歴史上の人物OfferBox:徳川家康さん編

  • LINEで送る

歴史上の人物OfferBox:徳川家康さん編

歴史上の人物OfferBoxは、「もしも歴史上の人物がOfferBoxを使って就活をしたら…」というコンテンツです。
彼らがもし、就職活動で自己PRするとしたら、どんなことをプロフィールに書くのでしょう。

就活の息抜きに、または、プロフィールの書き方の参考になれば嬉しく思います。
(プロフィールはOfferBoxの「企業からの見た目」の順序で表示されています。)

今回の登場人物は、徳川家康さんです。
一般的に我慢強いイメージのある人物で、派手なエピソードがあまりない印象です。だからこそ、皆さんのプロフィール作りの参考になるかもしれません!
ぜひお楽しみください!

徳川家康さんのOfferBoxプロフィール

自分を象徴する画像


江戸城の写真です。
最初に来た時には、この城のすぐ側まで入り江があり、人が住めるところがほとんどありませんでした。
そこで、たくさんの人に協力してもらって埋め立て工事を行い、土地を確保しました。
街が賑わってきた時は、やってよかったと心から思いました。

自己PR

私は我慢強く、目の前のことをしっかりとやり切ることで、成長してきました。
人質としての子供時代や、様々な方の部下として参加した戦、自分の国の統治などを通して、派手ではなくても、地道にやるべきことをやる大切さを学びました。
その結果、自分がリーダーになるチャンスが巡ってきた時には、その準備がしっかりできており、見事リーダーの座を勝ち取ることができました。

 

私の将来像

私は、平和な世の中が長く続くように、今後も様々なアイディアを出していきたいと考えています。
そのためにも、まずは自分自身が長く働けるように、自分で薬の調合をするなど健康にも気を使っています。

過去のエピソード1:

私は、地道な努力をすることができます。
私は、子供時代の大半を人質として過ごしました。身体が弱かったこともあり、不安な日々を過ごしましたが、いつか国に帰った時には自立した立派なリーダーになりたいと思い、勉強を頑張り、桶狭間の戦いなどの戦でもしっかりと役目を果たしました。
そうした努力の成果もあり、帰国した岡崎で一揆が起きた時も、なんとか鎮めることができました。

過去のエピソード2:

私は、大きなことを成し遂げるために、協力の依頼を惜しみません。
なぜなら、一人でできることには限界があり、チームだからこそ大きな目的を達成することができると考えるからです。
関ヶ原で大きな戦をすると決まった時には、たくさんの人に声をかけ、仲間になってもらえるようお願いしました。
その際、仲間になってもらうメリットもきちんと伝えました。
戦が始まったタイミングでは地の利がなく、不利でしたが、小早川秀秋さんなど何人かの大名が「やっぱり徳川さんの仲間になる」と言ってくれ、おかげで勝つことができました。

過去のエピソード3:

私は、人をまとめるための共通のルール作りの経験があります。
天下を平定した際、この平和が長く続くように、きちんとルールを決めなければならないと思いました。
そこで、武家諸法度という、これからのルールを明文化したものを作り、みんなに守ってもらうことにしました。
一般的なルールや、既に慣習として成立していたことなどを改めて明文化し、基本のルールとしました。
武家諸法度のおかげで、みんなが共通の認識を持つことができ、またリーダーシップも取りやすくなりました。


いかがでしたか?
この後長く続く江戸時代を始めた人なだけあり、チームをまとめたり、ルールを作るといったリーダーシップをアピールしていましたね。
以前に登場した織田信長さんとはまた違ったリーダー像で、プロフィールからもその違いがよくわかりますね。

織田信長さんのプロフィールはこちら
少しでも、皆さんのプロフィール作りの参考になれば嬉しいです。就職活動の助けになりますように。

他の歴史上の人物OfferBoxはコチラ!
【プロフィール作りの参考に!】歴史上の人物OfferBox
※本企画は、史実と異なる箇所がある可能性があります。「もしこうだったら…」というフィクションとしてご覧ください。