定期的にOfferBoxにログインするメリットとは??

  • LINEで送る

イメージ画像

定期的にOfferBoxにログインするメリット3つ!

1.企業からオファーが来やすくなる。

「ログイン日が直近の学生が上位表示される仕組みになっていること」、「最終ログイン日がプロフィール画面に表示されること」などが理由です。
例えば同じくらいの評価の学生が2人いたとして、1人は「最終ログイン日14日前」、もう1人は「最終ログイン日1日前」だった場合に、企業担当者はどちらの学生へオファーを送りたくなるか?ということです。

ちなみに、企業が学生を検索する際使用する検索条件の1つが「最終ログイン日」です。
ログインをしていないと、オファーはおろか、企業の検索結果にも表示されなくなってしまう可能性があります。
オファーを受信するためにも、定期的にログインをするようにしましょう。

 

2.届いたオファーを見逃すことがなくなる。

オファーが届いてから、オファー承認が出来る有効期間は7日間です。企業のオファー送信数に制限がある為、有効期間を設けています。
よくあるのが、「オファーが来ているにもかかわらずログインをしておらず、未開封のままオファーが自動取り消しとなってしまった」というケースです。
これは非常にもったいない状況で、残念ながらこの場合にオファーを復活させることは出来ません。

また、OfferBoxでは、学生にとって「気になる企業」を理解し、オファーを承認したくなるような企業に少しでもプロフィールを見てもらいやすくなるよう、どのような企業からのオファーを承認しているのか、していないのかを含めた行動データなどを機械学習を用いて、企業側の表示順位に反映させています。
(※承認の有無により検索結果に表示されなくなるようなことはありません)

機械学習を促進するためにも、届いたオファーには反応するようにしましょう。

 

3.興味のあるオファーが来ていた場合に即承認、即返信が出来る。

定期的にログインをしていると、その分だけ早くオファーに気づくことが出来ます。
企業側からすると、数万人の学生の中から探し出してオファーを送ったこともあり、オファーを承認してくれるかどうかを楽しみ半分、不安半分で待っています。
その状況で、即オファー承認をしてもらえたり、即返信が来たりすると、印象に残りやすくなります。

 

まとめ

上記3点の理由から、OfferBoxへのログインは最低でも週に1回(オファーの有効期限が7日のため)を目安にするようにしましょう。