行きたい企業から内定もらうための「企業研究」のやり方と活用方法

内定をもらうためには、企業研究が不可欠

就活で重要な企業研究。「何をどうすればいいか分かりにくい」ために、多くの就活生を悩ませています。

ですが、コツを掴んでしまえば案外難しくありません!

今回は、就活を成功させる企業研究のやり方をご紹介します。

 

何のために企業研究をするのか?

まず、企業研究を行う前に、自己分析を済ませておく必要があります。なぜなら、自己分析で得た自分の興味や関心・強みなどが、活かせるのかどうかを判断するのが、企業研究だからです。

自己分析のやり方はここを参考にしてみてください。

自己分析を最大限に活かす自己PRをつくるための方法3選

1.自分と企業との相性を見極める

企業の特徴が見えてくることで、自分の興味・関心・強みが、その企業の特徴と一致しているかどうか、考えることができます。

また、入社後のミスマッチを防ぐという観点から、企業の良いところ・悪いところどちらも調べておくことが必要です。

(調べ方については後ほど紹介します。)

2.自己PRや志望動機の説得力を高める

企業研究は、自己PRや志望動機の説得力をより深めることに役立ちます。

企業が求めている学生像が見えてくれば、それにあわせた自己PRを作成することができます。また、「なぜ他社ではなく弊社を志望するのですか?」という質問に対して、熱意のある回答をすることができます。

就活を成功させるという視点だけではなく、その後の早期離職を防ぐためにも、企業研究は欠かせない作業なのです。

就活における企業研究のやり方・情報収集術

企業研究で調べておきたい項目についてまとめました。少なくともこれらの項目を網羅しておきましょう。

1.企業ホームページ・新卒採用ページを見る

まず、基本的な情報を企業のホームページや新卒採用ページで確認しましょう。基本情報をベースにして、他の方法で調べたものを肉付けしていきましょう!

<基本情報>

・会社概要

・経営理念、経営方針

・提供しているサービスや商品

・ターゲットとしている市場や顧客

・業績

・人材育成に対する考え方

・設立年

・資本金

・売上

・社員数(平均年齢)

・初任給

・福利厚生

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:ホームページには、基本情報と企業がアピールしたいことが書いてあるので、必ずチェックし、内容はしっかり把握しておくようにした。志望動機などに含めると内容が深まる。

2.IR 情報

IR(Investor Relations)とは、投資家に対する広報活動のことを指しており、上場している企業であれば、ホームページ上にIR情報を開示しています。

(非上場の場合は開示義務がないため、多くの企業は掲載していません。)

財務状況や経営判断の妥当性・根拠などを企業から投資家に対して伝える必要があるため、業界に詳しくなくても分かるように書かれていることがほとんどです。

最初は少し難しく感じるかもしれませんが、しっかり読み込んでいくうちに慣れますので、頑張ってみましょう!

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:最終の社長面接で数字で語ることができたのが大きかった。入社後も会社の状況がしっかり頭に入っているので研修などが楽だった。

3.新聞やニュース

経済面や経済専門紙を読むことは、志望先企業だけではなく、その企業が属する業界の最新動向や課題をつかむことに有益です。志望する業界や企業が固まっていない人でも、色々な業界の記事を読むことで志望業界を絞り込むための参考になります。

さらにそのような情報を知っているだけで、志望動機や面接の際、熱意を伝えることができます。

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:面接の日の朝、新聞を読んでいたら、ちょうど競合他社で大きな問題が発覚したことが記事になっていた。当然そのことを聞かれたので、新聞を読む習慣をつけておいてよかったと思った。

4.四季報 

四季報では、財務状況や業績・事業の展開状況のほか、平均年収や平均年齢等も書かれているので目を通しておきましょう。

また、企業側が出したい情報だけではなく、第三者による客観的な情報も掲載されています。例えば、就職四季報(東洋経済新報社)には、記者から見たプロ目線の会社評価も載っているので読んでみるといいでしょう。

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:受けたい企業のマイナス情報だけではなく、競合他社の情報を見ることで、業界でのポジションが頭に入った。

