研究室に後押しされて始めた就活、IT企業に内定した2人にインタビュー【東京工科大学】 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

use_top

【右】高橋 穣次さん / JOJI TAKAHASHI
東京工科大学 メディア学部 メディア学科
グルメ系インターネットサービスを提供するIT企業に内定
2018年卒

【左】小山 剣さん / TSURUGI KOYAMA
東京工科大学 メディア学部 メディア学科
ECサイト構築サービスを提供するIT企業に内定
2018年卒

今回は、東京工科大学メディア学部の高橋 穣次さんと小山 剣さんをインタビューしました。現在同じ研究室に所属する2人が初めて会話を交わしたのは、就活イベントだったそうで…?

 

研究室に入るまでの学生生活

ofb2

OfferBox事務局

まずは、どんな学校生活を送っていたのか教えていただけますか?
use_takahashi

高橋さん

私は専門学校を卒業後、編入でこの大学に入学しています。3年の後期に研究室に入るまでは何もしてなかったというか、普通に授業して帰って寝てゲームして…という感じでした。
でも、専門学校にいた成績オールSのすごい優秀な人達が10社ぐらい落ちている姿を見ていたこともあり、編入した当時から就活を視野に入れていました。
ofb2

OfferBox事務局

アルバイトやサークルは?
use_takahashi

高橋さん

スポーツ系のサークルに入っていたのですが、自分には合わないと感じてやめてしまいました。
アルバイトに関してはアルバイトよりもインターンの方が成長できるという話を聞いて、長期インターンを探していました。
ofb2

OfferBox事務局

なるほど、インターンの話はまた後ほどお伺いしますね。小山さんはどんな学校生活を?
use_koyama

小山さん

僕らの所属するメディア学部はできることの選択肢が多いので、かえって自分が何やりたいのかって漠然としていて。音楽系、ゲーム系、画像系、動画系…いろんな分野をつまみぐいしながら、結局自分のやりたいことってなんだろう?って状態のまま3年生になってしまって。

 

応募したインターンシップは全滅?!

ofb2

OfferBox事務局

バイトよりも長期インターンという話がありましたけど、高橋さんはどんなインターンシップに参加しましたか?
use_takahashi

高橋さん

私もアプリ系、もしくはWEB系を開発したいなと思って。エンジニアの経験も積んでいるし、どこかは採用してくれるだろうと最初は期待していて。だいたい30件ぐらいエントリーや面接をしたのに、どこにも受からなくて。
ofb2

OfferBox事務局

え!?全滅ですか?
use_takahashi

高橋さん

はい。長期は全滅です(笑)
長期以外では1Dayや2Dayインターン、2週間インターンなど短期のものは参加しました。名古屋に飛んだこともあります。
ofb2

OfferBox事務局

名古屋まで?行動力ありますね!
use_takahashi

高橋さん

というのも、私は考えるのが苦手で。頭じゃ敵わないから、とりあえず行動しまくろうと思って。
ofb2

OfferBox事務局

とにかくできることは行動しまくったと。小山さんは?
use_koyama

小山さん

実は僕もインターンシップの面接には行ったんですが全部落ちまして。3社の選考なしの1Dayインターンに行ったのみ。うちの学校は5日以上のインターンシップに行くと単位がもらえるので、研究会でもその単位を取るというミッションが課されていたんですが、僕、実はそれ達成してなくて。
ofb2

OfferBox事務局

小山さんも思うようにいかなかったんですね。代わりに何か活動をされましたか?
use_takahashi

高橋さん

就活界やベンチャー界で有名な人に会ってピザをつまみながらお話しする、みたいなイベントに参加しました。エンジニア限定とか、エンジニアとITベンチャーの合同説明会みたいなものにも行ったことがあります。そこでもやっぱりピザは出てくるんですけど。
use_koyama

