OfferBoxで出会った私が挑戦したいと思えること – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

二階堂さくらこさん

今回お話しを伺ったのは人と関わることが好きでボランティアサークルに熱中されていたというN・Sさん。しかし昔は積極的に人と関わるタイプではなかったそうです。そんな彼女の学生生活、就活についてお話しいただきました・

 

 

内向的な自分を変える

――大学生活で一番頑張って取り組んだことはなんですか?

大学時代は国際ボランティアのサークルの活動に一番頑張って取り組みました。

 

――具体的にはどういった活動をされていたのですか?

活動内容はインドに雑貨を直接買い付けに行き、それを国内で販売し、その売り上げをインドの学習環境改善に還元するという活動をしていました。主に関東圏のイベントなどに出店し販売していました。

 

――インドまで!すごいですね!!なんでボランティア活動を始めようと考えたのですか?

実は高校時代まではすごく内向的でした。しかしあるときにそれがすごく退屈に思えてきたんです。そういう自分を変えようと大学に入る際にいろんな人と関わって物事に取り組みたいと考えました。そしてボランティアサークルでそれができると思い、新歓をたくさん回って海外志向の活発でかっこいい先輩がたくさんいたこのサークルに入りました。

 

――実際サークルに入ってみて変わりましたか?

はい。サークル活動を通して自分から積極的に周りの人と関わろうとするようになりました。最終的にはサークルの副代表を務めさせていただきました。

 

――副代表にまで!!自分を変えようと取り組み本当に変えることができたのですね。

 

 

就活では自分が何をしたいか、何に興味があるのか見つけることに苦労

――就職活動はいつから始めましたか?

サークルの副代表の任期が3年生の前期で終わったのでそこから始めました。最初はやみくもにいろんな説明会に参加したり選考、インターンに取り組んだりしました。そこで現在の内定先の職種であるエンジニアに出会いました。

 

――就活対策みたいなものは行いましたか?

あまり対策という対策はしませんでした。たくさん選考の場数を踏んで慣れていき、フィードバックなどをもらいながら就活を進めていきました。

 

――場数大切ですよね。就活で苦労したことはありましたか?

自分が何をしたくて何に興味があるのかを見つけることがすごく苦労しました。
最初はIT系ばかり見ていて実際内定もいただけたのですが、なんか手ごたえがなくて。なのでこのままやめると絶対後悔すると思い今年の4月から本当に自分がやりたいことって何かを見つけようと改めてIT系、エンジニア以外に視野を広げて就活を再開しました。

 

――自分のやりたいことを見つけることってすごく難しいですよね。

 

 

オファーボックスがやりたいこと見つける手助けに

――オファーボックスはいつから使い始めましたか?

オファーボックスは今年の6月から登録しました。当時は自分に合う企業を探すことが難しくてすごく焦っていました。それで企業さんからアプローチがあるオファーボックスに登録しました。

 

――登録してみてどうでしたか?

プロフィール欄に過去の自分を振り返るところがあってそこで今まで気づかなかった自分に気づくことができました。
それまであまり思い返さなかった飲食店でのアルバイトの話を書いたのですが、書くことによって自分がどういう仕事がしたいのか、どういう風に仕事に取り組みたいのかなどを明確にすることができました。飲食店のアルバイトの経験が、エンジニアとしての仕事の姿勢にも通じるところがあるのではと思い、改めてエンジニアを志望するようになりました。

オファーボックスに登録することにより今までと違う角度から自分を見ることができました。

 

――オファーボックスを通してエンジニアとして働きたいと再認識することができたんですね!!

 

就活は早く動き、自分が何をしたいのかをしっかり見極めるべし

 ――これから就職活動に18卒の学生に何かアドバイスはありますか?

自分が何に興味があって何がしたいのかを見つけることがすごく大変なので、できるだけ早く動きだしたほうが良いと思います。私の場合は最初IT企業ばかり見ていて途中で視野を広げ、また絞るということをしました。

それも三年の夏から早めに動いていたからできたことだと思っています。あと早めに動いて同じ業界のいろんな企業を受けているとその業界がどういう人を求めているのかもわかってくるので選考も有利に進めると思います。

 

――やりたいことを見つけるためのアドバイスはありますか?

就活をしていると周囲の考えに流されそうになりますよね。大手が良いとか福利厚生とかどういう企業が安定しているとか。そういう固定観念に引っ張られないようにすることが大切だと思います。固定観念に引っ張られず自分としっかり向き合って自分なりの一番良い企業を見つけてほしいと思います。
そのために自己分析や企業研究はすごく大事だと思うのでしっかり取り組んでほしいと思います。

 

 

就活は早く動き、自分が本当にやりたいことを見つけることが大切とおっしゃるN・Sさん。
就活に非常に満足されている印象を受けました。