「世界に類をみないものを創る」企業が求める学生とは?:理想科学工業株式会社

  • LINEで送る


OfferBoxからのオファーをきっかけに理想科学工業株式会社と出会い、入社に至った元OfferBoxユーザー宮村さん。
現在は、人事部門で新卒採用を任されています。
自身もそんな宮村さんから入社から現在に至るまでのお話や理想科学工業の魅力、そして採用担当者としてプロフィールのどんな点に着目しているのかお話をお伺いしました。

 

 

 

 

 

 

 

宮村さん
2017年入社
新卒営業社員として川崎支社に配属後、1年目10月に採用チームメンバーに抜擢。
現在は主に新卒採用を担当。

理想科学工業との出会いと入社後の今を振り返る

2017年卒として入社された宮村さん。
入社後から今までどんなお仕事をされているのか教えてください。

内定当時は営業としての採用でしたので、新入社員研修終了後から神奈川県川崎支店に配属され営業を担当していました。
その後人事採用チームへの異動が1年目10月に決まり、それからは新入社員、そして中途社員の採用に携わっています。

オファーをもらう以前は理想科学工業のことはご存知でしたか?

全く知りませんでした。名前からも、OA機器の有名企業とは想像もつかなかったのですが、OfferBoxは視野を広げることを目的に活用していたので少しでも興味を持ったのであれば話を聞きに行くようにしていました。
まさかその後入社するとは思っていませんでしたが、話をお聞きした当時の人事担当者が本当に魅力的な方で、そのまま選考に進むことを決めたことを覚えています。

どんな点に魅力を感じて選考に進むことにしたのでしょうか?

その他企業と比較しても一番「個人」を見てくれていることが伝わってきたからです。
OfferBox経由で20~30社ほどの企業の話を聞きに行っていたのですが、企業ごとに本当に選考プロセスが違うんですよね。
選考にはそれぞれの会社の特徴が表れる傾向が強く、その中でも理想科学工業は、どのプロセスにおいても自分に真摯に向き合ってくれていることが聞かなくても伝わってきました。

オファーをきっかけに入社した今、宮村さんの満足度を教えてください。

今こうして理想科学工業の採用担当者として働けていることにやりがいを感じています。
上司からも入社3年目だからこそ出来ることがあると言われ、今年から会社説明会に参加してくれた学生向けに自分の就活経験をもとにした就活支援講座を開催し始めました。
参加した学生が理想科学工業に入社しなかったとしても、今後の就活に活かせるような気づきを与えられればいいなと思っています。

面接当時もそうでしたが、理想科学工業は本当に人を大事にし、人を育てることに力を入れている会社です。
先日読んだ自己啓発本に「会社はお金を貰って自己成長できる場所」と書かれているのを目にしました。
社員1人ひとりの成長を後押しし、様々な学びの機会を提供してくれる会社には本当に感謝していますし、そこで得た知識は学生にも伝えていきたいと思っています。

 

ありがとうございます。ではここからは理想科学工業の採用担当者として理想科学工業の企業の魅力や強み、そしてOfferBoxを利用する理由や学生プロフィールの着目ポイントについてお伺いします。

理想科学工業を紐解く

理想科学工業という会社を一言で表すならば、どのような会社でしょうか?

大手が恐れるニッチ企業だと思います。
理想科学工業自体も売上高800億を超える企業ではあるものの、私たちの競合企業は学生が一度は耳にしたことのある売上高1000億を超える名だたる大手企業ばかりです。
そのような外部環境下で、大手企業が手を出せないニッチな分野に特化して事業を展開し、今年で創業74年を迎えました

企業存続を可能としている大きな要因が、理想科学工業が持つ「世界最速」という技術と独自市場です。
特に市場に関しては、「たくさん印刷をする」官公庁や学校、大手不動産企業等のみが私たちの顧客であり、家庭向けプリンターは取り扱っていません。
競合が激しい市場ではなく、理想科学工業だからこそ開拓できる市場で、大きなシェアを占有していることは、理想科学工業の最大の強みであり特徴であると思います。

