2012年2月~2014年7月まで、約2年半もの長期にわたって中国に留学していた上村さん。まさに就職活動まっただ中の時期も中国にいたため、インターネット上で就活ができたら便利だなと思ったのが、OfferBoxに登録したきっかけだったそうです。

2014年4月に、OfferBoxを通してオフィスナビ株式会社様に入社された、佐々木克嘉さん、古川笙太さん。入社一年目にも関わらず、バリバリ活躍中と噂のお二人にインタビューさせていただきました。

留学や、取り組んでいる活動がまだまだ忙しい人もいます。その時間も、自分の価値観や核となる考え方を育む大切な時間。就活しているにしろ、そうでないにしろ、どんな時間を過ごしているのか、それが大事ですね。

OfferBoxユーザーは、インターンのオファーを受ける人も多く、夏のインターンは盛り上がりました。サマーインターンに参加した人は、現在どんな状況なのでしょうか?レポートしていただきました!

Offer Boxを一言で言うと就職活動の幅を広げるツールですね。見ていない業界からもオファーが届くので、どうしても視野が狭まってしまう学生にとってはいい意味で悩ませるツールでした。

知人から面白いサイトがあるよと教えてもらい、Offer Boxに登録しました。大学までは自分の意思・直感で自分の行っても一様に楽しく過ごせると思いますが、就職活動は自分のプライドや直感で決めて楽しく何事も無く過ごせる訳ではないのは周知の事実であり、だからこそ企業と学生がお互いに理解することが必要だと思います。自己PRを見てもらい、自分に合いそうと企業が判断してくれ、選考を受ける。といったオファーボックスのシステムはとても柔軟で魅力的に感じました。

「僕はOfferBoxを利用したことによって、早い段階でこれまでの自分を振り返ることが出来ました。また、オファーを頂けたことによって、社会の現場を見ることもできました。一番感じたのは、視野が広くなったこと。今から、志望職種を営業に絞る必要もないですし、業界も絞る必要もないと感じました」

和歌山の自宅から、毎日往復5時間かけてキャンパスまで通っていたという、桐本真理さん。毎日の通学時間に本を読み、年間100冊を読破(しかも読書だけでなく大学の課題も電車の中でこなしたと言うから強者!)。そんなエピソードも、強みとしてプロフィールに表れています。

「僕は、口下手で人付き合いが苦手だと思っていました。コンプレックスだったんです。でも、内定者同士で話したり、企業の方々と話す中で、そんなことないんじゃないかと思うようになりました。内定企業からも“河本さんは、いろんな人とコミュニケーションがとれる人ですね”と評価してもらい、自信がつきました」