ビューティー領域で世界No.1になるための目標を立てて走れる人材【アイスタイル人事x内定者】 – OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

IMG_4996

美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営する株式会社アイスタイル ヒューマンリソース本部 ヒューマンリソース部 採用・育成グループ チーフの田中大介さん(左)と、2017年4月に入社予定の内定者・大阪産業大学 経営学部 経営学科 森本亮平さん(右)にお話を伺いました。

 

ビジネスコンテストの尖ったイメージとは違う素直な学生

ofb2

OfferBox事務局

どういう学生さんを探していらっしゃったんですか?

田中さん

手段を目的化せず、自分で目標をセットして、走っていける人材が欲しいなと考えていました。

あとは、大変なことっていっぱいあると思うんですが、それを自分自身で楽しめる人ですね。やらなきゃいけない仕事と自分がやりたいことは必ずしもリンクしません。そのやらなきゃいけない仕事の中にやりがいや楽しみを見出していくって、ひとつのスキルだと思うんです。

そういう人ってどんな人だろうって考えると、自分で目標設定してスイッチを入れられるセルフモチベーターみたいな人だなと。森本くんの場合、当時プロフィールにビジネスコンテストに出場することが趣味と語っていて。その話から自ら立てた目標をもとに自分自身に負荷をかけて、積極的に自分からまだ知らない世界や、環境に飛び込んでいく姿勢が見られました。

ofb2

OfferBox事務局

ビジネスコンテストに参加されたんですね!OfferBoxのプロフィールにも書かれたのでしょうか? 
IMG_0979

森本さん

はい。OfferBoxではビジネスコンテストに参加したエピソードを使って、新しいビジネスモデルを考えることや他企業のビジネスモデルを勉強することが大好きだということを、写真などで伝えたいなと。

このビジネスコンテストの他に2つ、合わせて3つの主張したかったメッセージがありました。2つ目は海外や国際交流に興味があること。特にアジアです。3つ目は、学生団体を立ち上げた話を、実行力という言葉で表現しました。

そうしたらアイスタイルさんから、「あ、自分のことを見てくれているんだな」というのが分かるオファーを頂いて。そこに安心というか、信頼できるなと感じて、まず、話を聞きに行ったっていうのが始まりでした。

ofb2

OfferBox事務局

実際に会ってみて、いかがでしたか?

田中さん

最初の面談は別の採用担当者が担当したのですが、「彼は、ものすごくアイスタイル(うち)のマッチした学生だから、すぐに会ってほしい!」って言われて。

森本さん

(照)

田中さん

会って、あぁなるほどと。当初はいわゆる意識高い系の、ちょっと斜に構えた学生なのかなって思ってたんですけど…笑、実際会ってみたら凄く素直な子で。

就職活動ためにピカピカの経歴を作ろうとしてビジネスコンテストに参加したわけじゃない、目標があってビジネスコンテストに参加していることと、その経験がちゃんと彼の中で蓄積されてきているっていうのが、話を聞いていて伝わってきました。

ofb2

OfferBox事務局

森本さんは、アイスタイルさんにどんな印象を持ちましたか?

森本さん

すごい好印象でした。僕を判断しているというより育ててくれているって気付いて。吉松社長の話を聞く機会もいただけたので、会社理解を深められましたし、面接ではなく面談の場を2回も設けていただけたことは、他の企業にはない優しさでした。

田中さん

当社の代表の吉松を始め、当社の経営者からのメッセージを生で聞く機会を設けていましたね。

 

IMG_1440

地元鳥取で働くか?アイスタイルで働くか?

ofb2

OfferBox事務局

選考を進めていく中で、森本さんのどういったところが貴社とマッチしていると感じましたか?

田中さん

実は僕、彼と会った時、人事に異動してまだ3か月くらいで。「何やっていいのか分かんない。とりあえずひたすら会うしかない。今の学生ってどうなの?」みたいな状態で。

自分が人事に向いているなんて微塵も思っていませんし、人を判断するほど出来た人間でもないと思っているんですが、ただ、自分のこれまでの事業サイドでの経験、今社内で活躍している先輩後輩、会社が歩んできた過程や会社の今考えている未来の方向性だったり…色々な要素を総合的に考慮して、優秀な学生かどうかはわかりませんが、「アイスタイルにマッチした人材かどうか」はわかると思っているんですよ。

そうした時に言い表しがたいヒット感というか、マッチしていると思う子が何名かいて。森本くんもその一人です。

ofb2

OfferBox事務局

なるほど…アイスタイルという事業の歴史というか、変遷というか、それらを経験されているからこその直感のようなものもあったのですね。

逆に森本さんはいかがでしたか?ビジネスコンテストにも参加されているし、起業にも興味を持たれていたんじゃないかなと思いましたが。

森本さん

僕は起業が最終ゴールではなく、鳥取市の市長だったんです。僕は鳥取市出身で、鳥取市民のみんなが好きで…笑

起業もカッコイイかもしれないけど、カッコイイは別に目的じゃないので。それよりも大好きなお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんたちを幸せにできた方が、僕は絶対クオリティの高い生活ができると思ったんです。

それで…結構喋るのが怖いんですけど…。

田中さん

いいよ別に。なんでも話しなよ。笑

森本さん

大丈夫ですか?笑
僕は、アイスタイルに入って働きながらMBA(経営学修士)を取得して、そこで学んだ経験をまたアイスタイルでの仕事に活かして…そっちの方がわくわくしたんです、自分の中で。
ofb2

OfferBox事務局

なんかかっこいいですねぇ。笑

森本さん

いやいやいやいや全然…!
それぞれの選択肢が未来にどれだけの人を幸せにできるんだろう?と逆算したり、どっちの方がわくわくするかな?と考えたり、市長になるっていう夢…ごちゃごちゃ考えた結果、アイスタイルでMBAを取って働く方がわくわくするなって思って。アイスタイルで働こうって決めました。
ofb2

OfferBox事務局

じゃあ今は、わくわくというか、楽しみしかないですね!

