• OfferBox Story
  • れなさん
  • 駒澤大学 法学部(文系、学士)
  • 2021年卒

  • 就活に欠かせないアイテム

    ①腕時計
    就活では時間厳守が絶対です。スマホで確認することは見栄えが良くないと感じ、腕時計をずっとしていました。文字盤に数字が全て書かれているものが使いやすく◎みなさんもお気に入りの腕時計を探してみてください。
    ②スケジュール帳
    一日に何件も説明会や面接が入って、ESの締め切りがいつで…。といったように就活はスケジュール管理が大変。中高時代から手帳を使っていたこともあり、就活中もスマホではなく手帳を持ち歩き常にスケジュールチェック出来るようにしていました。
    ③ワックス、化粧品などの身なりを整えるもの&ブレスケア商品や糸ようじなど
    人は見た目が9割というのは案外馬鹿にできません。就活でも第一印象が最重要!!見た目に関して出来ることは全てやってから面接に臨んでいました。

  • あなたのガクチカストーリー

    自らの視野を広げることに力を入れました。
    高校時代、狭く深く付き合うタイプでそんな自分を変えたく、大学時代は意識的に活動範囲を広げました。その一環として、キャリアセンター主催の海外インターンシップに参加しました。
    その際、キャリアセンターの方にお世話になり就職活動の際にも相談に乗ってもらいました。
    そのキャリアセンターの方からのご紹介を受けて、全校生徒15000人の中から14名しか選ばれない広報誌に載せていただけました。
    この経験を通しアクションを自ら起こすと経験に繋がり経験によって人間関係は広がり、またその繋がりから新たな体験ができると気づき、最初のアクションを起こし行動に移す力が身に付きました。

  • OfferBoxをつかったきっかけ

    何かの広告で見て、使い始めました。
    当初は登録しただけで、プロフィールなどを埋めたりしませんでしたが、コロナ禍では逆求人が有効だと感じ、プロフィールを充実させ始めました。

  • あなただけのOfferBox活用法

    出来るだけプロフィールは埋めるようにしました。
    チェックは出来るだけ毎日行い、少しでも興味がある企業さんには「会いたい」通知を送り、オファーはなるべく受けるようにしました。
    ただ、全く興味のない業界などの企業さんからのオファーは受けていませんでした。
    オファーは受けず、選考などにも進みませんでしたが、自分の思ってもみなかった意外な企業さんからのオファーは新鮮で、自分のことをもっとよく知る機会になりました。

    OfferBoxに掲載していた画像

     
  • 就活で嬉しかったこと、楽しかったこと

    様々な社会人の方のお話を聞いたことはとても実りがありました。
    また、その中で今まで知らなかった、自分に関しての新たな発見があったことは楽しかったです。
    たとえ、お世辞だとしてもガクチカや自己PRなどを褒められると素直に嬉しかったです。笑

OfferBox Story OfferBox Story