小山さん

出てくるね。笑
ofb2

OfferBox事務局

エンジニア向けのイベントって、ピザは絶対出てくるもの?
use_takahashi

高橋さん

ピザと寿司と酒は出てくる!
use_koyama

小山さん

俺寿司出てこなかった!
use_takahashi

高橋さん

え?でなかった?マジで?寿司出てきたよ。
use_koyama

小山さん

食べたかったなあ…。

use_midle

就活イベントが初対面

ofb2

OfferBox事務局

インターンシップの単位をとる以外にも、研究室で推奨された就職活動はありましたか?
use_koyama

小山さん

3年の9月あたりから、自己分析と自分の興味がある業界の企業を10社ずつ調べるという業界研究を始めました。あとは、選考する人と選考される人に別れてロールプレイングをして、選考する側の立場を考えたりとか。
ofb2

OfferBox事務局

早いうちから就活を始められていたんですね。エンジニア向けの就活イベントって早くから開催されていますが、意識の高い学生が多そうですね。
use_takahashi

高橋さん

やっぱり、動く時期がものすごく早いエンジニアって、モンスター級なんですよ。自分でゲームを作って売っている人も結構いて。「俺、エンジニアできんのかな?」みたいな気持ちにはなりましたね。
use_koyama

小山さん

合同説明会とかでも「俺こんなの作ってるぜ」みたいな人が結構いて、ついていけるのか不安はありました。
ofb2

OfferBox事務局

そういう人たちがいる中でも、楽しかったというか記憶に残っているイベントはありますか?
use_koyama

小山さん

ITベンチャーやエンジニア向けの説明会や選考は、固くなくてフランクな感じが多かったと思います。ゲームみたいなイベントあったじゃん?
use_takahashi

高橋さん

ああ、そうだよね!あれが初対面だよね!
use_koyama

小山さん

そうそう、あれが初対面だよ!僕たち、たまたま同じイベントに参加していて、同じグループでグループワークして。
use_takahashi

高橋さん

たまたま、隣にいたんですよ。あれ?なんか見たことある名前だなと。
ofb2

OfferBox事務局

その時はお互い知ってるわけじゃなかったんですね。
use_takahashi

高橋さん

名前だけ知ってたでしょ?
use_koyama

小山さん

名前見て、あ!って。
use_takahashi

高橋さん

お互いを見て、あ、あ、あ!みたいな。

 

同じ時間で2倍活動できた就活

ofb2

OfferBox事務局

OfferBoxを使ってみていかがでしたか?メリットはありましたか?
use_takahashi

高橋さん

メリットだらけです!まず、自分を認めてくれているのが分かるので、「俺でもできることがあるんだな、受け入れてくれるところがあるんだな」と思えました。
一番最初に有名企業からオファーが来て、こんなに有名な企業にオファーいただいていいの??と思ったのが印象に残っています。そういう大企業でも自分を見てくれるんだなあと。
use_koyama

小山さん

普通のナビを使うだけでは絶対に時間の制約があるんですけど、OfferBoxなら自分で探してる間に企業側からも来てくれるから、同じ時間を使って2倍の活動ができるなって思っていて。それで多くの企業見つけられたのは大きかったです。
あと、自分から選考エントリーする場合と違って、ある程度認めたというか、自分のプロフィールや経歴に興味を持ってくれたからオファーを送ってくれたって思うと、それだけで気持ちのアドバンテージがあると言いますか。ゼロからじゃないので。
use_takahashi

高橋さん

わかる!
ofb2

OfferBox事務局

余裕がありますよね。
use_koyama

小山さん

OfferBox経由で説明会に行って、話を聞いてきたときは、無駄になることがあまりなかったですね。自分で選ぶ時はそこまで1社1社みっちり調べてからエントリーする訳ではなかったから、説明会に行っても「なんか違うな」と思うこともありました。
OfferBox経由の場合は、だいたい自分の興味ある分野とか、自分のためになることが聞けたのも良かったですね。
ofb2

OfferBox事務局

なるほど!入社に至らなかった会社も含めてマッチしている企業に出会えたなら、OfferBoxの運営として嬉しいです。内定先の選考はどう進んで行きましたか?
use_takahashi

