OfferBoxのこれが分からない!第2弾!よくある質問にお答えします。

  • LINEで送る

こんにちは。
OfferBox事務局の西村です。

OfferBoxを活用していく中で、分からないことや疑問に思うことなど数多くあると思います。
そんな学生のお悩みに答えるべく、学生からよく届く質問に回答します!

 

第2弾は、企業から届いたオファーをどうすればいいのかという質問。
企業からオファーが届くことがOfferBoxの特徴であるにも関わらず、実際に届くとどうすればいいかわからなくなってしまう方も多いようです。

今回は、届いたオファーに対する対応方法を返信メッセージ例と共にお答えします!

 

オファーが届いたけど、どうすればいいの?

まずはオファーを見てみる。これはOfferBoxで就活を行う上での大原則ですよね。
そして、どんな業界の、どんな商材を扱う企業からのオファーなのか、そして自分のどんな点が評価されたのか確認しましょう。
世の中にはあなたの知らない優良企業がたくさん存在します。

いくら、
「企業の名前を聞いたことがない」
「志望業界とは違う」
と思ったとしても、今登録しているプロフィールが企業にどう評価されたのか把握することは、今後のエントリーシートや面接にも応用することができるでしょう。

 

「OfferBoxを活用したことで視野が広がった!」という声は学生からよく届くOfferBox活用のメリットです。
また、新しい業界を知ることで新たな分野に興味が湧くこともあるでしょう。オファーが届いた企業に少しでも興味があれば、まずはオファーを承認して、話を聞いてみることをオススメします。
※企業の所在地が遠方だったとしても、オファー承認後にオンラインや電話での面談を依頼してみましょう!臨機応変に対応してくれるOfferBox利用企業もいます!

 

オファーを辞退することは失礼なのか?

オファーを辞退することは失礼ではありません。
就活に充てられる時間は限られています。
あなたにオファーを送った企業がどんな企業なのか、どういった事業を展開している企業なのかきちんと把握し、あなたの就活の軸と合わないのであれば7日以内に「オファー辞退」の意思を示しましょう。
7日以内に何のアクションも取らないとオファーは自動取り消しとなりますが、企業側はその期間、1つのオファー枠をあなたのために使用していることとなります。
出来る限り早めの意思決定を行うようにしましょう!

辞退するときのメッセージは自由記入ですが、もしもメッセージを送る場合は以下を参考にしてみてください。

オファーが届いた時のメッセージ例:

オファーありがとうございます。
熟考した結果、今回はオファーを辞退させていただきます。
改めまして、オファーをお送りいただきありがとうございました。

 

オファーを承認した後に取り消しできるの?

オファーを承認した後であっても、オファー承認の取り消しを行うことはできます。
就活を進めていく中で進みたい方向に変化が出た場合や、これ以上選考を望まない場合などは「オファー承認の取り消し」にてご対応ください。
オファー承認を取り消す場合はオファーへの御礼や選考の御礼など、きちんと伝えるようにしましょう。

オファー承認の取り消しのメッセージ例:

〇〇様
先日は面談の場を設けていただきありがとうございました。
将来の方向性を考えた結果、今後の選考を辞退させていただきたく考えております。
改めまして、オファーをお送りいただきありがとうございました。
〇〇大学〇〇

知っているようで知らない、OfferBoxのあれこれ。
OfferBox事務局では学生からの「これってなんで?」を大募集しています。

お問い合わせフォームから知りたい理由と共にお声を寄せてくださいね。