自分史の作り方|テンプレートや作り方・例文を紹介

  • LINEで送る

「就活の自分史の作り方を知りたい」
「先輩におすすめされたけど、そもそも自分史って何?」

このような悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。

自分史を作成して過去を振り返ることで、就活における企業選びや自己分析の深掘りに役立ちます。

「自分史」という言葉に聞き馴染みがなく、難しいもののように思えてしまうかもしれませんが、身構える必要はありません。この記事で、自分史の作成方法を紹介します。

具体的な書き方やテンプレートも交えて解説するので、本記事を読めば自分史を作成する手順がわかるはずです。これを機に、ぜひ自分史を作成してみましょう。

自分史とは

まずは自分史とはなにか、解説します。自分史は自己分析を進めるうえで効果的なものなので、ぜひ理解した上で取り組んでみましょう。

生まれてから現在までの自分の半生を書いたもの

自分史とは、「自分の半生を時系列に整理してまとめたもの」のことです。

半生というと難しく思えるかもしれませんが、自分が経験してきたことを一覧化するだけなので、身構える必要はありません。

自分がこれまで生きてきた中で、努力したことや好きなもの、目標などを洗い出しましょう。

自分史を作成する際は、要所やターニングポイントなどがわかりやすいようにまとめられると良いでしょう。

就活で作成する自分史では、小学校から大学までを時代ごとに区切って作成する場合が多いです。

就活の自己分析で活用できる

自分史はエントリーシートや履歴書のように企業への提出が必須なものではありません。そのため、就活で自分史の作成が必要なのか疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、自分の半生をまとめることで、自分がこれまでに経験したできごとや考えを整理することができます。

心境の変化やモチベーション、取ってきた行動などを当時の出来事や環境と照らし合わせて振り返ることで、自分について深く振り返ることができます。

自分史のテンプレート

OfferBoxでは、自分史を記入できる自己分析シートのテンプレートをご用意しています。無料でダウンロードできるので、ぜひ就活にお役立てください!

次の見出しからは、こちらのテンプレートを使った自分史の作り方を解説します。

ダウンロード_自分史Excelテンプレート_OfferBox

自分史の作り方と例文

ここからは、自分史の作り方を手順別に紹介します。例文も交えて解説するので、どのように進めて良いかわからない場合は是非参考にしてみてください。

  1. 各年代の自分のキャラクターを書く
  2. 実際のエピソードを時系列でなるべく多く書く
  3. 当時のモチベーションをグラフ化する
  4. 当時考えていたことをなるべく多く書く
  5. 振り返ると学びになったことをなるべく多く書く
  6. 全体の流れを見て自分の特徴をまとめていく

1. 各年代の自分のキャラクターを書く

まずは、各年代における自分のキャラクターを書き出しましょう。
小学校入学以前、小学校低学年など年代別に自分の歴史を振り返っていきます。

テンプレートを使用する場合は、C列に年代ごとにしていた活動を、D列には組織の中での自分の立ち位置を記入してください。「活動」の欄には所属した学校、部活、地域の活動、環境などを記入しましょう。

思い出せるものはなんでも列挙してみるのがポイントです。

そして、その活動の中で、自分はどういうキャラクターで、どのような立ち位置だったのかを考えます。リーダー的存在だったのか、中継ぎ役だったのか、周囲についていくタイプだったのかなど、以下のようなイメージで思いつくだけ書き出してみてください。

【キャラクターの例】

  • クラスのお調子者
  • 委員長を務めるクラスのリーダー
  • 部活に打ち込む野球少年
  • 天然だとよく言われた
  • 何かと相談されやすい中立ポジション
  • 常に一歩引いてその場の空気を俯瞰していた
  • 勉強熱心で真面目な性格
  • マイペースで一人の方が気が楽。一人で行動することが多い

