2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

日本にいなくても、オファーをいただいていました。僕のプロフィールの内容をオファーの文面に入れてくれている企業もあれば、そうでないコピペのような文面のところも…。そういうオファーは辞退しましたね。説明会抜きでSkype面接というのがほとんどだったので、通常の行程をかなり飛ばした選考になりました。僕は説明会とか嫌いだったので、良かったです。

正直なところ、就職活動をするかどうか迷っていました。お世話になっている方から“流れから逸れるのは簡単だけど、途中から流れに乗るのは難しいよ。一回本気でやってみたら?”と言われて、それがきっかけになりました。就職活動は、どんな自分が居たいか、どんな軸、考えを持っているかを考えるきっかけになりました。自分を振り返るいい機会だったと思います。

知人から面白いサイトがあるよと教えてもらい、Offer Boxに登録しました。大学までは自分の意思・直感で自分の行っても一様に楽しく過ごせると思いますが、就職活動は自分のプライドや直感で決めて楽しく何事も無く過ごせる訳ではないのは周知の事実であり、だからこそ企業と学生がお互いに理解することが必要だと思います。自己PRを見てもらい、自分に合いそうと企業が判断してくれ、選考を受ける。といったオファーボックスのシステムはとても柔軟で魅力的に感じました。

すぐに頭に浮かぶことは、自分が考えていなかった業界、企業と出会うことができたこと。自分にマッチする企業に出会えたことですね。いろいろな就活サイトがありますが、それらでは実現できないことをOffer Box (Global)は提供してくれたと思っています。選択肢の幅を広げることができたのはとてもありがたかったですね。

「ただの語学力だったら、他にも留学経験のある人はたくさんいます。語学力をもとに成し遂げた、自分にしか語れない経験。僕の場合は異文化理解でしたが、それを書くことが大切だと思いました」

「僕は、口下手で人付き合いが苦手だと思っていました。コンプレックスだったんです。でも、内定者同士で話したり、企業の方々と話す中で、そんなことないんじゃないかと思うようになりました。内定企業からも“河本さんは、いろんな人とコミュニケーションがとれる人ですね”と評価してもらい、自信がつきました」

「私は、自分の気持ちに素直になって生きることが出来る人だけれど、自分の素直な気持ちを人に伝えて評価されることが怖かったんです」 “どうせ不採用になるなら、自分の本心を話そう!”と気持ちを切り替えて、面接官の反応を気にすることなく伸び伸び選考に臨んだら、なんとその後はES・面接ともに全勝。志望業界だった大手旅行会社から内々定を獲得したそうです。