• OfferBox Story
  • 楢山空哉さん
  • 北海学園大学 経営学部(文系、学士)
  • 2021年卒

  • 就活に欠かせないアイテム

    コーヒーと、無印の「インテリアフレグランススティック・携帯用」です。
    集中したい時やリラックスしたい時、コーヒーを飲む事とこの商品の匂いを嗅ぐことをいつも習慣づけています。
    このようにルーティーン化することでスイッチを入れたり、緊張をほぐしたりすることができると考えるので、この2つのアイテムは必須です!
    旅行先でも常備しています!

  • あなたのガクチカストーリー

    私は自らの意思で上海に単身で留学しました。
    育った環境とは全く違う文化や生活に戸惑いながらも、私自身の偏見や固定概念を崩すことに加え、多様な価値観を学ぶことを目標に毎日を大切に過ごしました。
    その中で一番頑張ったことは、国籍や言語に関わらずコミュニケーションを取れるように活動したことです。ほとんどの学生は同じ国籍で固まったり、共通言語を持っている同士で固まっていました。
    生まれ育った国を離れ留学をしにきていることの意味がないと考えた私は、国籍や言語関係なくコミュニケーションを取れる方法はないのかと考え、友人と共にスポーツは言語を必要としないコミュニケーションツールになると考えました。
    校舎の中には誰一人も使用していない卓球台があったので卓球を利用し、わずか1週間でたくさん人から参加させてと声をかけてもらい、そこからコミュニケーションを取ることができました。
    この留学経験を通して、コミュニケーションにおいて一番重要なことは言語ではなく、相手を尊重し理解しようと努めること、そして決して諦めないことが成功の秘訣であると学びました。
    この成功体験は、多様な価値観を肯定し受け入れ成長することができるという私の強みに繋がっています。

  • OfferBoxをつかったきっかけ

    友人の紹介です。
    今ある日本の就活方法に疑問を感じていたので、逆求人型に興味を持ち使い始めました。

  • あなただけのOfferBox活用法

    私は自分の知識の幅を広げるために、オファーをいただいた企業だけでなく、検討中を押してくれた企業も調べていました。
    BtoCの企業ばかり目につきますが、BtoBの企業も知ることができました。
    また、OfferBoxは個性を尊重してくれます。ですから、私はプロフィール写真やユニーク情報などはとことん自分らしさを出しました。
    記載したユニーク情報は、オファーのコメントで触れられたり面接で話題に出たりしました。
    隠さずに自分らしさを出すことにより内定に繋がったと考えます。

    OfferBoxに掲載していた画像

     
  • 就活で嬉しかったこと、楽しかったこと

    私自身で大事にしている出来事や、力を入れて取り組んだことをオファーや面接の際に取り上げてくれたことが嬉しかったです。
    企業の方が着目してくれたことにより、自分のしてきたことに自信を持ちその後の就活に活かすことができました。

OfferBox Story OfferBox Story