BtoB専門のマーケティングエージェンシー、株式会社エムエム総研様に内定した、立教大学4年生の山田綾乃さん。山田さんも、就活を始めた当初は全く違う業界を志望していました。そこから何故、マーケティング業界に飛び込むことを決めたのか。内定先を決めるまでの心の変化をうかがいました。

2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

2014年4月に、OfferBoxを通してオフィスナビ株式会社様に入社された、佐々木克嘉さん、古川笙太さん。入社一年目にも関わらず、バリバリ活躍中と噂のお二人にインタビューさせていただきました。

留学や、取り組んでいる活動がまだまだ忙しい人もいます。その時間も、自分の価値観や核となる考え方を育む大切な時間。就活しているにしろ、そうでないにしろ、どんな時間を過ごしているのか、それが大事ですね。

内定をもらえるのかどうか、めちゃくちゃ不安でした。実際に面接もどんどん落ちてしまっていました。でも最終的に内定を頂けて、“あなたと一緒に働きたい”と言っていただける会社に出会えました。就職活動をして、本当に良かったです。

就職活動を始めたのは、大学3年生の夏ごろで、周囲の学生に比べてかなり早い時期。インターンシップにも積極的に参加したそうです。 「就職活動に対して不安がありました。大学時代に大したことはしていないし、実績もない。就職できるのか不安だったんです。周囲の友達の動きを1としたら僕は10倍以上動いていたと思います」

正直なところ、就職活動をするかどうか迷っていました。お世話になっている方から“流れから逸れるのは簡単だけど、途中から流れに乗るのは難しいよ。一回本気でやってみたら?”と言われて、それがきっかけになりました。就職活動は、どんな自分が居たいか、どんな軸、考えを持っているかを考えるきっかけになりました。自分を振り返るいい機会だったと思います。

Offer Boxを一言で言うと就職活動の幅を広げるツールですね。見ていない業界からもオファーが届くので、どうしても視野が狭まってしまう学生にとってはいい意味で悩ませるツールでした。

“きっかけバス47”という東北の被災地支援ボランティアで東京支部共同代表を務め、忙しい毎日を送っていた浜中さん。そのため就活のスタートダッシュに出遅れてしまったそうです。そんな時に知り合いから教えてもらったのは“Pitch Battle(ピッチバトル)”(※)でした。

「僕は、口下手で人付き合いが苦手だと思っていました。コンプレックスだったんです。でも、内定者同士で話したり、企業の方々と話す中で、そんなことないんじゃないかと思うようになりました。内定企業からも“河本さんは、いろんな人とコミュニケーションがとれる人ですね”と評価してもらい、自信がつきました」