高橋さん

内定先からは、アイディアソンに参加してみませんか?というオファーを頂いて。「行ってやろうじゃねえか!エンジニアでも企画・提案をできるってことを教えてやるぜ!」って燃えましたね。笑
その時に、人事の方をはじめエンジニアの社員の方とも仲良くなって。人として温かいというか、すごい話しやすかったんです。社員同士で話しているところに私がぱっと入っても、ぱっと包んでくれるというか。一瞬で輪に入れてくれる感じがあって。
ofb2

OfferBox事務局

会社の雰囲気に好印象を受けたんですね。
use_takahashi

高橋さん

はい。なので、実は一度はお断りしたんですが、是非と言っていただいたので選考も参加することにしました。
説明会の日に一次選考で、あらかじめ提出しておいたESのようなものを元に質問を受けるという形でした。次に適性検査があり、最終選考です。
たぶん選考フロー自体は一般の学生とそんなに変わらないと思いますが、特別枠感がありました。選考自体も難しいどころか、むしろ楽しかったぐらい。
ofb2

OfferBox事務局

一度は断ったというのは?
use_takahashi

高橋さん

実はその時、すでに内定を1社いただいてて。迷ったんですが、折角オファーをいただいたし、アイディアソンにも参加したんだからと受けることにしました。
ofb2

OfferBox事務局

小山さんは内定先からどんなオファーを?
use_koyama

小山さん

他の企業の説明会だと、最初に出てくる人は人事の方が多いですが、内定先からのオファーに「当日は代表もお会いしたいと申しております」と書いてあって。最初からトップのCEOと話すことになるの??とびっくりしつつも、それならこっちも全力でやってみようかなと。
use_takahashi

高橋さん

それって、個人?説明会?
use_koyama

小山さん

個人。だから、代表補佐と代表の2対1で。その面談を受ける前に、事前に性格診断のテストとエンジニアのレベルテストを受けたんですが、エンジニアの方のテストは、たぶん0点だったんです。
use_takahashi

高橋さん

まじで?
use_koyama

小山さん

まじで。面談の方も手応えがなくて。「だめだったなー」なんて思いながら帰ったんです。
ofb2

OfferBox事務局

手応えがなかったのに、そこからどうして内定に?
use_koyama

小山さん

帰り際に「読んでみて」ってCEOの方に言われた本がありまして。あとあと分かったんですけど、内定先の社員が全員読んでいる本だったんです。今日お持ちしたんですけど…

use_bottom

ofb2

OfferBox事務局

7つの習慣!人気の自己啓発本ですね。
use_koyama

小山さん

これを読んだ読了感想文を送ってねって言われていたので、感想文を送ったら、「感想文ありがとう。もう一回、性格診断を受けてみない?」と連絡がきて。
それでもう一回性格診断を受けてみたら、数値が変わっていたんです。そうしたら「マインドの変化を感じましたのでもう一回面接を受けてみませんか?」と提案をいただいて、最終面接を受けました。エンジニアテストに落ちて、感想文を送ったら、最終面接行ったていう…。
ofb2

OfferBox事務局

起死回生と言うかなんと言いますか…。
use_koyama

小山さん

本当に奇々怪界なフローでした。それで、最後に面接を受けて、その日のうちに内定の通知をいただきました。テストがダメだったので、エンジニア職ではなく総合職としての採用ではあるんですが。
ofb2

OfferBox事務局

もともと志望されていたエンジニア職ではありませんが、その点は納得はされていますか?
use_koyama

小山さん

一応、今は総合職での内定という形ですが、入社前の準備次第でエンジニアとしての可能性もあると言われているので、エンジニアの課題の勉強もしています。なので、総合職だったからがっかりってことは全然ないですね。
ofb2

OfferBox事務局

なるほど!エンジニアとしての道へ進めるよう、課題頑張ってくださいね。

 

OfferBoxユーザーへのメッセージ

ofb2

OfferBox事務局

最後に、OfferBoxユーザーのみなさんへのアドバイスをいただきました。お二人とも卒業研究でお忙しいところありがとうございました!