企業はどんな人を採用したいのか?就活で求められる人物像とは

  • LINEで送る

はじめまして!
私は、大学の理系学部で専門性を習得し、学部卒、修士卒、博士卒のそれぞれで就職活動を行い、内定を獲得してきた極めて珍しい体験をしております。本記事では「就職活動を通して感じたこと」、そして「就職活動で求められる人物像」についてお伝えしたいと思います。

「オファー来た 肯定感で 舞い上がる」

OfferBox就活カルタには「オファー来た 肯定感で 舞い上がる」という句があります。オファーが来たら嬉しいという感情だと思いますが、なぜ「肯定感」なのでしょうか。

私が就職活動をしていたのは10年以上前で、当時は就活生が企業にエントリーするのが普通でした。それでも企業のほうから「説明会に来ませんか」「ぜひ弊社の選考を受けませんか」とのお誘いがあったのは、リクナビなどの就活サイトに自身の経験やスキルなどを登録していたからです。

大学院の修士課程で就職活動を始めた頃、ちょうどリーマンショックが起きて、世の中が急に不景気になりました。新卒採用を辞める企業が増え、「面接の話は無かったことに」といわれたことも。

そんなとき、ある企業から「リクナビに登録されているあなたの人物像や経験を拝見し、ぜひ選考にきて欲しいです」と連絡をいただきました。「こんな不況でも、自分の経験やスキルを評価してくれるところがあるんだ」と嬉しくなり、これまでの人生を肯定されたような気分になりました。

 

新卒就活で企業が求める人物とは

「就職活動で内定を貰うにはどうしたら良いのか?」

大学生ならほとんどの人が考え、悩むことだと思います。私も当時は、ネットで検索したり、就職活動用の参考書を買ったりして調べました。しかし何回面接を受けても、内定をいただいても、結局「なぜ自分という人間が選ばれたのか」については分かりませんでした。

企業が求めるのはどのような人物か。それが分かったのは、会社で働き始めてからです。私自身が感じた「企業が求める人物」について、解説していきます。

 

基本ができている人物

ここで挙げる基本とは、挨拶ができる、一般常識がある、敬語で話すことができる、質問の受け答えができるなど、社会人としての素養のことです。

挨拶は社会生活を送るうえで、基本中の基本です。笑顔でハキハキいえる人は、特に好印象を与えます。

一般常識とは、学校で習う勉強だけではなく、「数ある情報から答えを導く論理的思考力」をいいます。天才のような高度なものは必要ありませんが、中学校レベルの知識は求められます。

敬語は、社会人になると毎日のように使います。上司はもちろん、時と場合によっては、年下の相手に対して使うことも。必須ともいえるスキルなので、敬語を話せるかどうかは厳しく見られています。

最後に、質問の受け答えができるかどうかです。全く反応を示さないのは論外ですが、答えが分からない場合でも答え方が重要になります。ただ「分かりません」と答えるだけでなく、「現在分からないので、○日までに調べます。」など、現在の状態と解決策や対策をセットで答えると良いです。

外見の良い人物

ここでいう外見とは、美醜や生まれつきの身体特徴ではありません。人と会う際の「身だしなみ」のことです。

着用しているスーツはしわくちゃではないか、髪は整えているか、靴は綺麗か、男性なら髭を剃っているか、女性なら派手なメイクではないか。相手に不快感を持たせないように、身だしなみを整えているかどうかが重要です。

コミュニケーションが取れる人物

コミュニケーションには種類があります。学生さんの場合、サークルや飲み会で、周囲に合わせてワイワイ楽しむこともあるでしょう。もちろんそれも人間関係を円滑に進めるための、大事なコミュニケーションのひとつです。しかし、会社でのコミュニケーションは「報連相」が基本となります。いわゆる報告、連絡、相談の3つです。

・上司に仕事の進捗状況を報告し、指示を仰ぐことができるか
・重要事項を連絡して、職場の伝達速度をスムーズにできるか
・行き詰る前に自身の考えを相談できるか

上記3つができるかどうか、企業側は面接中に見極めたいと考えています。

自身の専門性や経験を売り込める人物

どのような業種でも、自社製品や成果を報告する場面は訪れます。相手が顧客であっても上司であっても、ここで売り込めなければ出世も望めません。

「自身を売り込むことができる人」は、企業からも重宝されます。自己PRなど学生が就職活動で会社に売り込むものは、自身が学んできた専門性や経験です。存分にアピールできれば、「会社サービスを正しく理解し、利益を出してくれるかも」という印象を与えます。

 

就活が上手くいく学生とは?

