インターンシップとは何?目的やスケジュールなど基本の解説!就活に有利?選考との関係はあるの?どんな種類のインターンに参加すべき?

  • LINEで送る

就職活動のスタートとして、インターンシップに参加をする学生は年々増えています。インターンシップが「当たり前」になってきつつある一方で、「そもそもインターンシップって何?」「何のために参加するの?」と、疑問に思う学生も少なくないでしょう。

この記事では、インターンシップとは何かについて解説しています。
あわせてインターンシップの目的一般的なインターンシップ のスケジュールについても紹介します。

そもそもインターンシップとは?

まずは、インターンシップとはどんなものなのか、基本的な部分を知っていきましょう。よくアルバイトと混同されることもありますが、その違いについてもお伝えします。

インターンシップとは、就労体験の場

本来インターンシップとは、一定の期間、企業が学生に対して特定の職業体験を積ませることを指します。学生はインターンシップを経験することにより、その職業のスキルの一部を会得することができます。

上記のような側面も持つ一方で、近年では「就職活動の入り口」としてのインターンシップが一般化してきています。
職業体験だけでなく、企業を知るための説明会や、面接対策といったさまざまなコンテンツのインターンシップがあります。
インターンシップの種類の詳細については後述します。

インターンシップとアルバイトの違い

特に長期のインターンシップは、有給のケースが多いです。その場合、「アルバイトと何が違うの?」と思われる方もいるでしょう。

1番の大きな違いは、「企業側の目的」です。

企業側のインターンシップの目的

  • 学生と早期に接触すること
  • 学生に企業理解、職種理解を深めてもらうこと
  • 企業が学生を理解し、自社にマッチするか見極めること

企業側のアルバイトの目的

  • 必要な業務をしてもらうこと

インターンシップに参加する目的とは?

上記でインターンシップが何かはご理解いただけたと思います。
では次は、何のためにインターンシップに参加するのか?参加するメリットについてお伝えします。

インターンシップに参加する大きな目的は主に3つです。

  • 業界・企業理解のため
  • 自己分析のため
  • 企業との早期接触のため

それでは、それぞれの目的について解説していきます。

業界・企業理解のため

インターンシップ に参加する最も大きなメリットは、その業界や企業の理解を深められることです。

インターンシップは、本選考が本格化する前に開催されます。本選考が開始する前に、ある程度志望業界を明確にできていた方が、本選考が始まった時、効率的に時間を使うことができます。闇雲に選考を受けなくてよいためです。

とはいえ、本やネットなど、文字で得た知識だけで、志望業界を決めるのが不安な人は多いです。そうした不安を払拭するのに、インターンシップはとても役立ちます。

本来の就労体験を目的としたものや、説明会のインターンシップでは、その企業だけでなく、業界についての理解を深められます。
実際の社員の話を聞いたり、仕事の一部を体験することによって、文字だけでは得られない
その業界・企業のリアルな部分に触れることができます。そうした体験は、志望業界を決める上で、大いに役に立ちます。

自己分析のため

自己分析にはさまざまなやり方がありますが、実際にインターンシップで仕事を体験することで、自分にはどんな仕事が向いているか、もしくは向いていないかを、深く理解することができます。
実際の仕事をする中で、自分の強みや弱みに初めて気づくこともあります。実際の仕事の中で体感した自分の強みは、自信を持って面接でアピールすることができるでしょう。

また、最近では自己分析を目的としたインターンシップのコンテンツもあります。建設的な思考法を教えてもらえたり、ほかの人の意見をもらえたりするので、1人で机に向かって考えるよりも、効率的に自己分析を進められます。

企業との早期接触のため

インターンシップで得られる知識は、事業内容や仕事内容だけではありません。「どんな社員が働いているのか?」「どんな職場環境なのか?」など、実際に働いてみないとわからない情報を知ることができます。
その企業について、早い段階から深く知ることができるため、志望理由を明確にしたり、入社後のキャリアをイメージするといった面接の準備を、本選考が始まる前から進めることができます。

また、「仕事は魅力的だけれど、社風が自分に合わない」ということに気づければ、その企業の本選考を受けることはなくなるでしょうし、忙しい時期の工数削減にもなります。

「そもそもインターンシップ自体が、本選考と関係しているのか?」については、この後お伝えします。

インターンシップは就活に有利なのか?