言葉は選ばなくていいので、思い出せることをなるべくたくさん書き出してみましょう。

2. 実際のエピソードを時系列でなるべく多く書く

年代ごとのキャラクターを書き終えたら、実際のエピソードを時系列で書き出していきましょう。

テンプレートを使用する場合は、E列の欄にその年代ごとのできごとを列挙します。ここでも言葉を選ぶ必要はなく、箇条書き程度でOKです。

些細な出来事も深堀りするとヒントを得られたり、意味があったりするエピソードである可能性があります。まずはとにかく思いつく限り書き出してみましょう。

例えば、以下のようなエピソードを書いてみましょう。ここでも内容を精査する必要はありません。まずは洗い出すことが重要です。

  • 友だちとケンカして3日間引きずっていたことがある
  • ディズニーランドが好きすぎて帰り際にまだ遊びたいとよく泣いていた
  • 学校が楽しくて学期末にはいつも皆勤賞を受賞していた
  • 部活のことしか思い出せないくらいサッカーに夢中だった
  • 数学が苦手だった
  • 自転車でよく転んでいた

3. 当時のモチベーションをグラフ化する

続いて、当時のモチベーションをグラフ化しましょう。

書き出した過去の出来事をもとに、「その中でもモチベーションが上下した出来事」をピックアップしていきます。

ピックアップした出来事に関しては「何故この時モチベーションが上がったんだろう」
「この時落ち込んだのをどう克服したか」などと振り返ってみましょう。

テンプレートを使用する場合は、「ライフラインチャート」の欄を使用すると便利です。

C列からD列まで記入したことを元に、当時のモチベーションをI列に記入します。その年ごとにもっとも印象深かったできごとをピックアップし、当時のモチベーションが低ければ左寄り、高ければ右寄りにポイントを打っていきましょう。

それぞれのポイントをつなげてラインを書くと、曲線グラフが出来上がります。PC上での作成が難しい場合にはプリントアウトして手書きで作成しても問題ありません。

グラフにして可視化することで、過去のモチベーションの波がひと目で分かるようになります。

4. 当時考えていたことをなるべく多く書く

続いて、当時考えていたことをなるべくたくさん書き出しましょう。こちらも年代別に整理しながら記入していきます。

テンプレートを使用する場合は、F列に当時の感情や考えを記入してみてください。

こちらも、難しい言葉で表そうとする必要はありません。以下のようなイメージで簡単に書き出してみましょう。

  • クラスが大好きで、毎日が楽しくて仕方ない
  • 人見知りが激しく、部活仲間でも話すのに苦労した
  • すぐにやめてしまう人や諦めてしまう人の気持ちが全くわからない
  • 部活動の先生は厳しかったが、自分にはこのくらいビシバシ指導してもらえる方がちょうど良いと思った

このように、簡単な感情や考えを書き出す程度で十分です。できるだけ数多く書き出しましょう。

5. 振り返ると学びになったことをなるべく多く書く

感情の書き込みが終わったら、当時の出来事や経験から得た学びを記入しましょう。

テンプレートを使用する際は、G列の欄に当時の学びを書き出してみてください。また、振り返ってみてとくに転換点になったと感じた年には、H列に*印をつけておきましょう。*印は1ヶ所だけでなく複数ヶ所に入れてかまいません。

経験から学んだことについては、以下のようなイメージで記入していきます。

  • 仲の良いクラスメイトを通じて他クラスの人とも和が広がるようになった。人と関わる楽しさを知った
  • 人見知りは克服できなかったが、時間をかけて仲良くなることで深い関係性を築くことができた
  • 厳しい環境に身を置いたり、高すぎるくらいの目標を掲げたりすることで成長できるとわかった

