• OfferBox Story
  • かけるんさん
  • 愛知学院大学 文学部(文系、学士)
  • 2021年卒

  • 就活に欠かせないアイテム

    就活生向けのスケジュール帳
    説明会や面接が多く、また急に入ったりすることも多いので、予定をしっかりと把握しておくため使っていました。

  • あなたのガクチカストーリー

    カナダに1年間大学を休学して行く予定でした。今年の3月に留学をしましたが、最近流行している新型コロナウイルスの影響を受けて日本へ帰国をしなければならない状況になってしまいました。自分の中では大変な思いをしました。
    約1か月しかカナダにはいませんでしたが、その中でも自分が思っている以上に英語力が伸びず、上達することの難しさを実感しました。ただいるだけでは何の変化もなく、自分から学びに行かなければならないと思いました。
    それからは帰国後から今に至るまで英語学習を続けています。自分の目標であるTOEICのスコア800点を取れるように日々努力をしています。私は毎日英語学習を5秒で良いからやると決めています。
    量をこなすことも大事ですが、継続することが大事ではないかと思っています。

  • OfferBoxをつかったきっかけ

    インターネットで就活の企業分析をしている時にOfferBoxの広告が流れてきて、当時はコロナウイルスの影響もあり自宅にいる時間も多かったので活用してみようと思った。

  • あなただけのOfferBox活用法

    私の場合は1年間語学留学をする予定で急遽帰国をしたので、しっかりと就活を始めたのが5月くらいからでした。そのため、まずはプロフィールをしっかりと埋めました。それだけでは検索数は増えるけれども企業からのオファーはなかなか来なかったので、何回も修正をしながら質の良いものを作りました。自分の満足できるプロフィールができても更新だけはなるべくするようにして、企業の目に少しでも留まるようにしていました。

    OfferBoxに掲載していた画像

     

    スカイダイビングの写真や自分が海外旅行に行った時の写真を載せていました。 企業の方と会って話せるわけではないので、写真だけで自分を伝えるためには、なるべくインパクトのある写真を掲載しようと考えました。みんなが掲載しないような自分だけのとっておきの写真があると良いと思いました。

  • 就活で嬉しかったこと、楽しかったこと

    自分のプロフィールの検索数が増えると見てくれている企業が多いなと思って嬉しかった。
    一番嬉しかったのは自分にオファーが来た時で、もっとオファーをもらえるように頑張ろうと思った。

OfferBox Story OfferBox Story