就活トップシーズンを前にして内定、早々に入社を決意。迷わなかったその理由は。

in 2016年, ベンチャー, 文系, 理系, 通信・IT on 2015年9月7日

「白鳥康太さん(山形大学)、佐々木純さん(神戸大学)」

【2016年卒予定/株式会社Speee内定】

 

2016年卒の就活生より、経団連が掲げる倫理憲章に従う企業は、採用選考の解禁が8月になる「就活後ろ倒し」のスケジュールとなりました(例年では4月が選考解禁)。しかし、それよりも約3~4ヶ月も早い2015年の春に、白鳥さんと佐々木さんは、株式会社Speee様[ http://www.speee.jp/ ](以下敬称略)から内定をもらい、就活を終了していました。

 

倫理憲章に従う企業は経団連に加盟する大企業が多いため、8月まで本選考が始まりませんでした。選考・内定出しの早いベンチャー企業や外資系企業を先に受けて内定を確保、滑り止めとしてキープし、本命である大企業を8月以降に受ける学生が多いという話を2016年卒はよく聞きます。先に内定した企業が本命でも、「一応…」という気持ちで大企業も受けてみる、という学生も散見されるのが2016年卒のトレンドではないでしょうか。

 

しかし、白鳥さん、佐々木さんは、Speeeの内定後、迷いなくすんなり就活を終了しています。はじめから入社意思は固く、迷う余地はなかったようです。お二人ともOfferBoxを通じてSpeeeに内定していますが、どんな就活を経験したのか振り返っていただき、Speeeに惹かれた理由などをお二人に聞きました。

 

採用選考は、お互いが“合うかどうか”を確かめる場。

 

まずお二人は、どんな方法で就職活動を行ったのでしょうか。

 

top2

(左:佐々木さん、右:白鳥さん)

白鳥さん 「私は、理系学部なので大学院に行くつもりでした。実は就活をする気があまりなかったんです。私のような地方大学ではESをたくさん書いて送ったところで見向きもされないだろうし、ナビサイトを利用していても時間を浪費するだけだと思いました。学生の本分である勉強や研究に時間を割きたかったんです。

OfferBoxなら、プロフィールをはじめにきちんと書いて登録しておくだけなので、負担がほとんどありません。勉強や研究にも打ち込める。あわよくば良い企業からオファーが来たらいいなという期待もあり、登録をしてみました」

 

佐々木さん 「“採用に対する本気度が高い会社に入りたい”という気持ちがありました。どの会社も本気だと思いますが、その度合いは企業によってまちまち。企業にエントリーするサイトでは、企業側の本気度は伝わりませんが、オファーが届くサイトなら、その企業が自分をどれだけ欲しいと思っているか、会いたいと思っているのかが、オファーの内容でわかります。

“志望業界が人材業界だったので会ってみたいと思いました”というような企業もありましたが、Speeeの場合は僕の人生観、人間性という本質のところを大事にしようという姿勢が、オファー文面から伝わりました。OfferBoxは企業の採用本気度がオファーの仕方等に反映されるサイトだと思ったので使い続けました。結果、就職活動の6~7割はOfferBoxを利用した活動でしたね」

 

単にオファーが届くサイト、という認識ではなく、このスタイルだからこその自分なりのメリットを感じて利用していたことが伝わってきます。

 

白鳥さん 「OfferBoxを利用したことをきっかけに、ほかの逆求人系のサイトにも登録してみましたが、山ほどDMが送られてくるんですよね。その時に気付いたのが、OfferBoxには企業がオファーを送れる枠と学生がオファーを受けられる枠に上限があること。数が限られているから、ちゃんと見てくれる企業からしかオファーが来ない。自分をちゃんと見てくれるので、自分に合う企業からオファーが来るのだろうという期待が持てました」

 

では、実際に届いたオファーはどんなオファーだったのでしょうか。

 