就職活動を始めてしばらくすると、周囲にはエントリーシートの通過率が高い人、いつも面接に呼ばれる人、早くに内定を獲得する人が出てきます。いわゆる「就職活動が上手な学生」です。

学力や偏差値に大きな差はほとんど無いはずなのに、なぜ差が生まれるのでしょうか。実は、就職活動が上手な学生には共通する特徴があります。

自身で情報収集し、勉強できる

就職活動に強い学生は、自分で情報を集めて解析し、それを履歴書やエントリーシート、面接に応用します。

私は化学科の学生でしたので、志望したのは化学メーカーの研究職や技術職でした。そこで最初に「○○株式会社(大手化学メーカー)の研究開発職に内定を貰う」と、就職活動のゴールを設定しました。そこからは情報収集です。

・主力製品や、今後力を入れていく分野はどこなのか、などを調査する企業研究
・同じような製品を扱っている他企業との違いを調査分析する業界分析
・過去のエントリーシートの質問項目はどんなものか
・筆記試験はどのような内容か
・どのような大学から採用しているのか、過去に自分の大学から採用しているか
・選考過程はどのように進み、各面接ではどのような立場の人が担当するのか
・人事、現場担当、役員はそれぞれどのような質問をしてくるか

これらを、ネット、就職課や就活エージェント、書籍を利用して調べました。目的を設定し、解決のために情報収集できる人は重宝されます。社会人になってからも大きな強みになりますし、特に直属の上司からも評価されるでしょう。

ちなみに私自身は、ゴールに設定した企業の内定を貰うことはできませんでした(二次面接で落選)。しかし、この情報収集は他で受けていた大手や中小企業に転用可能でしたので、効率よく就職活動ができました。

 

他人の評価を上手く使い、ブラッシュアップできる

就職活動では、履歴書やエントリーシート、面接の受け答えなどの内容を「自分自身で評価する」ことも必要です。しかしこれが意外と難しく、1歩間違えればブラッシュアップのつもりが、ブラッシュダウンになるかもしれません。

就職活動が上手な学生は、現在の状態を他人に評価してもらい、意見を貰ってブラッシュアップしていける人が多いです。例えば大学の就職課、研究室・ゼミの教員、志望する業界に内定を貰った先輩、友人などの意見はとても参考になります。

また企業から学生のプロフィールを見てスカウトする、「逆オファー型」の就職活動も盛んになってきています。このようなサービスでは、どのような業界の企業があなたに関心を持っているか分かりますので、「自分のプロフィールのどの箇所が、この企業の目に留まったのだろうか」と解析とブラッシュアップを繰り返すことで、より自分が志望する業界の企業に近づくことができます。

さらに優秀な学生は、複数の評価を全て鵜吞みにせず、自分で考えて上手に利用します。これらは社会人になってからも必要なことで、上司や先輩に意見を貰い、仕事に活用できる人が成功を納めています。

 

専門性を相手に説明し、納得させられる

働き始めたら、自分の仕事を上司や同僚に説明して納得してもらわなければならない場面が必ず出てきます。これは業種にかかわりません。

自分がどういう人間で、どんな専門性を身につけ、どんな経験を積んできたか。就活の面接では、それを説明できるかどうかが見られています。自分という商品を売り込む場面で、どのように伝えるかが重要なのです。

2020年代の就職活動は、企業から学生へのオファーが増えていくと考えています。大学で学んだ専門性や、自身の経験から「自社で何ができるのか」は特に重要視されるでしょう。その中で説明・説得の上手な学生は、企業の目に留まる可能性も高くなるはずです。

 

就活で苦戦する学生とは?