6. 全体の流れを見て自分の特徴をまとめていく

年代ごとの立ち位置、エピソード、モチベーション、感情、学びをすべて書き終えたら、最後に全体の流れをみて自分の特徴をまとめていきます。

書き出した自分史の中から、年代に関わらず共通する点や傾向をピックアップしていきましょう。自ずと特徴が見えてくるはずです。

特徴をまとめる際は、別のフォルダや紙に整理すると、後から見返しやすくなります。

また、完成したシートをほかの人と共有したり、見せ合ってみるのもよいでしょう。自分だけでは得られない気付きがうまれるかもしれません。

自分史の書き方のポイント

ここまでは、自分史の具体的な作成方法についてご紹介しました。

最後に、自分史の書き方のポイントをご紹介します。これから自分史を作成する方はぜひ参考にしてみてください。

ささいなこともなるべく多く書き出す

ささいなできごとやエピソードであっても、思い出せるものはすべて書き出してみましょう。

一度すべて書き出してみることで、自分の行動や考え方を可視化することができます。

また、一見就活や自己分析には関係ないように思える事柄も、自分の行動や価値観について考えるきっかけとなる可能性もあります。

「これはいらないかな?」と思うような小さなエピソードであっても頭の中で選別せず、まずは書き出してなるべく多く洗い出してみましょう。

「なぜ始めたか」振り返る

部活動や習い事など、何かの活動を始めるタイミングが誰でも一度はあったかと思います。

何かを始めるということは、数ある中からその活動を選んだということです。活動を始めた理由を振り返ることで、自分の目標意識や価値観の洗い出しにつながります。

たとえば、バスケ部に入った理由が「県大会に出場するくらい強い部活だったから」であれば、「自分は高い目標に向かうことがモチベーションにつながるタイプ」であると分析できます。

活動を振り返るときには、「なぜ始めたか」に着目してみましょう。

「なぜやめたか」振り返る

始めた理由を洗い出すのと同様に、その活動を「なぜやめたか」についても振り返ることが大切です。

たとえば、「テニスをしたくて入部したのにもかかわらず、悪口を言い合うようなノリが合わなかった」「ピアノを習っていたが、毎日の練習が苦になり1年ちょっとでやめてしまった」など、活動ごとにやめることになった原因を見つけてみましょう。

就職して長期的に活躍することを考えた際に、自分がどのようなポイントでやめたいと感じるのかを知っていることは重要です。自分にあった企業を探すヒントにもなるでしょう。

モチベーションのギャップに注目して比較する

モチベーショングラフでは、モチベーションが大きく転換するタイミングを探しましょう。

曲線グラフの中で、山や谷になっているところが分岐点です。

自分がどのようなときにモチベーションが上がっていたのか、どのようなできごとを受けてモチベーションが下がっていたのかに着目して、共通点を探してみてください。

モチベーションのギャップに注目することで、どのような環境下でやる気がでるのか、実力を発揮しやすいのかなどが見えてくるでしょう。

自分史での自己分析がなかなか進まない場合

自分史での自己分析がなかなか進まない場合は、無料の自己分析ツール「AnalyzeU+」を試してみてください。

AnalyzeU+は質問に答えるだけで、あなたの強みや弱みを抽出してくれます。具体的には、社会人基礎力11項目+次世代リーダー力14項目の計25項目で診断結果をグラフで見ることができます。

すでに累計100万人以上が利用しており、膨大なデータを根拠として、自分がどのような特徴を持っているのかが分かります。

自分のことを言語化することが苦手な場合は、ぜひ自己分析ツールでまず言語化してみてください。

まとめ

以上、今回は自分史の作り方やテンプレート、書き方のポイントについてご紹介しました。

自己分析をするときは、小さなできごとやエピソードにも目を向けて、何でも書き出すことがポイントです。

一度すべて洗い出しを行い、要所となるエピソードやターニングポイントに着目して自己分析を行っていきましょう。

まだ自分史を作成していない方は、これを機にぜひ自分史を書き出してみてください。無料のテンプレートもぜひ活用してみてくださいね。

ダウンロード_自分史Excelテンプレート_OfferBox