IMG_3829 (2)佐々木さん 「就活というのは“自分を売り込む”という固定観念があったのですが、その固定観念がOfferBoxを使ってガラッと変わりました。“自分はこういう人間だ”ということをプロフィールに書くと、それを見た企業から“私たちはそういう人を求めている”とアプローチが来る。素の自分を理解してくれた気持ちになりました」

 

白鳥さん 「私の場合、Speeeからもらったオファーが2社目でした。私はプロフィールの内容に本の話を書いていたのですが、オファー文には本の話題、しかも“最近こんな本を読んでこう感じました”と書かれていてびっくりしました。普通そんなこと書かないですよね。ちゃんと見て選んでいるというのが伝わって、こちらもちゃんと調べて準備して会わなければ、と思いました」

 

佐々木さん 「Speeeからのオファーは、学生の人間的な部分を見ようとしているのがよく伝わりました。そしてそこからどんな企業なのかを調べるのですが、HPを見て、社長のメッセージや会社として人を大事にしていることが伝わってきて、“Speeeってこんな会社なんだ”ということがわかりました。オファーからHPまで、一貫性がありましたね。ギャップがある会社もありますが、一致しているほど本気度の高い会社と言えるのではないかと思います」

人対人としてのコミュニケーションが就活でも重要だということが、お二人の意見から伝わってきます。採用選考というものは、学生からすれば“選抜される”意識に、企業側からすると“選抜する”意識になりがちですが、合うかどうかを見極めるためにお互いを深く知ること。それがSpeeeと白鳥さん、佐々木さんの間の認識だったようです。

 

そこで働く自分の姿をイメージできるか。

 

では、Speeeの選考とはどういうものだったのでしょうか。

 

IMG_3831 (2)白鳥さん 「2015年の2月5日にオファーをもらい、3月20日に内定を頂きました。選考だけではなくて、ワンデージョブに参加させていただいたりもしました」

 

佐々木さん 「僕は2015年2月25日にオファー、そこから1ヶ月半ほどで内定を頂きました。朝から全社のMTG ”朝会”に参加して、3人の社員の方々と面談して、という日もありましたね」

 

Speeeの選考は、徹底的に相互理解を深める選考なのだそうです。社内の様子がよくわかる朝会には、選考中に必ず参加。またそれとは別に社員との面談の場も設けられていて、しかもその場所も会議室ではなくオフィスの中。Speeeという会社を洗いざらいさらけ出して、学生自身がそこで働いて活躍している姿をイメージできるかどうかをきちんと判断できるように、と心が配られています。

学生自身がまずは自分と向き合い、そして企業と向き合う。双方がしっかり向き合って選考が進めば、「もっといい会社が…」「大手も見てみたい」という意識にはならないのかもしれません。そもそも比べるという意識自体、目的とは違うのではと感じさせられます。

 

この就職活動は、お二人にとってどんな経験になったのでしょうか。

 

白鳥さん 「院に進むことを考えていたので、選考に進んだのはSpeeeだけでした。その1社がこれだけウマが合う会社で、本当に幸運でした。Speeeがなかったら、院に進んでいたと思いますね。院に進んでいれば、研究者を目指すため大手メーカーの研究職でほぼ決まりなので、ベンチャーという道はあり得ませんでした。チャレンジする貴重な経験でした。」

 

佐々木さん 「自分はどういう人生を歩んできたんだろうか、自分にとって幸せってどういうことなんだろうか。自分を知らないと社会のことも知ることができません。自分の価値観、ワクワクすること、将来の夢を明確化できたと思います。またそれにプラスして、社会に対する理解が深まりました。学生として日々過ごしていると、生活領域が狭いので社会に対する理解の範囲が狭いですよね。就活によって、社会にあるいろんな構成要素に目を向けることができて、いい経験でした」

 

就活は、出会いと、学びと、経験。今しかできない経験を、自分ならではの判断軸で社会と向き合ったからこその結論です。

 top4

最後に、このお二人の採用理由を、Speeeの採用担当である鈴木さんに伺いました。

 

