【OfferBoxワークショップレポート】「食」にアツイ学生が集合! 食品企業の社員と一緒に就活の視野を広げるワークを開催 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

食品企業の社員と学生で考える!仕事マップ「食に関わる仕事編」のワークショップレポートです。

jobmap-1

||そもそも仕事マップ「食に関わる仕事編」とは?

「食に興味がある」「食に関わる仕事がしたい」学生が集まり、実際に食品業界で働く現場社員にアドバイスをもらいながら業界の理解を深め、視野を広げるワークショップです。

jobmapstart-03

 

普段買い物をするスーパーや、商品に名前が書いているメーカーは知っていても、それらがどうやって手元に届くのか、あなたは知っていますか?

このワークでは、知っているようで全然知らない業界の中身を食品企業の人事の方と一緒に考えます。今回は、菓子・食品の製造および販売を手がける江崎グリコ株式会社さんと、業務用食品の卸を主に手がける「トーホーグループさんの人事の方にご協力いただきました。

 

||実際にどんなことするの?

業界地図よりも広く関連産業を捉えられる、「仕事マップ」を作成します。

自分は何を知っているのか?同年代の就活生は何を知らないのか?食品業界で働く社会人から見て欠けている目線とは?リアルな場で、チームで業界分析を行うことで、自分が興味を持つ業界のことがより立体的に見えてくるようになっています。

 

【写真で当日の様子をちょこっとご紹介】

ワークの最初は、自分たちの現在地の確認です。成長するためには、「今何が足りてないのか」を知ることが不可欠!「私は管理栄養士の資格を取る勉強をしてるから、そっちの分野は分かるよ」「買い物をするときに見るメーカーしか知らなかった!」など自分の知っている部分、ほかの就活生が知っている部分を確認しあいます。

DSC_1500

自分たちの現在地がわかったら、次は欠けているものを補っていく作業に移ります。「原材料が流通するまでにはどんな工程があるんだろう?」「どの過程にも人が関わって仕事をしているけれど、それってどうやって供給されるんだろう?」マップの空いている部分から、新しい視野がどんどん広がっていきました。

DSC_1505

最後は全員でレビュータイム!当日参加してくださっている食品企業の方も、普段働かれているからこその視点でたくさんアドバイスをしてくださりました。例えば、食品を流通させる過程で重要な温度管理について。アイスクリームなどの「溶けてはいけない食材」が溶けてしまったときに、そんなことが二度と起こらないようにメーカー側の人も一緒に考えてること。お客様に一番いい状態のものが届くよう、試行錯誤を繰り返していること。食に関わる仕事の視野を広げることで、日常の仕事で大切にされていることが見えてきました。

DSC_1564

同じ班になった学生から、違う班の発表から、そして食品企業で働く社員の方から、今まで意識をしていなかった仕事はもちろん、自分がもともと知っていた企業の中にも意外な仕事をたくさん発見することができましたね。

||完成した仕事マップ

ワークショップ後はこのようなマップが完成しました!

原材料が加工され、運ばれ、販売されて、消費者の思い思いに消費される流れの中にある仕事はもちろん、それらの安全性を担保している「品質管理」や「検品」、加工を支えている「工業機械」、宣伝活動など様々な仕事をマッピングしています。

20170803map-group01

(参加者のうち1グループのマップです)

 

||参加者の振り返り

普段の実生活において、その背景について考えるようになろうと思いました(国立大学・理系)

特にアレルギー等で企業が品質管理に力を入れていることが知ることができた。私はあまりアレルギーや添加物など健康面での食品の管理の大切さが販売をするにあたって重要なことだと知る良い機会になった。(私立大学・文系)

「食の流通」「営業」に関して今までより具体的なイメージがつかめるようになった。「商品開発」や「品質衛生管理」にしか目が行かなかったがもっと色んなことを見られるようになった。(私立・理系)

今回は、もともと「食」に興味があり、色々と知識を持っていた学生に多く参加していただきました。それでも「こんな分野もあるとは知らなかった」「企業はこういうところにも目を向けているのだと知った」など、ワークを通して来る前よりもずっと視野を広げることができました。

しかし、業界分析はどんな方法を使っても一日で完成することはありません。このセミナーで新しく得た知識で満足することなく、この仕事マップをさらに広げ自分の興味と知識を継続して深めていくことが大切です。参加した学生のみなさんの仕事マップ作りは、お家に持ち帰ったあともまだまだ続いていくのです。

DSC_1516

「仕事マップ作成ワークショップ」は、今後も不定期に開催を続ける予定です。みなさんも自分の興味をOfferBoxのプロフィールに表現してみてください!該当テーマでの開催時にお知らせをお送りいたします。