2020卒向け!早期内定に近づく就活スケジュールとは

  • LINEで送る

18卒向け!就活スケジュール

2020卒のみなさん。もう4月ですね。これから就活を始める人も多いのではないでしょうか。

さて、このコラムでは「就活って具体的に何したらいいんだろう?」「とくに入りたい企業や目標はないんだけどなんかやったほうがいいような気がする」という多くの2020卒学生向けに「戦略的就活スケジュールの立て方」をお伝えします。まさか、来年の3月から就活始めようなどと考えていませんよね?夏のインターンから就活は始まっていますよ。

※2020卒のスケジュールについては4月から始められる就活!早期内定のための2020卒の就活スケジュールをご覧ください。

就活のスタートは3月1日からではない!

 

実は17卒の動向結果では、3月1日の解禁日前から内定を持っている学生は
中堅私立大学で7%、早稲田慶應クラスで23いると報告されています!

 

内定数

引用:HR総研「2017年卒就職活動動向調査」結果【2】http://www.hrpro.co.jp/research_detail.php?r_no=133

 

これらの学生は大学3年のこの時期から早めに動いているのです。
と言うとすごくハードスケジュールで頑張らないといけないと思われがちですが、3月以降は毎日説明会があったり、エントリーシートの提出締め切りに追われる日々を過ごす学生が多いです。
逆に今の時期から戦略的に就活を進めていくことによって3月以降「毎日説明会だ」「徹夜でエントリーシート書かないと」などつらい思いをすることなく、自分のペースで就活を終えることができるのです。

 

ではこれからの就活スケジュールはどういったものでしょうか?

 

これからの就活スケジュールとは?

 

就活スケジュール

【7月~9月→夏インターン】

これから3カ月は夏のインターンが行われます。
ベンチャー企業や外資系企業はここで実質「採用選考」を行っています。

 

【10月~11月→第一次内定、秋インターン】

この時期は夏のインターンに参加し、実質の選考を突破した人たちの内定が出始める時期であり、かつ秋インターンが始まる時期です。
ベンチャーや大手で選考の早い企業のインターンにいった人はここで就職活動を終えることとなります。

 

【12月~2月→冬インターン、第二次内定】

この時期は冬インターンが開催される時期です。
さらに秋インターン、冬インターンに参加した人たちがそのまま選考に進み内定が出る時期でもあります。

 

【3月~→エントリー型就活解禁】

ここからはちまたで言われている説明会解禁時期です。
これを見て3月から就活をスタートさせることはインターンに参加している人たちと比べると、遅れてしまうことになります。みなさん知らない間に出遅れていますよ。
早い人は4月、5月から夏インターン対策をはじめ、7月のこの時期には選考対策万全の状態で選考に臨んでいるのです。ではここからは戦略的計画の立て方をお伝えします。

 

就活とは具体的に何をするのか?

 

スケジュールは分かっていても、具体的に就活準備・就活始めて何をしたらいいのか分からない人も沢山いると思います。
大きく分けて就活準備は3つにわかれます。

 

就活準備その1:視野を広げる

まずまだ何もしていない、特に目標のないあなたがしなければいけないことは視野を広げることです。
今、あなたが興味のある業界や企業はあなたの現在の知識量や環境の中で感じることです。世の中にはあなたの知らない業界、企業、ビジネスモデルなどがたくさんあります。それを知らないまま、狭い選択肢の中で行動するといざ、就活を終えた時に「ほかにこんな業界もあったんだ。こんな企業あったんだ」と後悔すること間違いありません。挑戦する前から向き不向きはわからないので「ここ向いていないかも」とか「この業界興味ない」のような考えで行動しないようにしましょう。それは自然と自分の視野を狭め、可能性を潰してしまっていることになります

 

就活の最初の段階である今ははどんどん知らない、興味のない企業や業界を調べることをおすすめします。この段階ではなりふり構わず、そのとき参加できる説明会や選考会、OB訪問などをなんでもいいので挑戦してみましょう。部活動やサークルでなかなか時間が取れない方は、何社も集まる説明会に行ってみたり、先輩から話を聞いてみるのもいいと思います。

 

視野を広げるためにインターンに参加したいという方は、選考が必須になるかと思います。グループディスカッションのなどの記事を事前にチェックしておくだけでも全然違いますよ!

グループディスカッション突破講座1 GDの流れ

グループディスカッション突破講座2 GDの評価

 

就活準備その2:絞る

ある程度視野を広げることができたら企業や業界などを絞っていきましょう。
絞るための方法として代表的なものが2つあります。

 

1.自己分析

自己分析をすることにより、自分の指向性や強み弱みなどが見えてきて、向いている業界、興味のある業界などがおのずと見えてくるでしょう。
具体的な方法については他のコラムで紹介しています。

後悔しない自己分析:脱過去の羅列自分史編

後悔しない自己分析:自分を解き放つ分析編

本当に役立つ自己分析本3選:本を味方にする就活のススメ!

 

2.企業・業界分析

企業、業界分析を行わないと、絞るためにだんだん材料がありませんよね。
企業、業界をしっかり分析したうえで、自己分析と照らし合わせながら絞っていきましょう。

 

就活準備その3:本選考を受ける

業界や企業が絞れて来たら、あとはひたすら受けるだけです!業界内でも知る人ぞ知る優良企業なども存在するので、情報収集しながら受けていきたいですね。
早く就活を始めたい方はエントリー型よりもオファー型のサイトやイベントに参加することをおすすめします。大手・ベンチャー時期関わらず、オファーが来るので選考を早めに進むことが出来ます。
OfferBoxもぜひ使ってみてくださいね。

 

面接前にコラムをチェックしていくといいですね。

これで内定?学生時代頑張ったことを効果的に伝える方法

面接で合格を勝ち取る!効果的な1分自己紹介とは

面接に落ちる人の特徴と回避する3つのポイント

 

この3ステップが就活王道パターンです。これを意識して就活を進めていきましょう。では就活計画はどうやって立てたらいいのか関連記事早期内定2020卒就活スケジュールはこう立てろ!から紹介しているので読んでみてください。

いかがでしょうか?
今なにしたらいいのかわからない!けど不安だという学生さんの一歩の手助けが出来たらと思っています。
早くから選考を始めて、自分らしい就活を送りましょう!