理解すると就活が楽しくなるOfferBoxの機能ー2020年卒 就活後半編

大学4年生の秋ごろになると就活も後半戦に入ります。内定式も目前になると大学4年生や修士2年生に対する採用は下火のように思われる学生さんも多いのではないでしょうか。ところが、内定辞退の補填採用や通年採用など企業規模に関わらず採用を継続している企業が多く存在します。

また就職活動時期も後半になるとライバルである就活生も激減しますので、意外とこの時期はチャンスが転がっているものです。

今回は、OfferBoxで就活後半に効率よく企業からアプローチを受けるためのヒントをご紹介します。OfferBoxの機能を理解することで思いもよらなかった企業と出会えるチャンスが高まりますよ。

就活後半でも企業はオファーを送付

OfferBoxが公開している時期別オファーの送信状況を見てみると、オファー送信は大学4年生(修士2年生)の3月~6月にピークを迎えますが、秋以降もオファーの送付は継続することがうかがえます。2020年卒の就活後半である10月以降でも約3万通のオファーが流通することが予想されています。
就職活動を終了する学生が増え競争相手が減少することを考えると、オファーを獲得するチャンスがぐっと高まると言えるでしょう。

企業から「プロフィールの充実のお願い」が届いたらオファー獲得のチャンス

もっと書いて機能

「プロフィールの充実をお願いされています」というメッセージが届くことがあります。これは、企業があなたのプロフィールを見てオファーを検討しているけれど、情報が少なくオファー送付の判断が付かない場合に、学生に「プロフィールをもっと書いて!」とお願いできる機能です。

1社から「プロフィールの充実のお願い」が届いたということは、他にも複数の企業がオファーを検討している可能性がとても高いのです。

また、具体的にプロフィールのどの部分を充実させて欲しいのかが示されています。
「プロフィール充実のお願い」が届いたら、オファーがもらえるチャンスですので、速やかに入力をして、企業担当者にアピールしていきましょう!

実は学生から企業にアプローチも可能ー「私を見て」と「会いたい」機能

OfferBoxはそもそも企業から学生にアプローチできるサービスですが、ある一定の条件を満たした場合、2つの方法を使ってオファー受信前の段階で学生から企業にアプローチすることが可能です。

それぞれの条件と機能を見てみましょう。

「私をみて」とは?

気になる企業があった場合、「私を見て」を使って企業にあなたの存在をアプローチすることが可能です。
ただし、全ての企業にアプローチできるわけではなく、「あなたにマッチした企業」としてレコメンドされる企業に対してのみ「私を見て」を送付することが可能です。

レコメンドされる企業は定期的に更新されるため、定期的にログインをして対象企業を確認してみてください。またプロフィールの入力率が80%以下の場合、この機能は表示されませんので、万が一「あなたにマッチした企業」が表示されていない場合、プロフィールを入力することで最大4社の「あなたにマッチした企業」が表示されるようになります。

※この機能は、全ての方がご利用できる機能ではありません。
※条件を満たしている方だけに、マッチした企業が表示されます。

日頃より定期的にOfferBoxにログインし、プロフィールの内容をブラッシュアップしながら就活を進めてみてください。

「会いたい」とは?

会いたい機能

「私を見て」と同様に学生から企業にアプローチできる機能の1つが「会いたい」です。
あなたへのオファーを検討している企業があなたに「検討中」を送付した場合、あなたから興味のある企業に対して「会いたい」でリプライすることが可能です。

あなたも企業に対して興味を示していることが分かり、オファーを獲得できる可能性がアップします。

注意したいのは、あなたのプロフィールが十分でなく企業がオファー送信の判断がつかないため「検討中」に入れてオファーを保留している場合があることです。
その場合はいくら「会いたい」を送ったところで、あなたのプロフィールが記入されない限りオファーが届くことはありませんので、すぐにプロフィールを見直してあなたらしさが伝わる自己PRを書いて見ましょう。

※検討中入りは、あくまでもオファーをするかどうか考える「検討段階」ということですので、「会いたい」通知を送付しても必ず企業からオファーが届くという確約はございません。

プロフィールを入力してオファーを獲得しよう

あなたのことを企業に伝えるためには、プロフィールを入力することは必要不可欠です。企業はプロフィールに記載されている内容をオファーを送付する際の判断材料にするためです。

プロフィールの入力率を80%以上にしておくことでオファーが届く確率は93.6%に。

特に「自己PR」、「過去のエピソード」、「アピールポイント」はあなたらしさをアピールするうえで必須の入力項目です。これまでの就活の中で作成したアピールをコピぺするだけでも問題はありません。まずは入力をしておくことが重要です。

以下の入力項目ごとの入力率を参考にプロフィールを再度見直してみてください。

  • プロフィール写真 10%UP
  • 希望条件(業界・職種)*各5%UP
  • アピールポイント 5%UP
  • 自己PR 10%UP
  • 適性診断「AnalyzeU+」の受験 15%UP
  • 過去のエピソード 10%UP

まとめ

就活の後半戦であるこの時期でも、企業は今までと同様に学生に会いたいと活動しています。定期的なログインとプロフィールを充実させ入力率を80%以上にすることで、オファーが届く可能性が90%以上になります。

「あなたらしさ」を企業は知りたがっていることを理解し、プロフィールを再度見直してみてください。また、OfferBoxの機能を最大限に活かして企業との出会いの機会を作ってみてください。

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る