明から、雰囲気、背景など、業界で活躍するための基礎的な知識の共有をします。また、この機会に、社内の人材が採用活動に関わる機会としても活用できます。
就活生に対して説明や、説明会運営の過程を手伝うことで、社内の人間が客観視できたり、良い点悪い点を振り返ったりする機会になります。採用活動は、採用担当者や経営者だけが決めても、ミスマッチが起こってしまった場合短期でやめてしまうことがあります。ミスマッチを解消するためにも、採用担当者だけが請け負うのではなく、就活生と社内との窓口、パイプ役としての役割があるのではないでしょうか。

選考の機会

個人個人を採用するかどうかではなく、自社の採用基準の確認としても使えます。
どんな学生が集まっているのかといった「全体的な層の把握」や、ちょっとした行動特性を判断する場でもあります。例えば自社商品や事業の説明をしているときに、どのポイントに興味があるのか、社員の説明のどの点に興味があるのか、またはないのか、などが見えてきます。

業界や企業の特性によって、欲しい人材は違うはずですが、就活生と接点を持てる機会に見直すという「微調整」が、採用成功につながるのかもしれません。

説明会でのプレゼンテーションのポイント

採用担当者のプレゼンテーションによって学生の動機付けが変わるので、プレゼンテーション能力が問われるシーンでもあります。

一般的な企業情報だけでは伝わらない

企業情報は、ホームページやSNSなど、既に発表されている情報だけではなく、企業から学生に発信される情報も質を上げていく必要があります。わざわざ参加して新しい情報がなければ、学生側に新鮮さが感じられません。
学生からの質問を促すような工夫をすることと、社内の生の情報を提供することです。学生には事業や商品を知っているか、学生の身近なところで使われているもの(サービス)などが自社のものであるなど、ちょっとしたレスポンスを織り交ぜながら理解を進めることです。
社内の生の情報とは、社員から「アットホームなところが好き」というだけよりも「週に1度は社内イベントに参加しています」などの具体的な内容の方が伝わります。

ひたすら自社の魅力だけを提供する説明会よりも、本音を聞ける説明会

ポジティブな情報は学生にとって魅力ですが、それだけという企業はほとんどないでしょう。学生側も「魅力だけを言われているが、それは本当なんだろうか」と疑問を持つ可能性があります。

今後の採用活動につなげるための振り返り

採用基準の確認とともに、自社のプレゼンテーションや運営のポイントもチェックできます。参加した就活生と自社の求める人材像が近いのか、違いがあるのか、どの層が来たのかといったチェックと、自社のプレゼンテーションに対する就活生の反応を見て、次回にどうやって活かすかを振り返ります。

説明会のメリット、デメリット

メリット ・学生に直接PRしたり、接触することが出来る。
・知名度のハンデをある程度払拭し、自社や業界への理解を深めることが出来る。
デメリット ・会社説明会に参加する時点では、強い動機は持っていない学生も居る。業界や自社に対する理解も低い。
・採用を成功させるには学生を引き込む仕掛け、配布資料、掲示パネル、などプレゼンテーションにおいて高度なノウハウが必要。
コスト ・各自治体・ハローワーク・NPO法人が主催しているものは出展費用が0円のものが多い。
・就職サイトが主催するものは出展料が50万円~。※担当営業による出展に関するアドバイスやノウハウの提供、運営サポートが受けられる。
・自社の場合、場所がある場合は自社内での設置、場所がない場合は会場のレンタルなどの手配、会場設置などの手間が必要となる。

メリット、デメリットがありますが、「学生と接点を作る」ことは、新卒採用にとっては重要な要素です。動機を高めることは内定率を高めることにつなげ、長期的に見て内定辞退や早期退職防止の効果も期待できます。「ミスマッチを出来るだけなくす」ような説明会を行うことは、公開採用期間の短縮、結果長期化する2016年新卒採用にとって大きなポイントとなるでしょう。

ターゲットの学生に絞って、説明会参加率を高める

企業様から「Offer Boxで募集した学生の会社説明会参加率が非常に良い」と好評をいただいています。その理由の一つに、お気に入り登録や学生にオファーをすることが出来、その段階である程度企業様のターゲット層にリーチしているからだと考えています。
Offer Boxシリーズでは、オファーした学生だけをターゲットとした「Offer Box特別説明会」を開くことが出来ますし、自社説明会への参加を呼びかけることも出来ます。企業ヒアリングの結果、どちらにしても非常に高い参加率で、

  • ほとんど欠席がない
  • 欠席したとしてもちゃんとした理由がある
  • こちらの話をちゃんと理解してくれている
  • 採用したい良い人材が集まる

などの回答をいただいていますが、どの企業様も「学生とコミュニケーションをする手間ひまを惜しまない」という共通点があります。
例えば、説明会などを通したコミュニケーションの事例では、山一様から、B to B事業を理解してもらうための工夫について教えていただきました。
ミスマッチを防ぐこと、良い人材に来てもらうことが出来る会社説明会をうまく活用することが、新卒採用成功につながります。

採用ご担当者様 必見!

【市場レポート】どうなる?2018年新卒採用

18卒採用を成功に導くために押さえるべき点は何か。
動向と変化を予測し、対策を考える。

無料で資料ダウンロード 

採用市場レポート集


2014年4月21日公開

OfferBoxをはじめる

 社内で検討する
とりあえず詳細な資料が欲しい
 実際の画面を使ってみる
登録学生のデータを閲覧したい
 学生ピックアップを依頼する
自社にマッチする学生を知りたい
  • 関連サイト
OfferBox

OfferBox

オファーが届く就活サイト「OfferBox」学生ユーザー向けサイト

OfferBox Story

OfferBox Story

「OfferBox」利用学生のリアルな声を掲載した就活体験データベース

新卒ダイリク総研

新卒ダイリク総研

新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの情報をお届けするサイト

就活クールビズ

就活クールビズ

画一的な就活から「学生の多様化」を促進し、新しい就活のカタチを創造するプロジェクト

© 2016 i-plug, all rights reserved.
offerbox コンシェルジュ

【お試し学生検索】OfferBox 無料1dayトライアル

入力後すぐに実際の画面で登録学生の検索・閲覧が可能になります。まずはお試しください。