BtoB専門のマーケティングエージェンシー、株式会社エムエム総研様に内定した、立教大学4年生の山田綾乃さん。山田さんも、就活を始めた当初は全く違う業界を志望していました。そこから何故、マーケティング業界に飛び込むことを決めたのか。内定先を決めるまでの心の変化をうかがいました。

2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

日本にいなくても、オファーをいただいていました。僕のプロフィールの内容をオファーの文面に入れてくれている企業もあれば、そうでないコピペのような文面のところも…。そういうオファーは辞退しましたね。説明会抜きでSkype面接というのがほとんどだったので、通常の行程をかなり飛ばした選考になりました。僕は説明会とか嫌いだったので、良かったです。

就職活動を始めたのは、大学3年生の夏ごろで、周囲の学生に比べてかなり早い時期。インターンシップにも積極的に参加したそうです。 「就職活動に対して不安がありました。大学時代に大したことはしていないし、実績もない。就職できるのか不安だったんです。周囲の友達の動きを1としたら僕は10倍以上動いていたと思います」

“きっかけバス47”という東北の被災地支援ボランティアで東京支部共同代表を務め、忙しい毎日を送っていた浜中さん。そのため就活のスタートダッシュに出遅れてしまったそうです。そんな時に知り合いから教えてもらったのは“Pitch Battle(ピッチバトル)”(※)でした。

和歌山の自宅から、毎日往復5時間かけてキャンパスまで通っていたという、桐本真理さん。毎日の通学時間に本を読み、年間100冊を読破(しかも読書だけでなく大学の課題も電車の中でこなしたと言うから強者!)。そんなエピソードも、強みとしてプロフィールに表れています。

「私は、自分の気持ちに素直になって生きることが出来る人だけれど、自分の素直な気持ちを人に伝えて評価されることが怖かったんです」 “どうせ不採用になるなら、自分の本心を話そう!”と気持ちを切り替えて、面接官の反応を気にすることなく伸び伸び選考に臨んだら、なんとその後はES・面接ともに全勝。志望業界だった大手旅行会社から内々定を獲得したそうです。