就活は高望みしない方が良い?就活で高望みしすぎる影響と対策方法

  • LINEで送る

就活をする際に、「大企業に就職したい」「有名な企業にエントリーしたい」と考えるのはおかしなことではありません。

就活で高望みするのは決して悪いことではありませんが、就活で高望みしすぎると内定を獲得しにくくなる可能性もあるので注意が必要です。

就活で高望みしすぎる影響や、就活で高望みしない場合のメリット・デメリットを確認していきましょう。

就活で高望みしすぎる影響は?

就活の可能性を考えれば、高望みすることも必要です。

しかし、就活で高望みしすぎると悪影響が出てしまい、思うような結果を得られないこともあります。

就活で高望みしすぎる影響について確認していきましょう。

企業選択が柔軟にできない

大企業や有名な企業ばかりに応募するということが就活の高望みであるとすれば、これらの企業に就職できるチャンスを得ることにはなるでしょう。

しかし、就活で高望みしすぎている場合は、無謀であったり、内定の可能性がない、もしくは著しく低い企業ばかりを選んでしまっているともいえるかもしれません。

もちろん内定獲得の可能性が大企業や有名企業にもないわけではありませんが、分析や戦略を持たずに大企業だし、有名だからという考えで選んでいる場合は、自分に適した起業家という部分に目を向けられていない可能性があるので、高望みしすぎていないか冷静に考えなくてはいけません。

自己分析が疎かになってしまいやすい

高望みはまだいいかもしれませんが、高望しすぎているという状態は自己理解が足りていなかったり、自己評価を誤っている可能性があります。

高望みしすぎていてもチャンスがないわけではありませんが、自己分析をして自分に合った企業を探しているかといえばそうは言えない部分もあるはずです。

就活において自己分析は重要ですので、高望みしすぎていると自分で思わないかどうかはもちろん、そう思われていないかという部分も意識して、自己分析の結果を反映した企業選びをするようにしましょう。

チャンスを見失いやすい

高望みしすぎている場合、自分に適した企業があることに気がつかなかったり、企業からのアプローチや、判断をする際にチャンスを逃していることがあるかもしれません。

高望みしすぎていなければ、冷静に判断や分析できたことも高望みしすぎていると逃してしまうということはあるはずです。

就活では同時に進められる数が限られていたり、期日までにどちらか選ばないといけないということも多くあるので、高望みしすぎてチャンスを見失わないように注意しなければいけません。

