ヤマダさん

2021年卒

大阪大学 外国語学部(文系、学士)

就活に欠かせないアイテム

OneNote(Microsoftアプリ)は自己・企業分析に超便利です。
こういう分析は終わりがなく、分析を深めるほど書き直したくなるので、「書き直しが自由」かつ「セクションで整理しやすい」オンラインノートを使っていました。
長時間取れるときはパソコンで、スキマ時間のときはスマホで、と融通がきくのもいいです。
これを3年8月から就活終了まで更新し続けました。
Mac・iPhoneユーザーならiCloudが使えますね。

あなたのガクチカストーリー

私が力を入れたことは「大手アパレル店でのアルバイト」です。
私の勤務する店舗は、都会の高回転運営の店であるため、作業効率が非常に重視されます。
私は、リーダーを務めるチーム作業において、どうすれば効率よく作業できるかを考え、プロセスを改善し、作業効率を向上させました。
このような姿勢が評価され、全社グレードシステムにおいて、アルバイト70名中2名のみが持つグレードにまで昇格しました。
特に「リーダーシップ」をPRしたいときに、このアルバイトのエピソードを詳細に伝えていました。
このほかにも、英中の言語習得のエピソード、サークル新歓のエピソードを使うこともありました。

OfferBoxをつかったきっかけ

アルバイト先の先輩からの紹介。
オファーが貰える点に興味を持ち、使いはじめました。

あなただけのOfferBox活用法

私なりの使い方は「自分のどこが魅力なのか理解すること」です。
OfferBoxでは、オファーが来るときにメッセージが送られてきますが、このメッセージで「どういう点が評価してもらえるのか」を知ることができます。
普通にESを出すだけでは、何のフィードバックも得られませんが、OfferBoxなら人事の方から見た「自分の魅力」を教えてもらえます。
また、これを自己PRに反映して、ブラッシュアップもできます。

OfferBoxに掲載していた画像
 
サークル新歓の画像 私は新歓係を務めていましたが、チームで企画したイベントを皆で楽しんでいる様子を掲載しました。
就活で嬉しかったこと、楽しかったこと

就活で楽しかったことは「過程で自分の成長を感じられること」です。
私は、夏と秋のインターンシップで多くの優秀な学生に出会い、グループワークで彼らから強い刺激や的確なアドバイスをもらいました。
冬インターンのワークでは、その収穫をアウトプットでき、大きな手ごたえが感じられました。
本選考への自信もつきましたし、成長を感じたのは純粋に嬉しかったです。
何を「優秀」とするかは、人それぞれですが、自分なりの「優秀」を目指し、自身を成長させていけることは、大きな喜びでした。

OfferBox Story一覧はこちら
  • 【OfferBox Story】なつみさん

    私の所属していたサークルは学生会というもので、農学部内の交流と地域の人との交流を…

  • 【OfferBox Story】伊志嶺海さん

    家電販売員のアルバイトで、店舗の売上向上に努めた。具体的には接客数を増やすのと同…

  • 【OfferBox Story】こうたさん

    私は大学1年生までインプット重視の人間でした。インプットをして自分の知識、情報、…

  • 【OfferBox Story】深町翠さん

    私が学生時代最も力を入れたことは、アルバイトにおいて、試行錯誤を繰り返し行い、企…

  • 【OfferBox Story】タカピーさん

    ・私が大学生活で取り組んでいたことは議員インターンシップを運営していたことです。…

  • 【OfferBox Story】かけるんさん

    カナダに1年間大学を休学して行く予定でした。今年の3月に留学をしましたが、最近流…

  • 【OfferBox Story】ユウキさん

    私は大学1年生の時から「学生スタッフ」というオープンキャンパスの運営の仕事をして…

開催予定のイベント

アプリ対応

OfferBoxはどんなサービス?

OfferBox(オファーボックス)は、最も利用されている新卒オファー型就活サイト※1です。
プロフィールを登録すると、内容に興味をもった企業からあなただけのオファーが届きます。
文章だけでなく写真や動画・研究スライドなどを使って、自由に自分を表現できます。
※1) 新卒オファー型就活サイト<4年連続>学生利用率No.1
HR総研/ProFuture株式会社 2018~2021年調査(2019~2022年卒学生)