鈴木さん 「Speeeの採用基準の一つに会社のカルチャー=“Speeeカルチャー”を体現しているか、というものがあります。二人のプロフィールを見て、勉強してきたこと、感じてきたこと、行動してきたこと、そのものがSpeeeのカルチャーを体現していて驚きました。二人とも、私がオファーを出したのでよく覚えています。

 

白鳥くんは、プロフィール上で“学生の本分を全うすること、謙虚に学び続けること”をアピールポイントにしていました。学生生活という有限な時間を有意義にするためには、非常に本質的で重要なことですよね。自分の将来に対して何をやるべきなのかを明確に理解し、そこにアプローチしていることが明白でした。また、白鳥くんの学びに対する向き合い方は、まさにSpeeeのカルチャーの一つである『知的好奇心の探究』を体現しているように感じました。一般的に言うと、地方に比べると都市部の方が企業が集まっているため、集まってくる情報が多く、学生も機会が得やすい現状があります。その中で、白鳥くんは、山形という地でありながら、自ら機会を生み出し、自分がやるべきことに対して没頭しており、非常に魅力的でした。

 

 佐々木くんは、Speeeカルチャーでいうと、『素直・謙虚・率直』、そして『脱・受け身』の姿勢がプロフィールから感じられました。過去の苦い経験を包み隠さずに詳らかに話している姿に彼の率直さや、弱い自分を受け止めることが出来る素直さを感じられるプロフィールでした。印象的でしたね。自分が形成された体験を変に隠さず、謙虚に等身大の自分を見せ相手に伝えようとしているところに人間的成熟度の高さも現れていました。また、常に高い目標を掲げ、果敢にチャレンジしていく姿や自ら機会をつくりつかみとっていく姿に『脱・受け身』の姿勢を感じ、この子はSpeeeっぽいな、と思いオファーをさせて頂きました。 」

 

プロフィールをきちんと最大活用すれば、会う前から自分の情報を本質的に、そしてこれだけ深く相手に伝えることができます。それでは採用理由はどうだったのでしょうか?

 

IMG_3809 (2)

鈴木さん(写真) 「佐々木くんは、壁にぶつかった時に乗り越える力がとても高いと感じています。常に高い目標を掲げ、挑み続けているのですが、面談で過去のエピソードを聞いてみると、内省することが習慣化されており、自分の課題を素直に受け止め改善する力があるので、彼は圧倒的なスピードで成長していくイメージが湧きましたね。また、佐々木くんは組織に愛着を持ち、組織成長の為に高い視点で物事を考えられる学生さんなので、これからSpeeeが世界に通用するベンチャー企業になっていく上で組織の課題を解決してくれるような解決者になって欲しい、と期待しています。

 

白鳥くんは、理解力の高さと物事を論理的に突き詰めて考えていく姿勢がとても評価されています。初回の選考が座談会だったんですが、彼はSpeeeカルチャーをホームページで全て読みこんで、自分で語れるまでにしてきたんです。他の学生も数人が参加した座談会の場だったのですが、初めてSpeeeのオフィスにきた彼がSpeeeを語っているようにひとりで引っ張っていくような形になって。その時に、抽象的な概念を自分の経験に基づいた言葉で理解し落としこむことが出来る思考力の高い子なんだな、と感じました。その後面談を重ねていく中で、彼の研ぎ澄まされた価値観や謙虚さ、そして誠実な姿に惹かれ、一緒に働くことになりました。 」

 

インタビュー中、“Speeeカルチャー(文化)”という言葉がよく出てきました。結局のところ、この部分が合わなければ「合わない就職、合わない採用」ということになり、離職率も高くなります。白鳥さん、佐々木さん、鈴木さんから出てくる言葉、大切にしている考えはよく似通っていました。カルチャーや価値観がピッタリ合う、ジャストフィットな内定となったようです。

 

End.

(文:松田 真弓)

 

 


OfferBox利用者の写真
OfferBox ようこそワクワクする就職活動へ。 自分らしく就活したいあなたへ
新規登録(2015年,2016年3月卒業の方)