オファーを貰いやすくなるポイントとは?? – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

写真加工後

オファーを貰いやすくなるポイントをご紹介!

企業は約50,000人以上の登録学生の中から自社に合う人材を探し出してオファーを送っています。
オファー送信数に上限がありますので、プロフィールもしっかりと読み込んでオファーを送るかどうかを検討します。
つまり!ここから見えるポイントとしては、下記2点が重要です。

(1)企業検索にヒットする条件を揃えよう!

  • プロフィール入力率を高める(80%以上が目安)

 

  • 毎日OfferBoxにログインする(最低でも週1回程度)
    (「入力率の高さ」×「直近のログイン日」で上位表示されるため、より企業担当者の目につきやすくなります)

 

  • 積極的に「会いたい通知」を送る(企業によっては「会いたい通知」があった学生を優先的にオファー送信しています)

 

  • 写真の登録をする(企業担当者の印象に残るためにも、写真登録は必須)

 

  • 希望条件を随時更新する(希望条件が変わった時は都度更新することが重要!)

ちなみに過去の実績では、希望条件を更新していた学生の方が更新していなかった学生に比べて【約10倍】も希望企業から内定が出ています!
 
 

(2)プロフィールを読んで「オファーを送りたい!ぜひ会ってみたい!」と思わせる!

    • 読み手の視点でプロフィールを書く

読みやすく、伝えたいポイントはまとまっていますか?オファーを送る企業担当者の気持ちになって、自分のプロフィールを見てみると気づきがあるかもしれません。
とはいえ、まずは書くことが第一歩。オファー受信状況を省みて、プロフィールを徐々にブラッシュアップさせていきましょう。

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2019年卒 新規登録

※2019年3月末までに卒業予定の方

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方