就職活動を上手くこなす学生もいれば、履歴書やエントリーシート、筆記試験で通過できず、面接に進められない学生も大勢います。なぜ苦戦するのか、その理由を解説します。

 

何でも後回しにする

「履歴書やエントリーシートを書くのは後でいいか」「趣味に忙しいから、面接の練習は後でやろう」と思ったことはありませんか?

今やらなければいけないことを後回しにするようでは、社会人になってからも上手く立ち回ることができません。それが面接官に伝わると、仕事も後回しにするのだろうなと思われてしまいます。

「書類で性格が分かるわけがない」と思うかもしれませんが、履歴書・エントリーシートの誤字や脱字、文章の体裁や筆記試験の点数で判断されます。これらは対策をすれば誰でもクリアできることだからです。大事なことを後回しにしていると、締切りギリギリにようやく行動に移す人物だと思われます。

 

他人の評価を気にして動けない

履歴書・エントリーシートの内容を悪く評価されるのが怖いから、就職課に見せたくない、聞きたくないという学生は多いです。私自身もそのように考えるタイプでした。

しかし、「自分の就職活動方法はこれで正しい」と思い込んで行動していると、万が一間違っていた場合に取り返しのつかないことになります。これは会社に入って仕事をする場合も同じことです。

耳を塞ぎたくなるようなことをいわれるかもしれませんが、思い切って相談してみましょう。履歴書やエントリーシートは、上手く書けたと思っても1度は詳しい人に見てもらったほうが良いです。

 

自身の専門性や経験を納得させられない

自分自身が習得してきた知識や経験を「相手に分かるように説明できない学生」は、企業からお断りされる可能性があります。企業に入った後に、営業や技術説明ができるのかと疑われるからです。

 

企業が求める人物になるために

就職活動で上手くいく学生、苦戦する学生について見てきました。次に、企業が求める人物像になるため、どのように準備をし、意識改革をすれば良いのか解説します

 

就活の準備方法

就職活動で「企業から求められる人物」になるには、「基本スキルを身につける」、「他人に意見を求め、耳を傾ける」の2点が必須です。

基本スキルは前述したように、挨拶や敬語などが重要なので、日常生活でも導入して慣れさせていきます。

また、書類を書く、企業を調べる、エントリーするなどの工程において、「これでいいだろう」と自己完結してしまうのは良くありません。周囲の人に相談し、意見を求めましょう。中には的外れな意見もあるかもしれませんが、そのような意見も取捨選択できるように訓練します。

これらはキャリアアップにも必要なことなので、今のうち身につけておくべきです。

 

他人からどう見られているかを気にする

学生のうちは「髪がぼさぼさ」「髭ボウボウ」でも気にしない人はいます。しかし社会人になると、見た目や言動が「自分自身の評価」につながるのです。

何も難しく考える必要はありません。同僚や友人の身だしなみが「こんなのだったら嫌だ」と思う姿を想像し、自分がそうなっていないかチェックすれば良いのです。

 

いつでも自身の専門性と経験を話せるように

就職活動が始まる前に、大学で習得した専門性やスキル、経験の棚卸しを行いましょう。そして社会にどう活用できるのかを考え、説明できるように練習しておくのがポイントです。

誰かにそれを聞かせて、アドバイスを貰ったりブラッシュアップしたりしておくことも大事です。

就職活動の面接では、会話を通じて「人物像」を見られます。しっかりとアピールできるように、前もって準備しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。就職活動で企業が求めるのはどのような人物かについて解説してきました。

重要なことは、

・挨拶、敬語など社会人の基本スキルを身につける
・身だしなみを気にする
・周囲の人に意見を聞くことができる
・専門性やスキル、経験を伝えることができる

です。

ぜひ実践して、就職活動を充実させてください。皆さんの成功を祈っています。