企業を惹きつける!OfferBoxのプロフィール写真の選び方 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

OfferBoxのプロフィールを作成するにあたって、こんな悩みを度々聞きます。

・写真でそんなに変わるの?
・どんな写真を選んだらいいかわからない
・証明写真じゃだめなの?

そもそも、OfferBoxのプロフィール画像は、検索された時に表示される項目の一つで、
そこから企業の人事担当者にプロフィールを開いてもらうための、いわば第一印象となります。

そして、上に挙げた悩みを解消し、第一印象をよくするためのプロフィール画像を選ぶポイントとして

1.顔がはっきり見える写真
2.普段の人柄が伝わる写真

の2点が大事だと思うので、今回はそれぞれ例に挙げながらお伝えします。

 

1.顔がはっきり見える写真

まず次の画像を、自分が人事になったつもりで見比べてみてください。

PFphoto05

PFphoto07

PFphoto02

 

皆さんはどう感じましたか?
OfferBoxがオススメする画像は③の画像です。

①のようにぼやけてしまっている写真は最も避けるべき写真です。
顔がわかりにくいことももちろんですし、手を抜いているような印象を与えてしまいます。

②は友人と共に楽しそうに写っている写真です。
しかしこの写真では「あなた」が誰なのかが全くわかりません。

このような写真は、プロフィール画像としてはいまひとつかもしれませんが、
自分を象徴する画像に登録して、コメントや過去のエピソードと紐付けると、友人と楽しむ姿から、
コミュニケーション能力や人との関わり方を効果的にアピールする素材にもなります。
プロフィール写真ではなく、自分を象徴する画像として活用するのを検討してみてくださいね。

③は顔や表情が伝わり、例えば「元気」とか「ポジティブ」といった印象も与えているかも知れません。
このようにしっかりと「あなた」の顔がわかる写真を選びましょう。

 

 

2.普段の人柄が伝わる写真

次はこれらの画像を見てみてください。

PFphoto10

PFphoto08

PFphoto06

今回はどれが正解ということはありません。3枚の写真はどれも好印象な写真の例として挙げています。

例えば、
①は活動的な印象
②は物事に真剣に取り組む姿勢
③は真面目な印象

をそれぞれ与えることができます。

まだ自己分析が進んでおらず、伝えたい自分の人柄がはっきりしていない場合は、

・写真館などで撮った証明写真
・サークルやバイトなど、自分が時間をかけてきたものに関する写真
・小さい頃から好きなもの

などを使うのも一つです。

まずは「これ」と思う写真を登録してみましょう。そして、自己分析を深めたり、企業の反応などを見ながら、別の視点から自分をアピールしたくなったら、その都度変えていけば問題ありません。

 

番外編.よりよい写真にする加工テクニック

さて、ここから少し番外編ですが、場合によっては加工することもオススメです。
例えば、暗かったら明るくする。多くの人と写っている場合はどれが自分なのか分かりやすいように印をつける。不特定多数の他人が写っている場合はモザイクをかけるなど。
企業はたくさんあるプロフィールをチェックしているので、よりわかりやすく見やすい写真にしておきましょう!

┃Instagramでプロフィール写真を加工

誰もが気軽に編集ができるオススメのアプリはInstagramです。
フィルターを選ぶだけでも、簡単に写真を見やすくきれいに加工してくれます。

instagram_beforeafter

この写真の例では、顔がよく見えなかったので写真を拡大し、明るさとコントラストを調整してみました。
同じ写真でも、印象がかなり違うことがわかると思います。過度に加工しすぎるのはNGですが、テクノロジーもうまく活用し、最高の自分を演出しましょう!

まとめ

プロフィール写真はまず最初に目につく重要な部分です。あなたの顔がよく見える、人柄が伝わりやすい写真を選びましょう!

関連記事
100オファーも夢じゃない!OfferBoxのプロフィールの書き方
#○○行った #○○笑った #○○映え 写真で楽しく就職活動をする方法

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る

OfferBoxとは?

OfferBoxは、プロフィールを登録しておくと企業から採用オファーが届く就活アプリです。プロフィールを登録することで自然と自己分析の枠組みができ、待っているだけで企業にアピールができます!

2020年卒 新規登録

※2020年3月末までに卒業予定の方

2021年卒 新規登録

※2021年3月末までに卒業予定の方