企業を惹きつける!OfferBoxのプロフィール写真とは? – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

みなさん、こんにちは!ライターのReeです。
実は私は大学4年生を2回経験しています。
なので2年間OfferBoxを使い続けたOfferBoxマスターなのです。

 

今回はそんな私からOfferBoxのプロフィール画像の選び方、どういう写真がいいのか、ちょっとした加工テクニックについてお話ししたいと思います。前回はどんなエピソードがいいのかについてお話ししたので、そちらもぜひ読んでみてください。
関連記事┃100オファーも夢じゃない!OfferBoxのプロフィールの書き方

 

┃お!と目を引くプロフィール写真とは?

OfferBoxではプロフィール用の写真と、自分を象徴する画像の2種類写真を投稿できるところがあります。この写真選び、すごい悩みますよね。OfferBoxでは「学生さんの人となりが見えるプロフィール」になることを大切にしているので、エントリーシートに使うような証明写真じゃなくて大丈夫です。

 

ではその写真選びのコツをご紹介しましょう。

┃プロフィール写真選びのコツ

写真の選び方のコツとしては3つあります。

1.自分の顔が分かる写真
2.イキイキとしている写真
3.何をしているのかイメージがよく湧く

以上の3つのような写真を選ぶようにしましょう。

 

<自分を象徴する画像・動画>に載せる写真は、プロフィールに書いたエピソードと同じ内容がいいですね。
部活のエピソードを書かれたのであれば、部活中の写真やユニフォーム姿の友人との写真などもいいかもしれません。ちなみに私は日舞をやっていたので、着物を着た写真をOfferBoxのプロフィール画像に設定していました。自分らしさがよく出る写真を選びましょう!

 

 

┃より良いプロフィール写真にする加工の仕方

場合によっては加工することもオススメです。例えば、暗かったら明るくする。多くの人と写っている場合はどれが自分なのか分かりやすいように印をつける。不特定多数の他人が写っている場合はモザイクをかけるなど。
企業はたくさんあるプロフィールをチェックしているので、よりわかりやすく見やすい写真にしておきましょう!

 

┃Instagramでプロフィール写真を加工

誰もが気軽に編集ができるオススメのアプリはInstagramです。
人気アプリなので普段から使っている方も多いですよね。おしゃれに加工するだけでなく写真を見やすくきれいに加工するのにも適しているのでオススメです。例えば、うちのペットの写真のビフォーアフターで見てみましょう。

instagram_beforeafter

まずペットの顔がよく見えなかったので、写真を拡大しました。そして明るさとコントラストを調整し、少しぼかしもかけてみました。
同じ写真でも、印象がかなり違うことがわかると思います。過度に加工したり、おしゃれに加工しすぎるのはNGですが、テクノロジーも、うまく活用して、最高の自分を演出するようにしましょう! 

いかがでしょうか?
プロフィール写真はまず最初に目につく重要な部分です。証明写真などありきたりな写真ではなく自分を表現できる写真を選びましょう!

関連記事┃100オファーも夢じゃない!OfferBoxのプロフィールの書き方