「就活って何からやればいいの?」を解決!就活基礎本

就職活動には、明確なスタートやゴールがありません。
高校受験のように全員が同時期に準備や勉強に取り組むわけではないですし、個人の情報収集力も就活に大きく左右します。しかし、「自己分析しなくちゃ」「企業分析や業界分析も」と思う割には、何から手を付けていいのかわからない方いらっしゃいませんか?
というわけで今回は、就活って具体的に何をすることなの?自己分析のゴールって何?という方におすすめの本をご紹介します。

 

本当にいつ!何を!どうしたらいいのか教えてくれる!

就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ! 2018年度
著者:就職情報研究会
出版社: 実務教育出版
Amazonページはこちら

・・・大丈夫です、著者を見ておじけづかないで下さい。 むしろ他の就活本よりオーソドックスで読みやすいのではないかと思います。 こちらは毎年改訂して出版される、就活にまつわるアレコレがふんだんに書かれた、いわゆる『就活のガイドブック』です!何から手をつけていいのか困ってしまう就活で『ガイドブック』があれば最高ですよね。

目次(p.12)

第1章     就活って?
第2章 まずは情報を収集する
第3章 業界地図
第4章 職種図鑑
第5章 見た目とマナーで第一印象アップ
第6章 エントリーシート・履歴書の書き方
第7章 筆記試験対策
第8章 面接対策講座
第9章 就活あれこれお悩み相談
第10章 自己分析

見てください、この目次の詳しさ!全239ページもあります。 1ページ目をめくるといきなり載っているのが、「就活スケジュール」。他にも、近年の就職環境についてや、就活用語のページまであるのです。 「いつ・何を・どう」始めればよいかを徹底的に示すというコンセプトを掲げているだけあって、内容は最初から最後までかなり濃密です。「情報が多すぎて疲れる!」という方は逆引き索引もついているので、自分の知りたいことを調べる時に手元に置いておいて事典代わりに使うことをおすすめします。1冊あればまず困ることはありません。

 

例えば、何となく先輩たちから話に聞いている『就職活動』ですが、実際、いつどんなことをして、どうなれば良いのか知りたいときも、『就活のスケジュール・いつ・なにをやる?(P2)』を読んでみてください。先輩方の就活スケジュールを基に出来ているので、「今の時期は何をするのが正解なんだろう?」にも答えてくれます。 志望企業を決める軸はどうやって考えるのか、就活が本格化するまでにやっておきたいこと。また、キャリアセンターの有効な利用の仕方なども取り上げられています。ぜひ、自分の通っている大学のキャリアセンターに、この本を参考にしながら訪れてみて下さい。

 

分からないことだらけのこの時期に、心の安定剤として読んでみてはいかがでしょうか?

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る