内定を獲得しにくい

高望みしすぎると、内定を獲得できない可能性があります。

大企業の選考倍率は数百倍〜数千倍になることもあり、難易度が非常に高く、内定を取るのは困難です。

大企業に挑戦することも大事ですが、倍率の高い企業ばかりエントリーするのではなく、現実的なラインも考えながら就活を進めていきましょう。

知名度の低い企業やベンチャー企業にも、将来性が高く福利厚生の充実しているホワイト企業は数多く存在します。

大企業や特定の業界に固執せずに、選択肢の幅を広げて挑戦することが就活を成功させるポイントになります。

就活で高望みしない場合のメリット・デメリット

就活で高望みしない場合にもメリットとデメリットが存在します。

高望みせずに着実に就活を進めて行こうとすると、思わぬ落とし穴にはまる可能性もあるので注意が必要です。

就活で高望みしない場合のメリットとデメリットを確認していきましょう。

早めに内定を獲得しやすいメリットがある

高望みをせずに現実的なラインで就活を進めていけば、早期に内定を獲得しやすくなります。

大企業のように倍率の高い企業ではなく、現実的に内定を獲得できそうな企業に絞って就活を進められるため、早い段階で内定を獲得できる可能性は高いでしょう。

早めに内定を獲得できれば自信がつき、精神的に余裕を持って就活を進められます。

また、内定をもらえれば就活も早い段階で終えることもできるので、あまった時間は留学したりアルバイトをしたりして自分の好きな時間に使えます。

大企業へ就職できるチャンスを逃すデメリットがある

高望みしないで中小企業やベンチャー企業ばかりにエントリーしていると、大企業へ就職できる可能性を失ってしまいます。

「大企業にエントリーしても、どうせ選考で落とされるだろう」と思うかもしれませんが、選考に通るかどうかは実際にチャレンジしてみないとわかりません。

就活の際に高望みしないことが原因で、自分の将来の可能性を狭めてしまうこともあるので注意が必要です。

現実的なラインで就活を進めることも大事ですが、選択肢の幅を広げるには目標を高く持つことも大事です。

就活の高望みで失敗しないための対策方法

就活で高望みするとデメリットが生じる場合もありますがメリットもあるので、就活の高望みに失敗しないための対策が必要です。

就活の高望みで失敗しないための対策を確認していきましょう。

自己分析をやり直す

就活で高望みしたり、高望みしなかったりするのは、自分の軸が曖昧である可能性があります。

自分の市場価値を知るために、自己分析をやり直しましょう。

自己分析に終わりはないため、一度だけでなく何度も分析することで、より自分に合う企業を見つけやすくなります。

自分としっかり向き合う時間を作り、自分の得意なことや強みがわかると、「あのときこうしておけば良かった」と後悔するリスクを最小限に抑えられます。

企業・業界研究をやり直す

内定をもらうために企業・業界研究を徹底しましょう。

最終面接までは進むものの、なかなか内定を獲得できないのは、企業・業界研究が足りていないからかもしれません。

企業について詳しく把握していないと、最終面接に受かることは困難です。

業界についてはもちろん、企業についてもホームページや会社説明会、OB・OG訪問などで情報収集を行う必要があります。

面接で以下のことを質問されても、スムーズに回答できるところまで企業研究を行いましょう。

  • 志望理由
  • 企業の強みや特徴
  • 企業とのマッチ度

高望みして特定の業界や企業に固執すると、「本当は違う業界の方が合っていたかも」と後悔する可能性があります。

就活の可能性を広げるためにも、幅広い業界の情報収集を行い、自分と合いそうな業界を探してみましょう。

OB・OGに相談する

就活をスムーズに進めていくために、OB・OGに相談してアドバイスをもらいましょう。

OB・OGは実際に就活をして選考を突破した経験者です。

就活では何に力を入れるべきか、どのような準備をすると良いか等、就活で役立つ情報を教えてもらえます。

就活の高望みで後悔しないためにも、どうすれば納得のいく内定を獲得できるのか相談してみましょう。

OB・OGはすでに企業で働いている社会人でもあるため、実際の業務はどうなのか、就活時とのギャップはあるのか等、企業や仕事の話を聞くのも有効です。

受ける選考の数を増やす

就活では食わず嫌いをせずに、さまざまな企業にエントリーして受ける選考の数を増やすことも大事です。

高望みしすぎて大企業ばかりにエントリーしたり、高望みしないであまり考えずにエントリーしたりするのも良くありません。

選考の幅を狭めてしまうと、自分の市場価値を正確に知ることができず、自分に合う企業も見つかりにくくなります。

企業の規模や知名度などで選り好みせずに、幅広い視野を持ってさまざまな企業の選考にチャレンジしてみましょう。

実際に選考を受けてみると、企業の印象が変わったり、「自分には意外とこの業界が合っているかも」という新しい発見をしたりすることがあります。

就活サイトにエントリーする

就活サイトを利用してエントリーすることで、より多くの企業情報を得ることができ、自分に合う企業を見つけやすくなります。

情報を集めやすくなるため、企業を調べる時間と手間を省けるのもメリットです。

就活サイトでは業界や業種検索もできるので、絞り込み検索をすれば自分の希望条件に合う求人情報を短時間で素早くチェックできます。

エントリーシートの提出や面接の予約もできるため、就活を効率よく進められるでしょう。

また、一部の就活サイトでは就活支援も行っています。履歴書の添削や面接対策などのサポートを受けたり、専門のキャリアコンサルタントからアドバイスを受けたりできるため、就活の高望みで失敗するリスクを軽減できるでしょう。

逆求人サイトを利用する

自分に合う企業がわからないときは、逆求人サイトを利用してみましょう。

逆求人サイトとは、企業から就活生にスカウトやオファーが届くサービスです。

事前にプロフィールを作成しておくと、そのプロフィールを見て興味を持った企業からオファーが届くため、自らアクションを起こさなくても自分にマッチする企業と出会えるチャンスが増えます。

就活で高望みしすぎてしまう人も、逆求人サイトを利用することで、自分がどんな企業から必要とされているのか、どんな企業に興味を持ってもらえるのか、自分の市場価値を正確に把握できるでしょう。

就活での高望みの影響を避けるならOfferBox

就活で高望みすることにはメリットとデメリットがあります。

目標を高く持ち、後悔のない就活を行うには高望みも必要ですが、高望みしすぎると内定を獲得しにくくなる場合があるため注意が必要です。

高望みの影響で就活を失敗することがないように、自己分析や企業・業界研究はしっかり行いましょう。

就活での高望みの影響を避ける手段のひとつとして、逆求人型の就活サービス「OfferBox(オファーボックス)」を活用してみてください。

OfferBoxはプロフィールを登録することであなたに興味を抱いた企業からのオファーを受け取れるため、自分の市場価値やマッチする企業がわからない方の役に立ちます。

また、OfferBoxには自己分析ツールもありますので、高望み対策や自己の把握に活用してみてください!