2016年卒の就活生より、経団連が掲げる倫理憲章に従う企業は、採用選考の解禁が8月になる「就活後ろ倒し」のスケジュールとなりました(例年では4月が選考解禁)。しかし、それよりも約3~4ヶ月も早い2015年の春に、白鳥さんと佐々木さんは、株式会社Speee様[ http://www.speee.jp/ ](以下敬称略)から内定をもらい、就活を終了していました。

内定をもらえるのかどうか、めちゃくちゃ不安でした。実際に面接もどんどん落ちてしまっていました。でも最終的に内定を頂けて、“あなたと一緒に働きたい”と言っていただける会社に出会えました。就職活動をして、本当に良かったです。

会社自体も面白そうだと思ったのですが、先輩社員と会ったときに、かっこいいなと感じたんです。会社の一員としてだけではなくて、個人としてのビジョンや目標をきちんと持っているところに惹かれましたね。将来独立したいと思っている先輩もいて、僕の目指しているものもこういう形だなと思いました。

Offer Boxを一言で言うと就職活動の幅を広げるツールですね。見ていない業界からもオファーが届くので、どうしても視野が狭まってしまう学生にとってはいい意味で悩ませるツールでした。

すぐに頭に浮かぶことは、自分が考えていなかった業界、企業と出会うことができたこと。自分にマッチする企業に出会えたことですね。いろいろな就活サイトがありますが、それらでは実現できないことをOffer Box (Global)は提供してくれたと思っています。選択肢の幅を広げることができたのはとてもありがたかったですね。