BtoB専門のマーケティングエージェンシー、株式会社エムエム総研様に内定した、立教大学4年生の山田綾乃さん。山田さんも、就活を始めた当初は全く違う業界を志望していました。そこから何故、マーケティング業界に飛び込むことを決めたのか。内定先を決めるまでの心の変化をうかがいました。

内定をもらえるのかどうか、めちゃくちゃ不安でした。実際に面接もどんどん落ちてしまっていました。でも最終的に内定を頂けて、“あなたと一緒に働きたい”と言っていただける会社に出会えました。就職活動をして、本当に良かったです。

就職活動を始めたのは、大学3年生の夏ごろで、周囲の学生に比べてかなり早い時期。インターンシップにも積極的に参加したそうです。 「就職活動に対して不安がありました。大学時代に大したことはしていないし、実績もない。就職できるのか不安だったんです。周囲の友達の動きを1としたら僕は10倍以上動いていたと思います」

正直なところ、就職活動をするかどうか迷っていました。お世話になっている方から“流れから逸れるのは簡単だけど、途中から流れに乗るのは難しいよ。一回本気でやってみたら?”と言われて、それがきっかけになりました。就職活動は、どんな自分が居たいか、どんな軸、考えを持っているかを考えるきっかけになりました。自分を振り返るいい機会だったと思います。