インターンシップに参加することの本来の目的をお伝えしましたが、「選考に有利になるから」という理由でインターンシップに応募する学生も多いと思います。
果たして、インターンシップは本当に就職活動に有利なのでしょうか?

企業がインターンを開催する目的

学生と同様に、企業にももちろん、インターンシップの目的があります。主には以下の3種類です。

  • 会社のことを知ってもらうため
  • 学生との相互理解を深めるため
  • 学生の成長を促し即戦力化するため

それでは、それぞれの目的について解説していきます。

会社のことを知ってもらうため

ホームページや就活ナビサイトだけでは伝えきれない、自社の魅力を伝えることが目的です。学生にとってイメージがしづらいBtoBのビジネスモデルの企業は、この目的のためにインターンシップを開催することが多いです。
具体的な事業内容や、実際の会社の雰囲気など、文字だと伝わりづらいことをインターンシップを通じて知ってもらいたいと考えています。

学生との相互理解を深めるため

自社のことを知ってもらうだけでなく、参加してくれた学生のことを知ることも目的です。「学生は自社のどんな部分に興味を持ってくれているのか?」といった、学生目線を知るだけでなく、参加学生との個々の相性や適性も見ています。
説明会よりも、互いに意見交換のできるワークショップ形式のインターンシップには、特にこうした目的があります。

学生の成長を促し、即戦力化するため

この目的を据えている企業の場合、インターンシップと本選考が密接に関係しているケースが多いです。インターンシップの種類としては、数ヶ月以上の長期インターンシップの一部などが該当します。

ぜひ入社して欲しい学生に、実際の業務に近い経験を積んでもらうことで、自社に対する理解を深めてもらうと同時に、入社後スムーズに仕事に馴染めるようになってもらうことが目的です。

これらの目的は、全て当てはまる企業もあれば、1点しか当てはまらない企業もあります。
企業ごとにインターンシップを開催する目的は異なります。

インターンシップと本選考は関係しているのか

前述したように、インターンシップの目的は各社異なります。
したがって、「インターンシップと本選考の関係性」も、企業により全く異なります。

「会社のことを知ってもらうため」だけにインターンシップを開催する企業は、インターンシップの段階では、学生を選考することは考えません。

一方で、「入社後の即戦力」まで見据えたインターンシップの場合は本選考の色合いが強いです。そうしたインターンシップの場合は、参加条件として、しっかりとした試験を設けるケースが多いです。

また、その企業のインターンシップがどの程度本選考と関係しているかは、学生からはわからないようになっています。
ただし、明確に「選考直結型」を謳っているもの以外は、そこまで選考要素は大きくないと考えて良いと思います。

なぜなら、就活準備が学生にとって非常に大変であることを企業は知っているからです。

面接での受け答えや振る舞いは、しっかりとした準備が必要です。しかしインターンシップが開催されるのは本選考前の時期のため、そうした準備が不十分である学生がほとんどです。

大半の企業が採用したいのは、「努力しないでもできる人」ではなく「努力すればできる人」です。そのため、「選考要素はない」と油断させておきながら、細かく挙動をジャッジするようなケースは稀です。

もちろん、「とても良い・悪い」と感じる学生がいたら目にとまるでしょうが、大抵は本選考の時期までに、しっかり準備しておけば良いケースがほとんどです。

インターンシップの種類・特徴

企業のインターンシップの目的はお分かりいただけたと思います。
次にインターンシップには、どんな種類があるのかお伝えします。

期間で分けると、インターンシップは大きく3種類あります。

  • 1dayインターンシップ
  • 短期インターンシップ
  • 長期インターンシップ

1dayインターンシップ

1〜3時間程度の長さのインターンシップです。
説明会やセミナーといった、企業側の話を聞くタイプのコンテンツのものが多いです。
面接対策講座など、就職活動に役立つ知識を身につけられるものもあります。

応募試験は不要なものが多く、気軽に参加できるのが特徴です。
いろいろな業界・企業のインターンシップに参加してみたい人におすすめです。

短期インターンシップ

短期・長期の具体的な定義はありませんが、1週間から長くて1ヶ月程度のものが多いです。
学校の長期休みの期間に開催されることが多く、1日の拘束時間も比較的長めです。