5.会社説明会に参加する

気になる企業があれば、就活生向けに開催している説明会やセミナーに積極的に参加してみましょう。当然ながら、社員から直接話を聞くことができます。

さらに、企業が自社を説明する際、その業界についての説明をすることがよくあります。興味がある業界の会社説明会に参加することは、業界研究の一環にもなるでしょう。

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:社員の方の雰囲気が感じとれるので、自分と合うのかどうかが考えやすい。思ってもいなかった企業で、とても雰囲気が良いので興味を持ったこともあった。受けたい企業がなくても、行ってるべき。

6.OB,OG 訪問をする

OB・OG訪問も有効な手段です。サークルやゼミの先輩に聞いたり、大学の就職課に調べてもらったり、その企業の人事へ直接相談することで、OB、OG訪問をすることはできます。

直接OB、OG訪問をすることで、飾らない”本音”の企業情報が手に入ります。

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:OB・OG訪問で知った情報は、他の調査方法ではわからないことが多かった。やはり実際に働いてる人の話は参考になると思った。

7.インターンシップに参加する

もし可能なら、実際にその企業で働いてみるのが一番!大学生にはインターンシップという就業体験をするチャンスがあります。参加することで、企業の雰囲気やどんな人が働いているのかを実際に肌で感じることができます。また先輩社員と仲良くなることで、就活についても色々と聞くことができます。

すべての企業でインターンシップをすることはできませんが、どんな業界や仕事が自分に合うかどうかなど、判断しやすくなるでしょう。

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:インターンシップで実績があったので、面接回数が少なかった。また、2、3年後だけではなく、10年以上先の将来のキャリアプランもイメージできたので、面接で言いたいことがたくさんできた。

8.商品やサービスを利用してみる

百聞は一見に如かず。もしその企業の商品を購入したり、サービスを利用することができるなら、一度は触れてみましょう。

そこから得られる情報は、とても貴重です。一人のユーザーとして、その企業と触れてみて感じたことは、細かく書き留めておきましょう!

★先輩の声「この企業研究が役にたった!」

:受けたい企業と競合のサービスを受けてみて、店員に話を聞いてみたりした。その経験や気づきなどを面接で語ることで、入社の意思をうまく伝えられたのではないかと思う。

 

調べた企業情報の活用方法

調べただけでは「企業研究」ではなく「企業調査」になってしまいます。実際に自分が働くところをイメージしながら企業研究を進められるよう、情報の活用方法を考えてみましょう。

・企業研究ノートを作る

企業研究で調べたことは、企業研究用のノートを作りまとめている就活生が多いようです。

いつでも見返せるようにすること、比較ができることをポイントとしてまとめるといいでしょう。

企業について調べる過程で気づいたことや思ったことなどは、後ほどとても重要になってきますので、しっかり書き留めておきましょう。志望動機や面接の際に非常に役立ちます。

・企業を比較する

志望する企業以外にも、同業界の企業を調べて比較することはとても有益です。就活の際よく聞かれる「なぜ同業他社ではなく弊社なのか?」という質問に自信を持って答えられます。

比較の方法は色々ありますが、まずは自分の価値観や強みが、その企業と合うかという点で比較してみましょう。

どのような項目に注目するかも自分の価値観によるところになりますが、例えばこんな項目で比較できるかもしれません。

・企業の価値観(企業理念)

・企業風土(社風)

・提供している商品やサービス

・サービスのターゲット層

・企業規模

・業績(成長の可能性)

・勤務条件

・キャリア形成の可能性

・志望動機や逆質問を考える

ここまでのステップを着実にすすめていれば、志望動機を考えることはそれほど難しいことではなくなっていると思います。

自分と企業との接点、またその企業が優れている点などをまとめてみましょう。

また、この時点で逆質問を考えておくことをお勧めします。逆質問は、単に疑問を解決するということだけではなく、その企業に対しての熱意を表すことができるからです。

 

このように、企業研究は少し時間のかかる作業です。ですが、しっかりやっておくことで、そのあとの就活がとても楽になります。さらには、ミスマッチを防ぎ、長く働ける職場をみつけることにも繋がりますよ!

「就活成功の近道は、企業研究にあり。」

  • このページをシェアしよう!
  • LINEで送る