活躍している社員のタイプや会社の特徴を教えてください。

私たちは「世界に類をないものを創る」を開発ポリシーとして掲げているので、自分だからこそできる何かを見つけ出すことにワクワクを感じるタイプの社員が多く活躍しています
また、そういった社員は休んでいるときにアイディアが生まれることが多いようで、メリハリを意識して仕事に取り組んでいますね。
中途社員、新入社員問わずこのポリシーに共感して入社する社員も多いので、自ずとそういった考えを持ち合わせた社員が多いのかもしれません。

会社の特徴は、理想科学工業を全員で強い会社にしていこうという「和」を大事にしながらも、1人1人の「個」を大事にし、挑戦する社風ですね。
未来にフォーカスするだけではなく、過去の技術や知恵を重んじて継承しつつ、理想科学工業にしかできない「世界に類をみない製品」を新たに創り出すことに、日々切磋琢磨しています。

OfferBox活用の理由

理想科学工業にとってOfferBoxを利用するメリットとは何でしょうか?

今まで出会えていない”潜在層”の学生と出会えることが、OfferBox活用のメリットだと思っています。
私たちが考える潜在層とは「自分からの発信で自分をアピール出来る人」です。

最近の学生はデジタルネイティブ世代なので、自己プレゼン能力が高い学生が多いように感じています。ただその中でも、就活ナビに頼りきらず自分のやってきたことを主張できるような学生と出会いたいですね。
実際に、OfferBoxを通じて今までは出会うことが難しかった全国の学生に理想科学工業の魅力を伝えることが出来ていることを嬉しく思っています。

また、先にもお伝えしているとおり、私たちの取引相手は官公庁や法人のみですので、正直学生からの知名度はさほど高くありません。
また、名前からもなかなかOA機器の企業とイメージしづらいようで、学生に興味を持ってもらうことに課題を感じていました。
製品やビジネス戦略を説明するチャンスさえ得られれば、絶対に魅力を感じてもらえる強みがある企業ですので、OfferBoxで出会った学生とは、時期にもよりますが1対1で対話する場を設けるようにしています。

採用担当者でもあり、元ユーザーでもある宮村さん。
そんな宮村さんの目に留まる学生プロフィールの特徴を教えてください!

自分らしさを表現できているか、表現しようと努力しているかを見ています
そのためには、プロフィールの内容や写真も、「オンリー1」を意識してほしいですね。
それは輝かしいものである必要はなく、誰しもが過去を振り返った際「これだけは!」という自分にしかできないことがあると思うんです。
その経験をOfferBoxを使って表現してほしいと思っていますし、きちんと考えて表現しようとするその努力が評価に値すると考えています。

私自身もユーザーでしたので、OfferBoxのプロフィールを埋めるにはなかなかの努力が必要ということは認識しています。
ただ、入力できる項目はすべて埋めて、不器用でもいいから一生懸命に頑張っていることを企業側に伝える努力をしてみてください

最後に宮村さんから就活生に向けてメッセージをお願いします。

外部の情報や、友人、就活対策本に振り回れず、自分らしい就活が出来るように考え行動してほしいと思っています。
私自身も就活を開始した当初は、知名度が高い会社や大手企業を中心に就活を進めていました。
周りの友人をみても広告代理店や商社、大手メガバンクに就職を決めている人が大多数でしたし、縦の繋がりも強く、就活開始当初は周りに流されて就活を進めていたことは否めません。

そんな中、ふとしたきっかけでOfferBoxに登録し、様々な企業との出会いを通じて考え方に変化が生まれたことで、今があります。
自分の就活を今振り返ったとしても、あの時の自分の決断を誉めてあげたいですね(笑)。
ぜひ学生のみなさんには、マイノリティを恐れず、自分が行きたい会社に入社することを意識してほしいと思います
そのためにもぜひOfferBoxを使って視野を広げてみてください。
自分で選択することで必ず満足のいく就活になると思いますよ!

 

 

2012年のOfferBox誕生以降、宮村さん始め多くの学生がオファーを通じて思いもよらなかった企業と出会い、活躍しています。
お忙しい中、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 

理想科学工業株式会社

企業ホームページ
https://www.riso.co.jp/

新卒採用サイト
https://www.riso.co.jp/c/company/rec/