森本さん

そうですね!もう、選択して選択して選択した結果なので!笑

あとは集中して全力で行こうと思っています。

田中さん

市長になりたいとか、MBAを取りたいって言う彼が描いている将来像にたどり着くには、その過程に色々な手段や目指し方があると思うんですよ。

同じように、当社の目標に達成するための手段や目指し方は色々なものがあっていいと思っていて。最終的に彼が鳥取の市長になっても、働きながらMBAを取得することも構わないんですが、その目指し方の延長で、森本くんと当社は一緒の方向を向いて成長していけるんじゃないかって感じました。

ofb2

OfferBox事務局

お互いの成長になると…まさにWin-Winの関係ですね!貴社の目標というのは?

田中さん

当社の目標は、アイスタイルグループ一丸となり、ビューティーという領域で世界No.1の会社になっていくことです。その目指し方の1つとしてアイスタイルにおけるメディアの展開としては17年間の歴史があるなかで、すでに活用してくださっているユーザーさんも、今まだユーザーさんになれていない人たちにも、化粧品に限らず美容における課題や問題が発生した時に、その全てを達成できるようなプラットフォームを創っていきたいと考えています。
ofb2

OfferBox事務局

OfferBoxの社員も、貴社のサービスにはお世話になっている人が多いですよ。笑

お互いにマッチしているところを感じての内定だったのだろうなと思いましたが、内定が出てからの迷いはなかったのでしょうか?

田中さん

正直、僕は日ごろ学生に「アイスタイルを選ばなくてもいい」と言っているくらいですし、嘘偽らずに全部会社のことを語った上で、彼の中でアイスタイルの優先順位が高いという確信はなかったです。初めてお会いした時にも「色んな会社さんに欲しがられるだろう」と思いましたし、本人が決めてくれればいいかなと思っていました。

森本さん

実際、内定決まった後にも気持ちが揺れた時期がありました。ビジネスコンテストから派生して「立ち上げないか」ってお誘いもいただいて。考えたこともありましたが「やっぱりこの会社だ」って。

田中さん

「選ばれる」という意識ではなく、葛藤を経て、最終的に「自分でアイスタイルを選んでくれた」ことはすごく嬉しかったですね。

知りたいのは成果ではなく、思いや考え

ofb2

OfferBox事務局

就職活動中の学生さんにアドバイスをいただけますか?

森本さん

就活ってもう、不安しかなかったんです。けど、オファーの数だけ自分の自信につながっていきました。「僕にも会いたいって言ってくれる企業があるんだ!」って。そんな風に「あなたを見てくれる企業は絶対にある」ってことを伝えたいです。

あとは自己分析が何より大切です。徹底的に自分と向き合った先に企業が見えてきます。一旦書いて、自己分析して変わったらまた書き換えて、企業と会ってまた…という形でどんどん磨き上げていくものがOfferBoxかなと。

ofb2

OfferBox事務局

実際に何回も書き直されましたか?

森本さん

3回くらい。100%作ってからキャッチコピー変えてみたりしましたね。

自分の強みや、それこそ、20代そこらの信念なんて、変わることもあると思うんです。今ある信念は信じて進んで。ただ今の夢は、絶対それを歩まなければならない一生に一度の夢だって思わなくていいと思うんですよ。

田中さん

こうあるべきだとかこうやりたいとかっていうところに、ガチガチに自分を嵌めすぎなくてもいいって話ですね。

森本さん

そうですそうです。その通りです。「今はこれが僕にとって信念なんだ」って思ったらそれを信じればいい。だけど、前提としてそれは変わるかもしれないよねっていうのを胸に置いておいて。それで気が楽になった自分がいました。
ofb2

OfferBox事務局

企業の立場からすると、学生さんにどういうことを書いてほしいですか?

田中さん

人柄が分かるように書いてほしいです。
何をやったかも確かに大事だと思いますが、その成果のみで学生さんたちを見ているわけではありません。やってきたことは前提として、そこにどういう思いや考えを持っていたか。その思いが、文章に載った時に、その人の人柄が見えてくると思っています。

「全然誇らしいエピソードがない!だからインターンシップに行かなきゃ!」ってなる学生さん、多いかもしれないんですけど、全くそんなことないです。何でもいいから、思いを持って取り組んだものとか、人柄が分かるものを書いてもらえて初めて、会社にマッチしてるかどうかの判断材料になると思っています。

ofb2

OfferBox事務局

運命的なマッチングを果たしたアイスタイルさんと森本さん。今後の活躍が楽しみです!

|企業概要

_MG_0125

会社名:株式会社アイスタイル(英文表記:istyle Inc.)
資本金:16億855万円(2016年6月末日現在)
設立: 1999年7月27日
本社所在地:東京都港区赤坂一丁目 12 番 32 号 アーク森ビル 34 階
採用ページURL: http://www.istyle.co.jp/recruit/