グループワークなどを通して、その企業の業務に関した、何かしらの課題を解決するようなコンテンツが多いです。

参加人数枠にもよりますが、応募試験はあることが多いです。
本選考との関係性も強いケースが多いため、志望業界が決まっている人におすすめです。

長期インターンシップ

1ヶ月以上のものが多いです。大半の企業では、アルバイトのように、参加日程を企業と個別に調整できます。

実際の仕事の現場に入り、社員と肩を並べて、業務の一部を任されるコンテンツが多いです。1day、短期インターンシップとの大きな違いとして、大抵の場合、給与が支払われます。

参加人数枠は少ないため、応募試験は大抵あります。また、本選考との関係性もとても強いです。
志望度が高い人だけでなく、スキルを身につけたいという人にもおすすめです。
ただし、拘束時間が長いため、ほかのインターンシップと並行して参加するのが難しいこともあります。

自分がどの種類のインターンシップに参加すべきか悩む人は、こちらの記事をぜひ読んでみてください。
脱”なんとなくインターン”後悔しないインターンの選び方

サマーインターンシップのメリットとスケジュール

どんな種類のインターンシップがあるのか、理解いただけたと思います。
ここからは、季節ごとに開催されるインターンシップについて触れていきます。

まずは、夏季インターンシップの参加メリットやスケジュールについてお伝えします。

初めてインターンシップに参加する学生が多いのが、夏季休暇に開催されるインターンシップです。サマーインターンシップで「就活を始める」という学生も少なくありません。

選考要素の少ないインターンシップが数多く開催されるのが特徴です。

サマーインターンシップに参加するメリット

  • さまざまな企業、業界を効率的に知ることができ、志望業界を定められる
  • 就職活動のコンテンツや、ほかの就活生を知ることで、頭が「就活モード」に切り替わる
  • 企業との早期接触ができる

サマーインターンシップのスケジュール

インターンシップの開催時期、応募時期は企業により異なります。以下は、大枠のスケジュールとなります。

5月:コンサル系など、一部企業が募集開始・エントリーシート(ES)提出
6月:大手企業が募集開始・ES提出
7月:参加選考
8〜9月:インターンシップ開催

秋・冬インターンシップのメリットとスケジュール

次に、秋・冬に開催されるインターンシップについて説明します。
こちらは主に、夏季休暇後から年明けにかけて、開催されるインターンシップを指します。

秋・冬インターンシップを開催する企業は、学生が既に何かしらのサマーインターンシップに参加したことがあり、ある程度志望業界を絞っていることを想定しています。

そのため、より実務的なコンテンツや本選考との関係性が強いものが多いです。

秋・冬インターンシップに参加するメリット

  • 夏に接点が持てなかった業界・企業と、本選考前に接点が持てる
  • サマーインターンシップに比べて選考の意味合いが強く、本選考に有利なことがある
  • 実務に近い経験ができるものが多く、業務イメージを把握しやすい

秋・冬インターンシップのスケジュール

こちらもサマーインターンシップと同様に、開催時期、応募時期は企業により異なります。

【年内開催のインターンシップ】
9〜10月:募集開始・ES提出
9〜10月:参加選考
10月〜12月:インターンシップ開催

【年内開催のインターンシップ】
11〜12月:募集開始・ES提出
11〜12月:参加選考
1月:インターンシップ開催

OfferBoxに登録して、インターンシップのオファーを受け取ろう

インターンシップの目的やスケジュールに関して、深く理解いただけたと思います。

一方で、「目的やスケジュールはわかったけれど、どうやって自分に合う企業のインターンシップを探したら良いのだろう?」という人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのが、OfferBoxです。

OfferBoxは企業からインターンシップのオファーが届く

OfferBoxは大学3年生・大学院1年生の4月から、企業からのオファーを受け取ることが可能です。特に、6月から7月にかけてはサマーインターンシップのオファーが多く飛び交います。

企業は、あなたのプロフィールを見て、自社のインターンシップに参加して欲しいか判断し、オファーを送ります。
そのため、「まずはどんなインターンシップに参加したらいいかわからない」という人や、「インターンシップの探し方がわからない」という人には特におすすめです。

「インターンって何?」という疑問は解消できましたか?

インターンシップでは、本選考が始まる前に企業や業界の知識を深めたり、自己分析など就活準備を進めたりすることができます。
さらに、インターンシップの種類によっては、本選考を有利に進めることができる可能性もあります。
積極的に、インターンシップを活用していきましょう。