資料ダウンロード

資料ダウンロード

OfferBox基本資料

OfferBox基本資料

OfferBoxでどんなことができるのか?機能とラインナップを掲載した基本的なサービス紹介資料です。
社内での情報回覧にご利用いただけます。

採用お役立ち資料

IMG_2984-2

【セミナーレポート】18年卒採用、内定承諾後の辞退をいかにして防ぐか

このセミナーレポートは、2017年6月15日に開催された「内定辞退の本音は?ワークショップで学ぶ、18年卒採用に活かせる各社の取り組み事例」セミナーの開催レポートです。

80名以上の新卒採用担当者が集まり、2つのワークショップを通して内定辞退防止策の取り組み事例やそもそもなぜ内定辞退が起こるのか、背景にある学生の志向の変化などについて多岐に渡る議論が交わされました。

《目次》
◇2社に1社は「3割以上辞退」を経験する
◇ワーク1「自社で実施している内定辞退対策」
◇ワーク2「18年卒採用ですぐ実践できそうな内定辞退防止策を考える」
◇学生が求めている内定者フォローとのギャップ
◇「返報性」「コミットメントと一貫性」など心理学の要素で内定辞退防止
◇グロービスサービス紹介
◇ダイレクトリクルーティング×適性検査で早期の採用課題を解決 – OfferBoxのご紹介

fig1

1dayインパクトは起こるのか?19卒インターンシップ調査レポート

経団連は19年卒の就職活動について、「5日間以上」としているインターンシップの日数規定を廃止し、1日から可能とする方針を発表しました。

今まで1dayインターンシップを開催してこなかった経団連加盟企業も、2017年夏から19卒を対象とする1dayインターンシップを検討する企業が増えるのでは?と新卒採用担当者の間で懸念されています。

このレポートでは、1dayインパクトは本当に起こるのか?をアンケートの結果をもとに紐解き、19卒向けインターンシップの集客をどのように考えれば良いかを考察します。

《目次》
◇1dayインターンシップは増加するのか?
◇大手企業の1dayインターンシップは増加するのか?
◇インターンシップの時期ずらしは有効か?
◇解決策の方向性についての考察
◇ダイレクトリクルーティング×適性検査で早期の採用課題を解決 – OfferBoxのご紹介

dounaru_icon

【市場レポート】どうなる?2019年新卒採用

予想通り早期化した2018年卒の新卒採用。インターンシップの実施企業数も参加学生数も、これまで以上に増えました。
さらに2019年卒の新卒採用では事実上、1Dayインターンが解禁されることが発表されています。

2019年新卒採用ではどのような変化が起こるのか?
弊社主催のセミナーやアンケート調査、各メディアの調査データ、採用業界の重要人物の意見をもとに市場レポートとしてまとめました。

《目次》
◇18卒採用、企業の動きは予想通り早期化
◇インターンシップだけではない、学生の動きから考える早期市場の動向
◇押さえておきたい新卒採用の変化と19卒採用の展望
◇活躍までをどうデザインするか
◇まとめ

《対象企業》
(1)2019年卒の新卒採用の情報を収集している
(2)2018年卒の新卒採用で、例年よりも母集団形成に苦労した
(3)ナビサイトの効果に疑問を感じている
(4)HRテックという言葉に代表されるような、最新テクノロジーを活用した採用活動に取り組みたい

thumb3

就活生活動スケジュール実態調査アンケート (2018年卒4月版)

就活生の活動スケジュールについて、2018年卒学生を対象に実態調査を実施しました。
結果データレポートをダウンロードいただけます。

・調査目的:大学生・大学院生の就職活動の実体の把握
・調査名:就活生実態調査アンケート(2017年2月)
・調査レポート名:OfferBox 就活生活動スケジュール実態調査アンケート(2018年卒4月版)
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・対象者:2018年卒のOfferBox登録ユーザーの男女
・有効回答数:1,000件
・実施期間:2017年2月23日(木)~3月3日(金)
・実施機関:株式会社i-plug

18tsuika

【5分で読める】攻めの18卒採用 追加施策ガイドブック

6月の選考解禁以降、限られた期間・工数・予算の中で、採用計画数を達成するには、
スピードに加え質を伴う「追加施策」が求められます。

当資料では、スピードと質を担保するための3つの戦略を押さえて
ナビサイト、新卒紹介、イベント、ダイレクトリクルーティングなどの
メリット・デメリットを整理しながら有効な施策を導きます。

<ガイドブックの内容>
・追加施策の比較、選び方
・ナビサイトなどとの特徴の違い
・実践企業に聞く効果事例

kokoroe_icon

失敗しない18卒採用の心得 【後編】

110名以上の人事採用担当者様にご参加いただきました「どうなる!?2018卒採用 採用のプロと考える採用戦略」セミナーの参加者様に聞いた、採用リソース配分に関するアンケートの集計レポート<後編>です。

前編では、採用リソース(人員・お金・時間)をどの採用プロセスにかけているかを分析しました。
<前編>ダウンロードはこちら

後編では、特に課題視されている2つの採用プロセス
(1)母集団を集める
(2)内定承諾を得る
への理想的なリソース配分について、対策を講じます。

company_image

失敗しない18卒採用の心得 【前編】

110名以上の人事採用担当者様にご参加いただきました弊社主催セミナー「どうなる!?2018卒採用 採用のプロと考える採用戦略」の中で実施した「17卒振り返りワーク」における、参加者様のワークシートへの入力内容をもとに集計したレポートです。

