2021年卒向けオファーが増える時期はいつ? – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

rawpixel-com-268376-unsplash

OfferBoxでのオファーの送信量は、企業の採用活動のスケジュールに連動して増減します。

例えば、4月〜6月の間は2020年卒を対象とした説明会や面接を行なっている企業が多く、2021年卒の採用活動を始めている企業はわずかです。

年間を通して最もオファーが多い時期は、例年採用広報解禁後の3月〜6月ですが、年内も月を追うごとにオファーを送る企業の数が増えていきます。

オファーの傾向

  • 早い企業は5月~8月の夏頃からインターンや選考のオファーの送信を開始。多くはサマーインターンシップのオファー。
  • 9月~12月にかけて、内定に繋がる早期選考や秋・冬インターンシップのオファーが増加。
  • 年明けの1~2月はさらにオファー流通量が増え、3月のナビ解禁時にピークを迎える。
  • 例年、大手企業のオファーが増え始めるのは、年明けの2月~3月頃。

オファー送信企業数

以下のグラフは、2019年卒に向けてオファーを送信された企業の数を月ごとに記載したものです。

このように、採用活動の開始が早い企業は6月からオファーを送り始めています。

テキストプレースホルダ

オファー送信企業数の推移

 利用企業の業界

これからオファーが増えていくとは言っても、OfferBoxからオファーを送っている企業はどんな企業なのか、気になりますよね。各業界別にOfferBoxの登録企業数を20位までご紹介します。
1位 IT・通信
2位 ソフトウェア・情報処理
3位 建設・建築設計・ハウスメーカー
4位 機械・産業用装置・電機・OA機器
5位 専門商社
6位 コンサルティング・マーケティング・調査
7位 インターネット関連・ゲーム・アプリ関連
8位 化学・医薬・化粧品
9位 自動車・自動車部品・輸送用機器
10位 広告
11位 不動産取引・不動産賃貸・不動産管理
12位 人材サービス
13位 鉄鋼・非鉄金属・金属製品
14位 食品・飲料・たばこ・飼料
15位 その他メーカー・製造関連
16位 医療・保育・介護、福祉
17位 その他専門・技術サービス
18位 総合商社
19位 教育関連
20位 通信販売、専門店・その他小売り
 ※2019/03/01時点。その他、業界未指定を除く。各社がOfferBox上で選択した業界区分。

オファーをもらうための準備

企業から面談やインターンシップ、面接のオファーをもらうには

  • プロフィール入力率が80%を超えていること
  • OfferBoxに頻繁にログインしていることが最低限必要です。

プロフィール入力率を80%以上登録するのは大変だと思いますが…OfferBoxは後から何度でもプロフィールを書き換えられるのが特長。最初から完璧なプロフィールを目指さずに、少しずつプロフィールを充実させていきましょう。
早い段階からプロフィールを充実させておくことでオファーをゲット出来ます。

企業側の学生検索結果画面に表示されるのは、「プロフィール写真」「3つのアピールのポイント」「自己PR」です。
まずは、この3つを最低限入力し、工夫をこらしたり、色々なバージョンを試してみて、オファーが届きやすくなる傾向を分析してみましょう。

意外と忘れられがちなのがOfferBoxに頻繁にログインすることです。
ログインの頻度が少ない場合、どれだけ魅力的なプロフィールを作っていても企業からは見つけて貰えません。
頻繁にOfferBoxにログインすることをお忘れなく!

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方

2021年卒 新規登録

※2021年3月末までに卒業予定の方