サバンナ女子大生の就活:欲しいと思わせる判断材料はこちらから提供しろ – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

みなさん、こんにちは。

サバンナ系女子大生のあやです。前回私は「私はサファリパークのライオンでした。」というお話をさせて頂きました。

約1年前まで、これまで自分が培ってきた経験は、自分で獲物をとっていると思っているサファリパークのライオンのように、私も自分で得てきたと思っていました。

そんな私も色々あって、その環境でみんなが普通にしていれば、みんなが得られる経験でしかなかったことに気づき、サファリパークからサバンナに1人出てきました。というお話だったのですが、まだ読んでない方はぜひそちらの方から読んでみてくださいね!(自己紹介はこちらから

 

そして今回は、その後サバンナで約半年生き抜いたライオン=私がどういう就職活動をしたかというお話を遂に!お話させていただきます!!


欲しいと思わせる判断材料はこちらから提供しろ

初回の今回は、自己アピールについてお話したいと思います。

最近Twitterで“自己アピール”を“事故アピール”と言う就活スラングをよく見ます。

私も「上手いこと言ったもんだなー」と感動していたのですが、造語が出来ちゃうくらい“自己アピール”は事故率が高い。

 

そんなわたしも事故車両並みの事故アピールを繰り広げていました。

どれくらい事故アピールかというと、夏のインターンシップ選考ではおかげさまでことごとく落ち、数十社受けたのに最終的にインターンシップに行ったのは2社という、びっくりぽんな結果になるぐらいの大事故でした。

そんな落ちては受け、落ちては受け、落ちては受け…そして落ちるを繰り返している中で、ある日私は気づきました。

自己アピールって必要ですかね!?!?!?と

 

そもそも自己アピールって、セールスポイント的なもので、電化製品でいうと「ここの掃除機は吸引力がすごい!」とか「ここのは静かに掃除が出来る!」とか他のものと差別化できるポイントですよね。

なのに自己アピールって、大体みんな同じ。だいたいみーんな「私は主体性が~」「向上心が~~」「粘り強くて」って面白くない!!!!

だからこそ、面接ではもういかに”自分の経験の規模が大きいか争い”が勃発していて、もはや自己アピールなのか経験豊富アピールなのかわからない!!(そんな私もしっかり経験豊富アピール軍団の一員)

そもそも数千人の学生の中で完全な差別化なんて不可能!!逆にそんな学生見てみたい!!

 

じゃあどうするか。自己アピールの方法を変えるしかないでしょ!!

 

取扱説明書

ということで取扱説明書を作ってみました。

そんな感じで、自己アピールに不満を覚えた私は、タイトル通り『自分の取扱説明書』を作りました。

中身はもう私自身をそのまま詰め込んだ内容にしました。私ってこういう人間なんですよ~というスタートで始まり、友達から聞いた私の性格のアンケート結果、大切にしているもの、どういうときに頑張れるかをぐるっとまとめたものを約9ページの超大作にしました。

当時私は、就活イベントの1つで、学生がブースを持ち、企業さんが学生を指名してブースに立ち寄るというイベントに参加していたので、まずは物は試しと人事の方々に配りまくりました。

 

正直どちらかというと、中身も想いを込めて作りましたが「こういう方法で攻める」ということに意味があって、中身を読んでもらえるとは思っていませんでした。どうせ、「あ~、ありがと~」と言ってそのままカバンへGOか、数カ月後発掘されてゴミ箱にGOだろうと。

 

しかし意外や意外。その時出会った人事の皆様の反応は真逆でした。

 

「面白いこと考えるね」とにやりと笑ってくださった大手人材企業の人事さん、「仕事の丁寧さが伝わりました」とメールをくださったITベンチャー企業の人事さん。

そして、「あやさん、あやさん。これよかったよー」と声をかけてくださった大手ソフトウェア企業の人事さんの手に持たれた『私の取扱説明書』には、びっしりとメモが書き込まれていました。

数か月前は事故車両で、まったく相手にされなかった私が、事故アピールを「取扱説明書」に形を変えただけなのにこれだけ受け入れてもらえたことが、嬉しすぎて1人泣いて帰りました。

 

恐れない

恐れずに自分を出せば縁は繋がる

事故車両がなぜ売れたか。

その答えは、「恐れずに素でいくこと」だと思います。

 

事故車両のときは、どう優秀にみせるか、どう個性をだすかに注力してしまっていて、自分はどういう人間なのか、何が好きなのかなんて頭の片隅に追いやられていました。でも取扱説明書では、自己アピールなんて気にせず、私は何が好きで、こういう仕事をしてきて、何を大切にしたいと思っているか、そしてその理由をそのまま丸ごと出しました。

そしてそれに共感してくださる企業さんが声をかけてくださったのだと思います。

 

今振り返れば、“リーダーシップがあります!”“主体性を持って働けます!”“協調性があります!”なんてキラキラした言葉には、キラキラ以外なんの意味もなくて、その言葉の奥のエピソードや表現の仕方に意義があるのではないか、そしてそこにこそあなたの人間性が出るのではないかと思います。

前回のプロローグで、私はアメリカ政府のリーダーシップに行って、外務省やオランダ大使館で社会問題の解決策をプレゼンしていたとお話しました。でも実は、そのエピソードは「取扱説明書」では一切触れていないんですよね。私が取扱説明書でお話したのは「百貨店でアルバイトしてます」という「外務省?オランダ大使館?なにそれ美味しいの?」的な平凡なエピソードです。でもその中に、百貨店でのアルバイトで学んだこと、大切にしていること、楽しいことを沢山詰め込みました。すると沢山の企業さん方が、私に興味を持ってくださりました。

 

私は、優秀かどうか、個性的かどうかよりも等身大の自分を出しきることが、自分をほしいと思ってもらう材料になると思います。

 

ということで、最後は真面目に終わりましたが

次週予告!!!

第2話:ダメな私を採用してください!


 

なないろ就活とは?

就活にはいろんな形があっていい。そんな想いを伝えたいという一人の学生の発案から始まった連載企画。

シリーズ毎に、就活を終えた先輩が自分のやってきた就活について赤裸々に綴る完全実話ストーリー集。

様々な主人公の就活をエールに、当たり前のない就活を楽しむ糧にしてほしい。全国の就活生に枠にとらわれない就活を!