【調査項目】 新卒採用の課題箇所/リソース配分
(1)採用プロセスのどこに課題があるか
(2)現状どこにリソースをかけているか
(3)理想とするリソース配分
(4)現状と理想とのGAPはどこにあるか

【調査概要】
調査主体   株式会社i-plug
調査時期   2016 年 7 月 25 日
調査対象   セミナー参加者様
調査方法   ヒアリングシート入力

18saiyonoyukue

【セミナーレポート】18卒新卒採用の行方 ー『採用学』服部先生と考える

2016年8月に開催した弊社セミナー
「18卒新卒採用の行方 -『採用学』服部先生と考える- 」
の講演内容を掲載しています。

今、新卒採用の現場では何が起こり、企業はどんな動きをしているのか?
『採用学』の著者であり、横浜国立大学大学院 国際社会科学研究院
准教授 採用学研究所 リーダーの服部泰宏氏をお招きし、
17卒や16卒を振り返りながら、18卒の採用について考えました。
その結果、3つの指標から導かれた18卒採用動向とは?

sp_download_photo00520_42

【最新版・市場レポート】どうなる?2018年新卒採用

17卒採用でより顕著となった採用活動の早期化の傾向。
画一だった新卒採用は今変わろうとしている。
2018年新卒採用ではどのような変化が起こるのだろうか。
どのようにすれば勝ち組みになれるのだろうか。
弊社開催のセミナーや各メディアが出すデータをもとに考察する市場レポート。

◇スケジュールは前年据え置きでも益々早期化が進む理由とは
◇業務量が増える人事担当者がリソースを割くべきポイントとは
◇学内施策とある手法との組み合わせでターゲット学生と会いやすくなる
◇採用時期ずらしよりも効果的な「〇〇ずらし」で優秀学生と接点を持てる

★多くの企業様にダウンロードいただいた当レポートを、18卒採用の計画を具体化される
この時期にあわせて更新いたしました。すでにお読みいただいた方も、再度ダウンロードください。

◇対象となる企業様(一例)
下記のいずれかにあてはまる企業の採用ご担当者様にお役立ていただけます。

(1)18卒採用の情報を収集している
(2)17卒採用は、例年よりも母集団形成に苦労している
(3)ナビサイトの効果に疑問を感じている
(4)今注目の「攻めの採用手法」を検討している

hatarakikata_icon

【18卒就活生対象】「働き方」についての意識調査レポート

今話題の「働き方」について、2018年卒学生を対象に意識調査を実施しました。
その結果データレポートをダウンロードいただけます。

【調査概要】
調査目的:大学生・大学院生の就職活動に対する意識の実体を把握する
調査名:就活生意識調査アンケート(2017年1月)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
対象者:2018年卒の大学生(男性459名:女性459名)
有効回答数:918件
実施期間:2017年1月12日(木)〜1月18日(水)
実施機関:株式会社i-plug

icon_studentpaper

【就活生意識調査】学生図鑑 12〜2月の活動状況・学生のタイプ

2018年卒学生を対象とした、就職活動の実態と就活生の声を集めた調査データレポートです。

弊社では、2018年卒の大学生・大学院生の就職活動に対する意識の実体の把握のために下記についてアンケートを行いました。

【調査項目】
(1)12月現在、最も力を入れている就職活動(単一回答)
(2)12月に実施する就職活動(複数回答可)
(3)企業の情報の収集方法(複数回答可)
(4)先輩・大学・ご家族から薦められたこと

【調査概要】
調査主体   株式会社i-plug
調査時期   20161222日(木)~1228日(火)
調査対象   18卒のOfferBox登録ユーザーの男女

調査結果をもとに、就活生を4つのタイプに分けてそれぞれの特徴を分析いたしました。

ofb-research-student-201611-thumb

【就活生意識調査】企業選びの基準と11月現在の活動状況

2018年卒学生を対象とした、就職活動の実態調査レポートです。2018年卒の学生の就職活動に対する意識調査として、「企業選びの基準」と「2016年11月現在の活動状況」についてヒアリングを行いました。

【調査項目】
(1)企業選びの基準にしていることは何か(複数回答可)
(2)上記で選択したもののうち、最も重視するのは何か(単一回答)
(3)今一番力を入れているもの、一番時間を使っているものは何か(単一回答)

【調査概要】
調査主体   株式会社i-plug
調査時期   2016年11月24日(木)〜11月29日(火)
調査対象   18卒のOfferBox登録ユーザーの男女

1 2

OfferBoxをはじめる

 社内で検討する
とりあえず詳細な資料が欲しい
 実際の画面を使ってみる
登録学生のデータを閲覧したい
 学生ピックアップを依頼する
自社にマッチする学生を知りたい
  • 関連サイト
OfferBox

OfferBox

オファーが届く就活サイト「OfferBox」学生ユーザー向けサイト

新卒ダイリク総研

新卒ダイリク総研

新卒採用におけるダイレクトリクルーティングの情報をお届けするサイト

就活クールビズ

就活クールビズ

画一的な就活から「学生の多様化」を促進し、新しい就活のカタチを創造するプロジェクト

© 2017 i-plug, all rights reserved.
offerbox コンシェルジュ

【お試し学生検索】OfferBox 無料1dayトライアル

入力後すぐに実際の画面で登録学生の検索・閲覧が可能になります。まずはお試しください。