就活前に読むべきキャリアの選択肢を増やす本3選

キャリアについて考えさせてくれる本

 

“キャリア”と聞いてあなたは何を考えますか?
『メンドクサイ。考えてもわからない』と思う方が多いのではないでしょうか?

 

実は、キャリア(career)の元々の意味は“轍(わだち)”。轍とは車が通った後にできるタイヤの跡のことです。つまりキャリアとは今までの経験、培ってきた能力、今の自分自身を形作った要素を指します。 そしてその轍は、車が走り続ける限り続きます。就活とは今までの轍を振り返って、これから進む方向を考える重要な分岐路です。

 

今回はあなたのこれからのキャリアを作っていく際に、その選択肢を増やしてくれる本を選んでみました。

 

ちょっとお節介、でもこんな先生いてほしい
『これからを生き抜くために大学時代にすべきこと』/
許光俊

『これから生き抜くために大学時代にすべきこと』
著書:許光俊
出版社:ポプラ社
Amazonページはこちらから

 

慶應義塾大学法学部の教授が書かれた本です。教授という身近な大人なので、学生たちから人生相談を受ける機会が多かったのだそうです。それを受けて自分自身の学生時代や教師経験を振り返り、この本を書いたそうです。
タイトルの通り、この本では“大学生活ですべきこと”が、本当に教授が書いたのかとびっくりするくらい事細かに記してあります。

 

繰り返し『大学生の本分は迷うこと、迷うことで人は成長する』と言い切る作者の温かさに多少の失敗を恐れなくていいという安心をもらえます。何か失敗して「あんなことしなきゃ良かったのになぁ…」と思うこと、ありますよね。その失敗もあなたのこれからのキャリアに繋がるのです。前向きに考えさせてくれる1冊です。

 

内容はアルバイトや恋愛術といった、正直「ほっといてよ!」と言いたくなるようなところから(もちろん、これもキャリアです)、就活の心得までぎっしり。最初から最後まで、まるで親戚のおじさんのようにアドバイスをくれます。この本の中でおすすめされている芸術家岡本太郎さんの『自分の中に毒をもて あなたは“常識人間”を捨てられるか』も、刺激的ですごく面白いのでおすすめですよ。

 

  

さあ社会人だ! なんて、誰も思えません。
『「働きたくない」というあなたへ』/
山田ズーニー

『これから生き抜くために大学時代にすべきこと』
著書:山田ズーニー
出版社:河出書房新社
Amazonページはこちらから

 

この本は作者に寄せられた、学生からサラリーマン、主婦まで様々な人々のお悩みに答える方式で展開してきます。多くのお悩みに共通しているのは、「一生懸命今まで生きてきたけれど、満足できていない」ということでした。
読んでいて、非常にリアルで境遇は違えど共感するものが沢山ありました。『辛い状況には誰しもが突き当たるものだ』という当たり前のことを思い出させられました。

 

作者自身の独立後起業した経験も語られていますし、「母の強さ」など女性の興味を引くようなトピックも含まれています。その中で印象的なのが、力強いこの言葉です。

「私は、選択というものは、決めるときより、その後を生きるほうが何倍もしんどいと思っている。前に進む選択をした人に、むしろ、つらい時期がくるのは当然ではないか。だから、つらくなったっていい。その選択は間違っていない、ということを、伝えたい。」(P.146)『「働きたくない」というあなたへ』

必死になっていると忘れそうになることをしっかりと取り戻してくれる一冊です。

 

 

本気で起業を考えている人向け
 『ゼロ ―――何もない自分に小さなイチを足していく』/ 堀江貴文

『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』
著書:堀江貴文
出版社:ダイアモンド社
Amazonページはこちらから

 

ニュース番組やネットを常に騒がせている、タレントとしても企業家としても、異端児である堀江貴文さんの著書です。内容は前半が自伝、後半がキャリア形成についてです。

 

自身が今まで経験してきたことを赤裸々に、少し自虐的に語られていて、ドキュメンタリーを見ているような気分で読めます。前半の自伝部分はぞっとするほど、現実の厳しさを感じられます。 後半になると、盲目的になりがちな「カネ」にまつわるお話や「働く意味」についてなどが書かれています。作者の発想と言葉選びが面白いので、どんどんページが進みますよ。

 

やりたいことがないという方も、やりたいことのある方も、どちらの背中も押してくれます。何よりテレビではキテレツに映る“堀江貴文”という人間の考える基準が、垣間見られてとても濃い一冊です。
※ちなみに、堀江貴文さんのCakesで著書『ゼロ』への想いや経緯が書かれているので、まずはCakesを読んでみてはいかがでしょうか?
【第0章 それでも僕は働きたい https://cakes.mu/posts/3102

 

以上、キャリア形成に役立つ3冊を紹介しました。就活も大切なキャリア形成の1つです。この機会にぜひ読んでみてくださいね。

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る