2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

日本にいなくても、オファーをいただいていました。僕のプロフィールの内容をオファーの文面に入れてくれている企業もあれば、そうでないコピペのような文面のところも…。そういうオファーは辞退しましたね。説明会抜きでSkype面接というのがほとんどだったので、通常の行程をかなり飛ばした選考になりました。僕は説明会とか嫌いだったので、良かったです。

就職活動を始めたのは、大学3年生の夏ごろで、周囲の学生に比べてかなり早い時期。インターンシップにも積極的に参加したそうです。 「就職活動に対して不安がありました。大学時代に大したことはしていないし、実績もない。就職できるのか不安だったんです。周囲の友達の動きを1としたら僕は10倍以上動いていたと思います」

「留学生活で自分の経験になったことを徐々に書いて、プロフィールを完成させていきました。取りあえず書いてみては、後で読み返して本当に分かりやすいのかどうか確認しました」その時の自分に合わせて、プロフィールを変えられるのもOfferBoxの特徴です。新しい経験を得たり、考え方が変わっても、いつでもプロフィールに反映できます。

正直なところ、就職活動をするかどうか迷っていました。お世話になっている方から“流れから逸れるのは簡単だけど、途中から流れに乗るのは難しいよ。一回本気でやってみたら?”と言われて、それがきっかけになりました。就職活動は、どんな自分が居たいか、どんな軸、考えを持っているかを考えるきっかけになりました。自分を振り返るいい機会だったと思います。

会社自体も面白そうだと思ったのですが、先輩社員と会ったときに、かっこいいなと感じたんです。会社の一員としてだけではなくて、個人としてのビジョンや目標をきちんと持っているところに惹かれましたね。将来独立したいと思っている先輩もいて、僕の目指しているものもこういう形だなと思いました。

Offer Boxを一言で言うと就職活動の幅を広げるツールですね。見ていない業界からもオファーが届くので、どうしても視野が狭まってしまう学生にとってはいい意味で悩ませるツールでした。

知人から面白いサイトがあるよと教えてもらい、Offer Boxに登録しました。大学までは自分の意思・直感で自分の行っても一様に楽しく過ごせると思いますが、就職活動は自分のプライドや直感で決めて楽しく何事も無く過ごせる訳ではないのは周知の事実であり、だからこそ企業と学生がお互いに理解することが必要だと思います。自己PRを見てもらい、自分に合いそうと企業が判断してくれ、選考を受ける。といったオファーボックスのシステムはとても柔軟で魅力的に感じました。

“きっかけバス47”という東北の被災地支援ボランティアで東京支部共同代表を務め、忙しい毎日を送っていた浜中さん。そのため就活のスタートダッシュに出遅れてしまったそうです。そんな時に知り合いから教えてもらったのは“Pitch Battle(ピッチバトル)”(※)でした。

和歌山の自宅から、毎日往復5時間かけてキャンパスまで通っていたという、桐本真理さん。毎日の通学時間に本を読み、年間100冊を読破(しかも読書だけでなく大学の課題も電車の中でこなしたと言うから強者!)。そんなエピソードも、強みとしてプロフィールに表れています。

Top