BtoB専門のマーケティングエージェンシー、株式会社エムエム総研様に内定した、立教大学4年生の山田綾乃さん。山田さんも、就活を始めた当初は全く違う業界を志望していました。そこから何故、マーケティング業界に飛び込むことを決めたのか。内定先を決めるまでの心の変化をうかがいました。

2016年卒の就活生より、経団連が掲げる倫理憲章に従う企業は、採用選考の解禁が8月になる「就活後ろ倒し」のスケジュールとなりました(例年では4月が選考解禁)。しかし、それよりも約3~4ヶ月も早い2015年の春に、白鳥さんと佐々木さんは、株式会社Speee様[ http://www.speee.jp/ ](以下敬称略)から内定をもらい、就活を終了していました。

2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

日本にいなくても、オファーをいただいていました。僕のプロフィールの内容をオファーの文面に入れてくれている企業もあれば、そうでないコピペのような文面のところも…。そういうオファーは辞退しましたね。説明会抜きでSkype面接というのがほとんどだったので、通常の行程をかなり飛ばした選考になりました。僕は説明会とか嫌いだったので、良かったです。

年が明け、そろそろ就活に向けて動き始める人も多くなってきました。ベンチャー、外資系企業を中心に、内定を得ている人も少しずつ出てきています。ますます会社の見極め、自分の判断軸を考えていかなければいけない時期ですね。

2014年4月に、OfferBoxを通してオフィスナビ株式会社様に入社された、佐々木克嘉さん、古川笙太さん。入社一年目にも関わらず、バリバリ活躍中と噂のお二人にインタビューさせていただきました。

12月中旬にさしかかり、そろそろ2014年も終わりを迎えようとしています。就活後ろ倒しのスケジュール変更にともない、現時点での就活生は二極化しているとの声が多いようです。就活生目線ではどのように見えているのでしょうか?

留学や、取り組んでいる活動がまだまだ忙しい人もいます。その時間も、自分の価値観や核となる考え方を育む大切な時間。就活しているにしろ、そうでないにしろ、どんな時間を過ごしているのか、それが大事ですね。

学生の中には、もうリクルーターがついている人がいたり、インターンに参加した企業の人事担当者と常時コミュニケーションをとっている人も。企業側も採用したい!と思った学生には、本選考はまだであれ、密にコンタクトをとっているようです。

ベンチャー企業の選考は早く、12月ごろから本選考が始まるというところも出てきます。 ベンチャー企業を志望している学生は現在準備真っ最中のようです。

Top