認識まちがってない?「動物に例えると…」就活面接・ESでうまく答える方法と回答例!

  • LINEで送る

就活面接やエントリーシートでの「あなたは動物に例えると何ですか?」という質問に、戸惑った経験のある方は多いのではないでしょうか?
突然の質問に焦らないよう回答を準備したいところですが、実は、この質問の本当の意図や適切な答え方はあまり知られていません。

「あなたは動物に例えると?」質問に対する3つの誤った認識

よく見かける勘違いは主に3つです。

1つ目は、動物の正解・不正解はないということです。
「この企業は犬と言ったらOK」、「猫と言ったら不向きと思われる」のように、答えた動物の種類によって評価が決まることはありません。
企業の評価が決まるのは別の部分であり、それは後ほど説明します。

2つ目は、動物の知識は必要ないということです。
なぜなら、企業が求めているのは動物の知識を持っている人ではないからです。
そのため、事実ではなくてもその動物が一般的に持たれるイメージを元に話してもよいのです。

3つ目は、他の人と動物は被ってもいいということです。
グループ面接の時、自分が言おうと思っていた動物を前の人が出してしまったら焦りますよね。
しかし、前述したように動物の正解・不正解はありませんし、まして被ったからといって評価が下がることはありません。
むしろ、焦ってまとまりのないことを言う方がリスクです。

「あなたは動物に例えると?」はなぜ聞かれるのか

どう答えるのが良いかをお話する前に、そもそも企業はなぜこんな質問をするのでしょうか?
理由は大きく3つあります。

1つ目は、あなたの「人柄」を知りたいからです。
企業担当者が何より知りたいのは、「あなたがどんな人なのか」ということです。
そのため、様々な角度から質問をして、あなたのことを知りたいと考えているのです。

2つ目は、あなたの「素」の部分を見たいからです。
自己紹介や学生時代に頑張ったエピソードは準備していても、この質問に対しては大抵の学生は準備をしていません。
そのため、不意を突かれた状態になり、その場で考えて回答をすることがほとんどです。
そういった時に出てくる言葉は、しっかり準備されたものよりも本来の「素」に近いものと思われているため、こうした質問がされるのです。

3つ目は、論理的に説明できるかを知りたいからです。
どんな仕事においても、人とのコミュニケーションは発生します。
「わかりやすく相手に説明する力」は、社内外いずれのやり取りにおいても重要ですので、選考においてもその力を確かめたいと企業担当者は考えています。
「動物に例えると?」は、論理的に説明できていないと、聞き手側の納得が得られないため、力を図るのに適した質問なのです。

 

「動物に例えると」の正しい答え方と回答例

では、どう答えるのが良いのでしょうか?
企業担当者側の質問意図を踏まえた、おすすめの回答の仕方をご紹介します。

答え方の流れ

①似ている動物を伝える。
例:鳥
私を動物に例えると、鳥だと思います。

②その動物と、自分の共通する「キーワード」を伝える。
「キーワード」とは、あなたのアピールポイントのことです。

例:キーワード=未知のところに行ける
鳥は目の前に道がなくても空を飛んでどこにでも行けます。
私も目的のためなら、誰もやったことがないことでも挑戦できます。

③「キーワード」に関連するエピソードを簡潔に伝える。
長くなりすぎないよう、また「キーワード」から脱線しないよう注意しましょう。

例:手芸サークルでは過去10年の歴史上ずっと、サークル内でしか作品発表の場がなかったのですが、もっと多く人にも見てもらいたいと考え、公民館にお願いして、発表スペースを定期的に置いてもらえるように尽力しました。

同じ動物でも「キーワード」でこんなに違う!

例えば同じ犬でも、キーワードが違うことで与える性格の印象は全く違います。
こんなに違うのですから、動物の種類が被っても問題ないですよね。

【例:キーワード=真面目】
私を動物に例えると犬です。
犬は、ダメと言われたことをきちんと守るといった真面目な印象があり、私はそんな部分が自分に近いと思います。
昔から、宿題などもきっちりやるタイプで、例えやっていなくてもバレないようなものでも欠かさず必ずやっていました。

【例:キーワード=人懐こい】
私を動物に例えると犬です。
犬は、元気で誰にでも分け隔てなく人懐こいというイメージがあり、私も人が大好きなので、そう思いました。
クラス替えなどで新しい環境になっても自分からすぐ声をかけに行きますし、目上の方やお年寄りとお話するのも楽しくて好きです。

動物の特徴・与えるイメージ例

自分のキーワードに当てはまる動物選びの参考にしてください。

■犬:素直、真面目、人懐こい、忠実

■猫:冷静、客観的、自分がある、マイペース

■ライオン:リーダーシップ、責任感、負けず嫌い

■ウサギ:フットワークが軽い、好奇心旺盛

■ゾウ:温和、動じない、優しい

■イルカ:協調性、コミュニケーション力、遊び心

■オオカミ:団結力、統率力、達成力

■ゴリラ:チームワーク、判断力、パワフル

■リス:情報収集力、瞬発力、努力家

おすすめしない答え方例

以下のような答え方は、企業担当者が質問する意図から外れてしまうので注意してください。

動物の説明が長すぎる

前述の通り、採用したいのは動物知識を持っている人ではありません。
知りたいのは人柄であり、動物のことではありません。

そのため、マイナーな動物を出して、「へぇ〜」と場が盛り上がったとしても、あなたの人柄の魅力が伝わっていなければ意味がありません。
「動物の説明が長くなってしまった!」と焦るあまり、肝心の自分のエピソードを省略してしまっては本末転倒です。

例:ミーアキャットです。
ミーアキャットはサバンナに住む動物で、巣穴を掘って群れで暮らしているのですが、自分の子供でなくても餌の取り方を教えるという習性があり…

「人柄」の説明になっていない

動物と自分の共通キーワードを探すあまり、「キーワード=アピールポイント」という観点が抜けてしまってはいけません。

アピールになっていない回答は、「結果的に何が言いたいの?」と思われ、論理的な説明が苦手と判断されてしまいますので、気をつけましょう。

例:チーターです。足が速いからです。
→足の速さは人柄の説明ではない。

例:猫です。一定の距離感の人にしか心を許さないからです。
→アピールになっていない。

コレがあれば「例える」系質問がきても困らない!

自分を表すキーワードを持っておこう

前述の通り、企業担当者は「素」が見たいので、他にも様々な「あなたを●●に例えると」といった質問をすることがあります。
動物の他にも、電化製品、食べ物、色…など、どれも突然聞かれると困ってしまいそうなものばかりです。

そんな時、自分を表すキーワードをしっかり持っていれば、焦らずに考えることができるでしょう。
キーワードと、それに添えるエピソードさえ準備できていれば、あとは質問された物の中からキーワードに近しい物を選べば良いだけだからです。

例:協調性がある:イルカ、コンセント、白米、白

例:知識欲がある:リス、電子辞書、カレー、黄色

 

OfferBoxの適性診断は強みのキーワードを出してくれる

もし、自分自身のキーワードが何か悩むようなら、OfferBoxの適性診断をお勧めします。
OfferBoxの適性診断「AnalyzeU+」は、性格の強みをデータで出してくれます。

無料で受けられますので、ぜひお役立てください。

「動物に例えると?」なんて聞かれると、「面白い回答をしないといけないのかな…」と焦ってしまうかもしれませんが、そうでないということがお分かりいただけましたか?
落ち着いて、自分自身をしっかりアピールしましょう!

ビンゴ大会FAQ,ビンゴ表明の応募フォームはコチラ