OfferBoxに寄せられた就活あるある!<面接・グルディス編>

  • LINEで送る

先日のOfferBoxロゴリニューアルキャンペーンでユーザーのみなさまから沢山の就活あるある》をお寄せいただきました!

第1弾では《服装》にまつわるあるあるをご紹介しました。

第2弾でご紹介するあるあるのテーマは《面接・グルディス編》です!

グループ面接で他の学生が自分よりも堂々と発表していたり、経歴が輝かしかったりすると思わず萎縮してしまいますよね。

中には””緊張しやすい環境下で、堂々と発表できるメンタルのタフさがあるか””を評価している企業もあります。入念に準備をした上でグループ面接に臨みたいところです。

自己PRと企業分析などを絡めて考えた上で、しっかりと採用担当者にアピールしましょう!

 

「話したいことはしっかり準備できたけど、話す練習はあんまりしてなくて頭が真っ白になった・・・」

自分も緊張しやすいタイプなので、痛いほど分かります・・・・

面接を受ける前には大学のキャリアセンターなどに行って面接の練習をするのも1つ手かもしれません。

OfferBoxを通じてオファーをもらった企業と面談をしてみて””初対面の人の前で話す練習””をするのもオススメです。

 

ミーシー、ブラッシュアップ、バリュー、シナジー、ボトルネック、シーズ、ファクター、ファクト、プライオリティ などなど・・・
過度に横文字を使用するとかえって分かりにくくなるかもしれませんね・・・

 

発言に積極的じゃなかったのに企業の人事が近づいた時だけハツラツと発言しはじめる人居ますよね。

グループディスカッションは最初からずっと発言しないと、いきなり意見をしにくくなってしまいます。
自分の意見を発言するのではなく、誰かの発言を整理したり、意見をまとめるのも発言のきっかけになります。

勇気を持って発言するようにしましょう!

 

いかがでしたか?

私も就活生だった時にどれもこれも経験したものばかりです。

面接は話したいことを丁寧にまとめて、話す練習をすることが緊張せず上手く喋るための初めの1歩かもしれません。

上手くOfferBoxを活用して、発言をする練習をしてみてください!

就活あるあるの第3弾は近日公開予定となっています。