年が明け、そろそろ就活に向けて動き始める人も多くなってきました。ベンチャー、外資系企業を中心に、内定を得ている人も少しずつ出てきています。ますます会社の見極め、自分の判断軸を考えていかなければいけない時期ですね。

2014年4月に、OfferBoxを通してオフィスナビ株式会社様に入社された、佐々木克嘉さん、古川笙太さん。入社一年目にも関わらず、バリバリ活躍中と噂のお二人にインタビューさせていただきました。

12月中旬にさしかかり、そろそろ2014年も終わりを迎えようとしています。就活後ろ倒しのスケジュール変更にともない、現時点での就活生は二極化しているとの声が多いようです。就活生目線ではどのように見えているのでしょうか?

留学や、取り組んでいる活動がまだまだ忙しい人もいます。その時間も、自分の価値観や核となる考え方を育む大切な時間。就活しているにしろ、そうでないにしろ、どんな時間を過ごしているのか、それが大事ですね。

学生の中には、もうリクルーターがついている人がいたり、インターンに参加した企業の人事担当者と常時コミュニケーションをとっている人も。企業側も採用したい!と思った学生には、本選考はまだであれ、密にコンタクトをとっているようです。

ベンチャー企業の選考は早く、12月ごろから本選考が始まるというところも出てきます。 ベンチャー企業を志望している学生は現在準備真っ最中のようです。

「オファーボックスは、自分を動画でアピールできるなど、企業へのアピール方法が魅力的だったこともあり積極的に利用させて頂いています。この様な魅力的なところを活用して、頑張っていきます!」