OfferBoxマスターたちの自己PR作成術 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

自己PRの書き方は先輩から学ぶ

このページでは、先輩たちが自己PRの方法を伝授するために書き上げたコラムを、「自分の強みと弱みを理解する」「PRする強みを決める」「自己PRの伝え方を工夫する」の3ステップに分けてご紹介します。ぜひ自分に合ったやり方でプロフィールを完成させてくださいね!また、自己PRを何度も書き直して内容を向上している人が、多くのオファーを受け取る傾向にあります。一度書き上げたという人も、別の方法で書き直すことで新たな企業との出会いがあるかもしれません。ぜひ何度も見直してプロフィールを磨き上げてくださいね。

自分の強みと弱みを理解する

自己PRを書くためには、まず自分にとってPRしたい特徴はどのようなものがあるかを理解している必要があります。自分が持っているさまざまな特徴や志向が、活かせるなら強み、そのとき活かせていなければ弱みと言えるのです。自分にどんな特徴があり、それがどのような場面で活かせるかが分からない人は、まずそれらを発見しましょう。

【強み・弱み発見に役立つOfferBoxコラム】適性診断を使って見つける方法
これが正しい使い方!無料の適性診断を自己分析ツールにする方法
GAZOUICHI 

社会人の人や書籍を使って見つける方法
自己分析を最大限に活かす自己PRをつくるための方法3選
GAZOUNI

PRする強みを決める

自分の特徴が分かったら、そのうちどれを自己PRに掲載するかを決めましょう。OfferBoxのプロフィールにある過去のエピソード3つと関連させて、自己PRを記入すると、説得力が増すのでおすすめです。

【PRの決定に役立つOfferBoxコラム】論理の三角形で、アピールする強みを決める方法

広告業界に内定した先輩が教える!伝わる自己PRの書き
GAZOUSAN

 

伝え方を工夫する

さあ、あと一息です!最後に、どうすれば伝えたいことがプロフィールの読み手である採用担当者に伝わるかを考えましょう。どんなに素晴らしいPRも、読み手に伝わらなければオファーには繋がりません。初めてあなたのプロフィールを読んだ人が、理解できるような構成を考えましょう。また、伝え方を工夫することは、面接で自己PRを質問された際にも役に立ちます。

【伝え方の参考になるOfferBoxコラム】伝えたいメッセージから考える方法
効果的な自己PRの書き方:OfferBox流
GAZOUYON 

自分の将来像や印象から考える方法
読まれるエントリーシートの書き方:OfferBox流
GAZOUGO

 

まとめ

以上が自己PRを書く3つのステップと、それぞれに役立つコラムの一覧です。あなたが心から行きたいと思えるような企業からオファーを受け取るために、ぜひOfferBox上で自分を最大限に表現してくださいね。プロフィールが充実していると、あなたのプロフィールへのフィードバックが書かれたオファーを受け取れることもあります。自分の自己PRの効果を見たいという方は、ぜひOfferBoxで試してみてくださいね!

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2019年卒 新規登録

※2019年3月末までに卒業予定の方

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方