• OfferBox Story
  • けんたさん
  • 長崎県立大学 地域創造学部(文系、学士)
  • 2021年卒

  • 就活に欠かせないアイテム

    ①私服
    理由→常にスーツだったり、就活モードだと正直キツいと思います。
    自分のお気に入りの私服を持って行って着るだけでも気分転換になるので、オススメです!
    ②マイク付きイヤホン
    理由→移動しながら、メモをとりながら電話が出来るので、電話しやすくなります!

  • あなたのガクチカストーリー

    私は大学生活で強みである柔軟な発想と行動力を活用し、「旅供」という旅行事業を起業いたしました。
    この事業は旅先での計画のみをこと細かく立てるというものです。
    既存のホテルや交通手段をセットとしたパックプランを提案する旅行系事業から少し視点を変え、私の周辺にも多くいた、旅行はしたいが計画を立てるのが面倒であるという人に注目し、はみ出したニーズを拾い上げ、形にしました。
    最終的に仕事を実際にいただき、お金をいただくという目標まで達成することができました。
    私はこの柔軟な発想と視点でお客様が本当に求めているニーズを見つけ出し、目的や要求に合わせ柔軟に対応する力と、アルバイトで磨いた1歩先を読んだ営業・接客の力を仕事に活かしていきたいと考えております。

  • OfferBoxをつかったきっかけ

    サイトで見かけたからです。
    元々、「企業側からオファーを頂けるアプリがあればいいのに」と考えていたため、OfferBoxを見つけた瞬間にダウンロードしました。
    オファーが来ると、私が認められたように感じ、自信となりました。

  • あなただけのOfferBox活用法

    目につきやすいワードを散りばめました。
    人間、長い文章はなかなか読む気になれません。
    そこで、ポイントや伝えたいことを分かりやすく、端的に書くようにしました。
    そうすることで私の伝えたいことが企業側に上手く伝わり、そのポイントに共感してくださった企業がオファーしてくださるようになりました。
    また、自己PRやガクチカに限らず、全ての文において、「事実」を伝えるのではなく、「私が企業でどのように活躍できるか」をイメージできるような文章作りを心がけました。

    OfferBoxに掲載していた画像

     
  • 就活で嬉しかったこと、楽しかったこと

    私は就職活動はずっと楽しかったです。
    自分が今までやってきたことがどれだけ評価されるのか、自分をどれだけ売り込めるのかということを楽しみながら就職活動を行っていました。
    就職活動を通して様々な方と知り合ったり、友達が増えたのも楽しかったです。
    また、私が話したことに人事の方がいい反応をくださったり、選考を通過した際は嬉しかったです。

OfferBox Story OfferBox Story